第141回 柳家小満んの会 9/19

 9月19日(火)第141回 柳家小満んの会 関内小ホール

昨年9月27日に開催された第135回以来、お久し振りの小満ん師匠独演会。
今夜は『渡しの犬』、『酢豆腐』、『九州吹き戻し』の三席と触れられています。

◆春風亭きいち 『芋俵』
終演後の居残り会で Y さんが調べて『一之輔の弟子』と教えてくれました。
前座さんらしからぬ達者な高座。
ただ何というのかなぁ、喋りに『落研癖』が感じられるのですなぁ。

◆柳家小満ん 『渡しの犬』
初めて聴きました。
先達さんたる S さんが小満ん師に訊ねてくれて解ったのですが、米国小説家ナサニエル・ホーソーン作 「デヴィッドスワン」 を小満ん師匠が翻案し、時代、場所を「江戸後期の矢切の渡し」に移した新作。
眠っている若者を視る周囲の人の、様々な思惑が錯綜する物語。
『寝ている間に(知らぬ間に)運命が左右される、そんな事もあるのですよ』と小満ん師。
愉快な一篇でした。

◆柳家小満ん 『酢豆腐』
これはもうお家芸と申しますか、八代目直伝ですからね。
素晴らしかった。
矢来町の『酢豆腐』も黒門町からなのだなぁ、と感じながら聴いておりました。
町内の若衆の “わいわいがやがや” がとても楽しく感じられました。

~仲 入~

◆柳家小満ん 『九州吹き戻し』
何度か聴いておりますが、江戸へ戻りたい一心の幇間の「可愛い嘘」が私の笑いどころ。
今夜も大いに笑わせて貰いました。

跳ねて、お初にお目にかかる女性お二人 D さん K さん、そして先達さんの S さん、Y さんと「居残り会」。
落語半分、野球半分で大いに盛り上がりました。
面白かったわぁ^^



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

浅利演出事務所公演 思い出を売る男 9/6

 9月 6日(水)日下武史追悼公演 思い出を売る男 自由劇場

本日初日を迎えた浅利演出事務所公演 加藤道夫作『思い出を売る男』 。
今年5月に逝去された日下武史氏の追悼公演。9月10日(日)までの5日間、六回の公演です。
『日下翁の乞食、科白の一言一言に実に力が籠っていたなぁ、まさに言霊という感じで・・・。サックスの音色で日下翁も降りて来ないかしらね・・・』など、様々思い出しながら自由劇場へ。

劇場ロビーには小さな祭壇が設けられ、日下翁の様々な舞台写真(お若い時も含め)と遺影が・・・
ご遺族、そして浅利氏は「関係者」として最後列の親子鑑賞室で観劇された様子です。
初日の今日は客席にも日下翁や劇団四季と関係の深かった人達が多かったですね。
皆さん、やや沈痛な表情をされておいででした。

○思い出を売る男  近藤真行
○花売娘  吉田彩乃
○広告屋  近藤利紘
○街の女  野村玲子
○G.I.の青年  五十嵐 春
○恋人ジェニィ  笠松はる
○乞食  山口嘉三
○黒マスクのジョオ  宮川智之
アンサンブル   佐藤靖朗  劉 毅  関 廣貴
○シルエットの女  吉田 藍

ごあいさつ  坂本里咲

近藤真行演ずる主人公「思い出を売る男」が素晴らしい説得力。
野村も安定の演技。
注目される乞食役の山口、独特の間で演ってくれました。巧いなぁ。
黒マスクのジョオの宮川、哀愁漂う人物像が新鮮な感じ。
恋人ジェニィの笠松、圧倒的存在感。
G.I.の五十嵐も抑えた演技でまとめてくれました。

出演の皆、完成度の高い上質な舞台。
うむ、好い芝居を観た、と独りごちつつ家路へ。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

2017年 8月 鑑賞記録

8月
○22日(火)第590回 落語研究会  国立小劇場
○27日(日)華麗なるコンチェルト・千住真理子 <偉大なる自然への憧憬>  みなとみらい大ホール

Tag:月別  Trackback:0 comment:2 

華麗なるコンチェルト・千住真理子  8/27

 8月27日(日)華麗なるコンチェルト・千住真理子 <偉大なる自然への憧憬> 横浜みなとみらい大ホール

今年2月スーク室内オーケストラ との共演を聴いた折に買い求めたチケット。
blog を書いていなければチケットを求めた事も忘れてしまいそう^^;

ヴァイオリン:千住真理子(ブラームス/千住 明)
指揮:柴田真郁
神奈川フィルハーモニー管弦楽団

フリードリヒ・ローベルト・フォルクマン
弦楽のためのセレナード第2番 へ長調 op.63

ヨハネス・ブラームス
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.77

千住 明
ヴァイオリンとストリングオーケストラのための「四季」

千住 明
ヴァイオリン協奏曲「リターン・トゥザ・フォレスト」

アンコール
千住 明
大河ドラマ「風林火山」より
風林火山

いやぁ癒されました。
アンコール前に『千住三兄妹』のご挨拶などもあってほんわかとした雰囲気のコンサートでした。
神奈川フィルも好かった。
満足、満足。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

第590回 落語研究会 8/22

 8月22日(火)第590回 落語研究会 国立小劇場

TBS落語研究会、今夜の主任は小満ん師『派手彦』 、 仲入は正蔵師『藪入り』。
他に喬太郎師、一琴師、そしてわさびさんの出演と触れられています。
6月、7月と二回飛ばしたのかな?
久し振りの研究会。

◆柳家わさび 『ぞろぞろ』
『後ろ手に戸を閉めまして・・・』と言うところを『ドアを締めまして』と聴こえたのは空耳かしらん。
練りが浅いか『不思議な感覚』にならぬまま下げへ。
難しいものですなぁ。

◆柳家喬太郎 『にゅう』
これはもう独擅場ですからね。
喬太郎師匠の世界を大いに楽しみました。

◆林家正蔵 『藪入り』
『藪入り』という言葉が『解らない言葉になっていまして』と前置きをしつつ、『1月16日、7月16日の年二回が藪入りで、奉公人が小遣いを貰えてお休みになる日』と簡潔に仕込んでくれました。
さて本編は・・・
亀がお湯に行くまではほぼ三代目金馬師匠の型で、お湯に行く直前に亀が『ちょっと話があるんだ』と両親へ何かを伝えたがっている素振りを見せるのが「新工夫」と思われました。
ここまではまぁ良かったのですが・・・
お湯へ行った亀の財布の中味に気づいた両親が、あれこれと疑心暗鬼になっていく様がぎこちない上に、まるで切迫感がないのがなぁ~。
他人事みたいでしたねぇ。
更に『鼠の懸賞』では通じぬとばかりに『水天宮前で拾った財布に百五拾円、そのお礼の拾五円』として、下げも『一緒に観音様へお詣りしようと思っていたが、水天宮様へ行こう、お礼参りだ』、『水天宮はよそうよ、またお財布拾っちゃうといけないから』と “芝浜” 風味の珍しいもの。
これねぇ『鼠の懸賞』と『藪入り』の両方ともに仕込まなければ客席が解らないから、との判断で、下げを替えたのでしょうかね?
初めて聴く展開でしたが・・・
研究会ですからねぇ、先代金馬師匠の型をそっくり踏襲した方が良かったのではないでしょうか。
感心しかねる高座でした。

~仲 入~

◆柳家一琴 『質屋庫』
膝にしては長く演りました。
好高座。
今夜はこちらが一番の出来と感じました。

◆柳家小満ん 『派手彦』
こちらも仕込みの多い噺で・・・
予備知識が無いとちんぷんかんぷんでしょうね。
松浦佐用姫と大伴狭手彦の逸話、菅原道真と藤原時平、そしてまたその芝居の『菅原伝授手習鑑』の知識がないと面白味が解らないという難解な噺で、まさに『労多くして・・・』の部類の高座。
しかし流石に小満ん師、上手にまとめてくれました。
好高座。

夜になっても暑いねぇ、など独りごちながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR