三遊亭圓歌師匠逝去

寂しいなぁ、圓歌師匠旅立たれたとのこと。
真打披露口上における『手を取って共に登らん花の山、どうぞ皆さん宜しくお願いします』が印象的です。
二つ目時代は専らTVで・・・。『授業中』は生で聴きましたが、その後すぐ演らなくなりました。
いやぁ、寂しいなぁ。

ご冥福をお祈りします。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 4/15

 4月15日(土)白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 にぎわい座

お馴染みの “にぎわい座・白酒ばなし” 。
土曜日とあって満員札止め。


◆桃月庵ひしもち 『豆屋』

◆桃月庵白酒 『花色木綿』

◆桃月庵白酒 『化物つかい』

~仲 入~

◆柳家わさび 『ぞろぞろ』

◆桃月庵白酒 『火焔太鼓』


『 “火焔太鼓” が絶品だった』
『ひしもちさん、枕を聴いて “孝行糖” かと思ったわ』
『わさびさんの “ぞろぞろ” も好かった』
等々、家人と喋りながら家路へ。
愉快、愉快。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

第585回 落語研究会 3/28

 3月28日(火)第585回 落語研究会 国立小劇場

今年度〆の例会。
主任喬太郎師、圓朝噺『縁切榎』で登場。
仲入は扇遊師『ねずみ』。
他に花緑師、龍玉師、好の助さんの出演と触れられています。

◆三遊亭好の助 『風の神送り』

◆蜃気樓龍玉 『鹿政談』

◆入船亭扇遊 『ねずみ』 

~仲 入~  
    
◆柳家花緑 『親子酒』  

◆柳家喬太郎 『縁切榎』


扇遊師の『ねずみ』が圧倒的な好演。
龍玉師『鹿政談』も中々聴かせてくれました。

仲入後、相当だれた感じがしたので『私も仲入で帰れば良かったなぁ』と
開演前にお会いした S さんの『今夜は扇遊で帰る』発言を想い出し、苦笑しつつ家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

らくご街道 雲助五拾三次 -鉄板・ザ・ファイナル- 3/10

 3月10日(金)らくご街道 雲助五拾三次 -鉄板・ザ・ファイナル- 日本橋劇場

“鉄板・ザ・ファイナル” と題されました雲助五拾三次、迎えて第四十七回。
聴きたい根多をお客様の投票で決する企画です。

三年前でしたか、最初にこの企画が提示された頃は私、『今夜聴きたい根多』と『これが鉄板だろうと思う根多』との間で懊悩する事があったりもしたのですが、何度か経験するうちに『素直な気持ちで “今夜聴きたい噺” に票を投ずれば良いのさ』と思う様になりました。

先ず最初に立姿、マイクを手に雲助師登場。
『鉄板根多ってぇものは無く、定番根多と考えていただいて・・・』など、投票結果が出るまで様々なお喋りで繋いでくれました。
従来は最初に雲助師匠自ら『開票結果』を発表していましたが、今夜は発表無し。
『二席目と三席目を入れ替えて演りましょう』と言い残して一旦下がりました。


鉄板一席目
◆五街道雲助 『ヴァイオレンス子ほめ』
『ざるや』、『ヴァイオレンス子ほめ』、『商売根問』の三席から選ばれましたのは『ヴァイオレンス子ほめ』。
家人は大喜び。私は『ざるや』へ一票投じましたけれども残念でした。
番頭さんでしくじった直後、街頭で子供に剣突喰わせた挙句に逃げる背中に石をぶつける “ヴァイオレンス版” 。
演者を選ぶ噺ですな。
爆笑。

鉄板二席目
◆五街道雲助 『人情噺火焔太鼓』
ここは本来『代書屋』、『粟餅』、『堀の内』からの選択でしたが、入れ替えて『人情噺火焔太鼓』、『落し噺火焔太鼓』、『馬生版禁酒番屋』の中から『人情噺火焔太鼓』が選ばれました。
私ども二人して『馬生版禁酒番屋』へ投票しましたが、この噺は人気がありますねぇ。
『何処かに評を書かれた時に “雲助は落し噺、滑稽噺も人情噺の口調だ” とありまして・・・』
『その評から逆に着想してひとくさり喋ってみましたら案外と面白かったので、洒落、座興として演る様になりました』
私も何度目かですが、成程何回聴いても雲助師らしくて面白い。
堪能しました。

~仲 入~

鉄板三席目
◆五街道雲助 『粟餅』
仲入休憩の折、ロビーに出て脚を伸ばしておりましたら I さん、 S さん、そして M さんに遭遇。暫し談笑。
私、近頃は用事を済ませるとその事を端から忘れてしまうので候補演目が何だったかも覚えていなかったのですが、I さんに見せていただいた投票用紙のお蔭で『人情噺火焔太鼓』の甚兵衛さんの口調と “付く” 『夜鷹そば屋』が四席目だと判りました。
入れ替えの三席目は『代書屋』、『粟餅』、『堀の内』から『粟餅』。

休憩でお会いした S さんに『下掛かった噺ですよ』と内心『これだけは避けて欲しいなぁ』との思いを込めつつ言っていたのですが、これが来ちゃいました。
まぁ、聴いてみれば面白いのですがね^^

鉄板四席目
◆五街道雲助 『夜鷹そば屋』
『お見立て』、『夜鷹そば屋』、『付き馬』の中で得票数が多かったのは『夜鷹そば屋』。
私も『夜鷹そば屋』に投票致しました。
文句なし。
今夜は “これ” を聴きに来たと言っても良い程に期待をしておりましたので至極満足。
名演でした。


跳ねて『愉しめたねぇ』など家人と喋りながら家路へ。
あぁ面白かったぁ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

お笑いぱっちり倶楽部寄席 3/7

 3月 7日(火)お笑いぱっちり倶楽部寄席 にぎわい座

落語芸術協会 “ぱっちり倶楽部” (写真倶楽部)の会。
レギュラーメンバーに芸協の至宝たる圓輔師、茶楽師そして歌丸会長と大看板総出演。

以前にもこの “ぱっちり寄席” を『これは素晴らしい香盤だ。昼席だし行こう!行こう!』と、昨年旅立った父を連れ出し家人と一緒に三人で観た憶えがあるのですけれども、 blog を読み返しても記述が無いと言う事は、あれは2011年か或いはもっと前だったのかしらね?
私、その折に舞台に上がり北見マキ先生の奇術のお手伝いをしたのですが・・・
その北見先生も一昨年彼方へ逝かれたのだなぁ。

とまぁ、個人的に思い出深いこの会。
今晩は家人とその同僚との三人連れ。
初心者のお連れさんには、こうした出演者の多い番組が宜しいのではないか?と愚考し今夜の選択。
さてさて、どうかな?


◆桂伸しん 『桃太郎』

◆ザ・ニュースペーパー コント
小池百合子都知事、絶品。大笑い。

◆三笑亭夢太朗 『元帳』
元帳まで辿り着かない短縮版。

◆三遊亭圓輔 『野晒し』
御隠居の艶話までは流石の出来だったのですが後半の釣場面で速度感が急速に落ちてしまい、ちとだれましたかね。

~仲 入~

◆座談会
東京ボーイズの仲八郎先生が最下手に着席して司会役。
下手から順にボンボンブラザース鏡味勇二郎先生、すず風金魚先生、夢太朗師匠、ナイツのお二人。
スクリーンを挟んで圓輔師匠、茶楽師匠、ニュースペーパーのお二人、江戸家まねき猫先生そして歌丸師匠。
歌丸賞は鏡味勇二郎先生の『日本丸』。
来年のお題は “アドベンチャー” と決定。

◆三笑亭茶楽 『宮戸川』
流石だなぁ、素晴らしい色気。
この一席だけでも木戸銭の価値あり。

◆ナイツ 漫才
爆笑。

◆桂歌丸 『つる』
家人に『何を演るかしら?』と訊ねられたので、反射的に『 “つる” あたりじゃぁないの?』と答えましたらその通りに。
板付で登場。
座談会、高座ともに酸素吸入しながら務めました。


跳ねて三人で焼き鳥屋。
気楽で愉快だった、と意見一致。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR