国立劇場三月歌舞伎公演 伊賀越道中双六 3/17

 3月17日(金)三月歌舞伎公演 伊賀越道中双六 国立大劇場 

国立劇場開場50周年記念
通し狂言 伊賀越道中双六  五幕七場
近松半二ほか=作
国立劇場文芸研究会=補綴

序  幕 相州鎌倉 和田行家屋敷の場
二幕目 相州鎌倉 円覚寺方丈の場
      同          門外の場
三幕目 三州藤川 新関の場
      同         裏手竹藪の場
四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場
大  詰 伊賀上野 敵討の場

唐木政右衛門  中村吉右衛門
山田幸兵衛  中村歌六   佐々木丹右衛門・奴助平  中村又五郎
和田志津馬  尾上菊之助   
近藤野守之助  中村歌昇
捕手頭稲垣半七郎・石留武助  中村種之助   幸兵衛娘お袖  中村米吉
池添孫八  中村隼人   沢井城五郎・夜回り時六  中村吉之丞
和田行家  嵐橘三郎
沢井股五郎  中村錦之助
政右衛門女房お谷  中村雀右衛門
幸兵衛女房おつや  中村東蔵


御存じ荒木又右衛門、渡辺数馬の伊賀上野 “鍵屋の辻の決闘” を下敷きにした狂言。
『曽我兄弟』と『忠臣蔵』、そしてこの『鍵屋の辻』が “三大敵討” ですね。
荒木又右衛門の三十六人斬り伝説も、この『鍵屋の辻の決闘』から生れた筈です。

今回は四幕目の「岡崎」が一番の見せ場となっております。
“行倒れ寸前の妻を見捨て、我が子を殺す” 悲惨極まりない展開なのですが、この “敵討成就の為に全てを捨てる” 思いが歌六演ずる山田幸兵衛に通じ、仇の居所を教えてくれるのですから巧く出来ていますね。
この “莨切り” の場面、吉右衛門丈の形相が物凄かったですねぇ。大迫力。

菊之助丈もまた色男を完璧に演ってくれました。綺麗だったなぁ。
米吉丈も綺麗だねぇ。顔が小さいし発声が巧み、仕種も大出来でした。

『悪役が上手だと芝居が面白い』と良く言われますが、沢井股五郎役の錦之助丈大変見事に『卑怯な奴・嫌な奴』を演じてくれました。
雀右衛門丈、東蔵丈も文句なし。
又五郎丈、一幕目の佐々木丹右衛門で重みを見せ、三幕目では一転して大茶利。お見事でした。

いやぁ面白かった。
大満足。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

浅利演出事務所公演 オンディーヌ 3/8

 3月 8日(水)浅利慶太プロデュース公演 オンディーヌ 自由劇場

一昨年四月、新生浅利演出事務所の初公演がこの『オンディーヌ』でした。
『あれから二年かぁ』と様々思いつつ自由劇場マチネへ。
本日初日、12日(日曜日)までの短期公演。


○オンディーヌ 野村玲子  ○騎士ハンス 近藤真行
○水界の王 山口嘉三  ○ベルタ 坂本里咲 
○ユージェニー 斉藤昭子  ○オーギュスト/牛飼い 御友公喜
○侍従 坂本岳大  ○王妃イゾルテ 五東由衣  
○王 斎藤 譲  ○ベルトラム 桑島ダンテ  ○詩人 松本博之 
○マトー/漁師 中井智彦  ○サランボー 松井美路子  
○裁判官Ⅰ 久保亮輔  ○裁判官Ⅱ 和田一詩 
○劇場支配人/漁師 佐々木誠  ○ウルリッヒ 白倉裕人  
○召使い 近藤利紘  ○皿洗いの娘 齊藤奈々江  

○水の精ほか
川畑幸香  桂川結衣  友部由菜  大胡愛恵     
中西彩加  倉澤雅美  古庄美和  鈴木亜里紗


野村玲子、圧倒的。
発する科白が全て胸に響いて来ます。
緊張しますね、観ていても。一対一で対峙しているかの様な錯覚に陥りました。
凄い迫力。

近藤ハンス、この役者さんは表情が素晴らしい。
浅利演出事務所の『もう一人』として重用されるのも頷けます。
山口嘉三、斉藤昭子、五東由衣と『お馴染み』の役者さん、安定感抜群。
坂本ベルタもまた光っていました。こういう『裏に一癖秘めた感じ』が実に似合うなぁ。

侍従役の坂本岳大、茶利を巧みに演じました。
川畑幸香、この人の表情は印象に残りますね。好演。


『うむ、好い芝居だった』と独りごちつつ家路へ。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

千住真理子の四季 スーク室内オーケストラ 2/14

 2月14日(火)千住真理子の四季 スーク室内オーケストラ 横浜みなとみらいホール

家人が『ヴァイオリンコンサートがあるので一緒に行きましょう』と席を誂えてくれたので、久方振りにみなとみらいホールへ。

千住真理子 ヴァイオリン  マルティン・コス ヴァイオリン
スーク室内オーケストラ

グリーグ  ホルベアの時代から
カッチーニ  アヴェ・マリア
モーツァルト  アダージョ ホ長調 K.261
モーツァルト  ハレルヤ ~モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」 K.165より
J.S.バッハ  2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
ヴィヴァルディ  ヴァイオリン協奏曲集「四季」 全曲

アンコール
クライスラー  愛の喜び


スーク室内オーケストラ、圧倒的存在感。
重厚かつ澄んだ弦楽に感動しました。
ハープシコード、よかったですねぇ。
千住真理子、マルティン・コスのソロも素晴らしい音色を聴かせてくれました。
癒されたなぁ。

終演後、馴染の鰻屋へ足を伸ばして夕食。
此方も結構でございました^^


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

だるま食堂 単独コントライブ 12/23

12月23日(祝)だるま食堂 単独コントライブ だるまの毛inのげシャーレその14本目 のげシャーレ

暮れのだるま食堂にぎわい座ライブ。
家人と二人のげシャーレへ。


従来はラテン、ハワイアンなどテーマを決めてコントを演ずることもありましたが、今回はフリーテーマで。
縛りのない方が良いかも知れませんね。
様々な発想の傑作コントを演ってくれました。

後半はお馴染みのボインボインショーでまたまた大笑い。

来年は30周年記念とのこと。
益々活躍を期待出来そうです。



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

国立劇場十二月歌舞伎公演 仮名手本忠臣蔵 12/16

12月16日(金)十二月歌舞伎公演 仮名手本忠臣蔵 国立大劇場

国立劇場開場50周年記念、仮名手本忠臣蔵通し公演。
三ヶ月連続公演大詰の12月は、八段目から十一段目。
私ども、4日(日)に続き二度目の鑑賞です。
『今回の忠臣蔵は今日でお別れだなぁ』など家人とお喋りしながら、一階センターブロック前方席へ着席。


仮名手本忠臣蔵 【第三部】 四幕八場 竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作
国立劇場美術係=美 術

八段目   道行旅路の嫁入

九段目   山科閑居の場

十段目   天川屋義平内の場

十一段目 高家表門討入りの場
 同     広間の場
 同     奥庭泉水の場
 同     柴部屋本懐焼香の場
     花水橋引揚げの場

【八段目】
本蔵妻戸無瀬 中村魁春  娘小浪 中村児太郎

【九段目】
加古川本蔵 松本幸四郎  妻戸無瀬 中村魁春
娘小浪 中村児太郎  一力女房お品 中村歌女之丞  
由良之助妻お石 市川笑也  大星力弥 中村錦之助
大星由良之助 中村梅玉

【十段目】
天川屋義平 中村歌六  女房お園 市川高麗蔵
大鷲文吾 中村松江  竹森喜多八 坂東亀寿
千崎弥五郎 中村種之助  矢間重太郎 中村隼人
丁稚伊吾 澤村宗之助  医者太田了竹 松本錦吾
大星由良之助 中村梅玉

【十一段目】
大星由良之助 中村梅玉
大星力弥 中村米吉  寺岡平右衛門 中村錦之助
大鷲文吾 中村松江  竹森喜多八 坂東亀寿
千崎弥五郎 中村種之助  矢間重太郎 中村隼人
赤垣源蔵 市川男寅  茶道春斎 中村玉太郎
矢間喜兵衛 中村寿治郎  織部弥次兵衛 嵐橘三郎
織部安兵衛 澤村宗之助  高師泰 市川男女蔵
和久半太夫 片岡亀蔵  原郷右衛門 市川團蔵
小林平八郎 尾上松緑  桃井若狭之助 市川左團次


二回目の鑑賞でもありまた一昨日お隣の小劇場で観た文楽(文楽は七段目~大団円)で重複する段を “予習” しているので、義太夫語りも科白もすらすらと頭に入って来ます。
文楽で字幕が出るのも奏功していますね、これは^^

今日は演者の目や手指の細かい動き、息遣いや呟き声なども鑑賞出来る席。
こうした席で観ますと、女形の演技が目立ちます。
八段目、九段目の戸無瀬役魁春丈の綺麗な所作に目を奪われました。素晴らしかった。
視線にも全く無駄がないのですねぇ。凄い演技です。

九段目の幸四郎旦那、手負いの後はずぅっと荒い息遣い。そして腹に血止めの晒を巻く際に、前髪を数本垂らして “乱れた感じ” を出す。
引いて観ていた前回の鑑賞では『ここまで演っている』とは判りませんでした。大迫力。

その本蔵の後ろで涙にくれる戸無瀬、小浪の表情がこれまた秀逸。
お石役、澤瀉屋の間の置き方も凄かった。科白の間の演技で厳しさが倍増します。
また力弥役錦之助丈の細かな目の動きでの感情表現、素晴らしい。

十段目、天川屋義平役の歌六丈、熱演。好かったなぁ。
これまた引いて観ていた前回は、意図的に淡々とした芝居をされているのかと思っておりましたが、実にこう細かな演技で内面描写に余念がありません。印象に残りました。

十一段目は引いた席の方が適している様に思いましたが、降る雪をかぶりながらの観劇もまた興のあるもの。
肩に落ちた雪を持って帰りました^^ 雪は四角形。
由良之助、実に堂々としていたなぁ、高砂屋大出来。米吉丈も少年らしく颯爽としていました。
音羽屋は引いて観ても好し、直前で観てもまた迫力満点。

師直はちと大き目で『しばらく見ぬ間に福々しくなられましたなぁ』と由良之助が言いそうな面体。
もすこし細面の方が良いかとも思われます。

“財布の焼香” で財布が血染めなのにも感激しました。
成程細かいところまで行き届いたものですねぇ。


跳ねて家人と『由良之助、本蔵、矢間重太郎(隼人丈)が目立ったね』
『義平も好かった。それと女形の演技が皆素晴らしかった』
など感想を喋りながら “ウラジミール渋滞” の中を家路へ。


※隣席のお年寄り夫婦。喋るわ、上演中にアイス最中を食すわ、入歯をほき出し、舐めてお掃除するわでしたい放題やり放題。
アイスで腹が冷えたか途中で手洗いに立つ始末。それも舞台に手をつきそれを頼りに。
また真後ろでは始終ビニールのガサガサ音。これもお年寄り夫婦。
蛍嬢も前席は目が届きかねると忖度致しますが、いま少し目配りの欲しい気がしました。



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR