FC2ブログ

国立劇場十月歌舞伎公演 平家女護島 10/9

10月 9日(火)十月歌舞伎公演 平家女護島  国立大劇場


旧知の友人と連れ立って国立劇場へ。


通し狂言 平家女護島  三幕四場
近松門左衛門=作  国立劇場文芸研究会=補綴  国立劇場美術係=美術

序  幕 六波羅清盛館の場
二幕目 鬼界ヶ島の場
三幕目 敷名の浦 磯辺の場
 同   御座船の場

主な配役
○平相国入道清盛/俊寛僧都 中村芝翫
○俊寛妻東屋 片岡孝太郎
○瀬尾太郎兼康 中村亀鶴   ○能登守教経/丹左衛門尉基康 中村橋之助
○俊寛郎等有王丸 中村福之助   ○上臈松ヶ枝 中村梅花
○海女千鳥 坂東新悟   ○越中次郎兵衛盛次/丹波少将成経 中村松江
○後白河法皇 中村東蔵


“俊寛” つまり二幕目の “鬼界ヶ島の場” は観たことがありますが、他の幕は初見。
何でも『通しは二十三年ぶり』、 “清盛公生誕九百年に因み上演” との事です。
その平清盛、劇中では徹底的な悪役。
近松の時代はこんな人物像がしっくり来たのでしょうね。
序幕では俊寛の妻東屋に『俺の女になれ』と強要。
『常盤御前とは違います』ときっぱり断られる。
三幕目では同乗の後白河院に『入水を強要』。
愚図る院(東蔵丈が流石の表現力)に業を煮やし海中へ蹴落とす。
結末は幽霊となった東屋と千鳥が清盛を呪い、火責め(清盛は高熱を発して死んだとされていますので、そこからの発想でしょう)の苦しみを受ける。
まぁお芝居ですので解り易く出来ております。

東屋=孝太郎丈、千鳥=新悟丈、二人の女形が大出来。
俊寛=芝翫丈、迫真の演技(清盛は損な役でしたなぁ)。
能登守教経/丹左衛門尉基康役の橋之助丈、良いところ取りでお得な配役。
有王丸=福之助丈、若いなぁ。大暴れ^^

『成程なぁ。前後はこんな話になっていたのかぁ』など友人と語らいつつ劇場をあとにしました。
動きに乏しい場面が長く、登場人物も少な目でしたが、個々の演技に深みあり。
うむ、満足。


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

浅利演出事務所公演 アンドロマック 9/11

 9月11日(火)アンドロマック 自由劇場

浅利演出事務所公演『アンドロマック』。
7月に逝去された浅利慶太氏の “最後の演出作” 。
劇場ロビーに浅利氏の遺影が、またいつも座っていらした最後列の関係者鑑賞席のテーブルにも遺影と花。
なんとなくしんみり致します。ソワレの所為もあるかな。

出演者は次の通り。
○アンドロマック 野村玲子  ○ピリュス 近藤真行
○エルミオール 坂本里咲   ○オレスト 桑島ダンテ
○ピラド 劉 毅  ○クレオーヌ 田野聖子  ○セフィーズ 服部幸子
○フェニックス 斎藤 譲
○兵士  折井洋人 与那嶺圭太 関 廣貴 池田泰基


冒頭のオレスト×ピラド “密談” 場面で、ピラド=劉毅の台詞が飛ぶ事故。
座っているオレスト=桑島ダンテがプロンプター宜しく小声で切欠を出すも、聴こえなかったのでしょう(密談なのに二人の距離が離れているのですよね、演劇ですから) 不自然な沈黙(立っているピラド=劉、まさに “立往生” )がありましたが、まぁ大事には至らず続行しました。

物語は “男女間の一方通行の想い” で展開します。
トロイ戦争で父王と夫を殺されギリシャ側の虜囚となったトロイ王女アンドロマック。
勝者の代表格ピリュス(エピール王)は虜となったアンドロマックに恋をするが、アンドロマックは父王と夫を殺された仇としてピリュスを受入れようとはしない。
一方、ピリュスはスパルタ王女エルミオーヌと婚約(政略結婚ですな、ポリス同士のバランス制御の為の)している。
そのエルミオールに思いを寄せるのは、スパルタの勇将でエルミオールの従兄弟オレスト。
もうドロドロ ^^;

“腹に一物” の演技が十八番の坂本が大出来。
この人は本当に巧いのだよなぁ、こういう “男を操る女” の演技が。
アンドロマックの野村、長台詞も豊かに感情のこもったエロキューション。
野村節全開、堪能しました。素晴らしいですね。
近藤ピュルス、こちらも文句無し。
フェニックス=斎藤 譲の醒めた佇まいも印象的でした。

『重かったぁ』、と独りごちつつ『最終盤、エルミオールの身勝手な “裏切り・変心” で、客席が悪受けして失笑したのはいただけなかったなぁ。桑島オレストの迫力が足りない所為だな』など場面を反芻しながら家路へ。



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

浅利慶太氏 逝去 

本日(7月18日)、浅利慶太氏の訃報に接しました。
ご生涯は7月13日、悪性リンパ腫闘病の末・・・と報じられています。
享年85歳。

劇団四季の創立メンバー。
四季では初日の劇場ロビーで、浅利演出事務所となってからは初日に限らず毎日『お出迎え』をされておいででした。

最後にお見掛けしましたのは、今年4月13日の自由劇場『李香蘭』
浅利氏なくして日本の近代商業演劇、特にミュージカル演劇は語れますまい。
巨星墜つ。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

浅利演出事務所公演 李香蘭 4/13

 4月13日(金)ミュージカル 李香蘭 自由劇場

浅利演出事務所公演『ミュージカル 李香蘭』。
今回は4月22日(日)までの公演。
旧知の友人と自由劇場マチネへ。

出演者は次の通り。
○李香蘭 野村玲子 ○川島芳子 坂本里咲
○李愛蓮 樋口麻美 ○杉本 近藤真行 ○王玉林 桑島ダンテ

荒木啓佑 五十嵐 春 大井新生 大島宇三郎
大山五十和 岡 智 折井洋人 川井康弘 斎藤 譲
佐藤靖朗 白倉裕人 関 廣貴 高島洋樹 高橋辰也
友清 崇 西村匠平 松岡雅洋 光永 蓮 宮川智之
山口嘉三 山科涼馬 与那嶺圭太 劉 毅

蒼井 蘭 石毛美帆 桂川結衣  川畑幸香
滝沢由佳 豊永晴加 古庄美和 松井美路子
吉田 藍 吉田彩乃 和田麻里

李香蘭、川島芳子ともに前回と同じキャスト。
今公演は樋口麻美が愛蓮役というのが目新しいところです。
秋 夢乃、五東由衣と比べどうだろうか、と楽しみ。

その樋口、『四季時代より痩せたのか?』という感じ。
中々の演技、お見事でした。

『良かったな!』と言い合い乍ら家路へ。

Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

国立劇場三月歌舞伎公演 増補忠臣蔵/梅雨小袖昔八丈 3/22

 3月22日(木)三月歌舞伎公演 増補忠臣蔵/梅雨小袖昔八丈 国立大劇場


増補忠臣蔵  一幕二場
-本蔵下屋敷-
国立劇場美術係=美術

第一場 加古川家下屋敷茶の間の場
第二場 同   奥書院の場


河竹黙阿弥=作
尾上菊五郎=監修
梅雨小袖昔八丈  三幕六場
-髪結新三-
国立劇場美術係=美術

序 幕
白子屋見世先の場
永代橋川端の場
二幕目
富吉町新三内の場
家主長兵衛内の場
元の新三内の場
大詰
深川閻魔堂橋の場

(主な配役)
『増補忠臣蔵』
桃井若狭之助 中村鴈治郎  三千歳姫 中村梅枝
井浪伴左衛門 市村橘太郎  加古川本蔵 片岡亀蔵
ほか

『梅雨小袖昔八丈』
髪結新三 尾上菊之助  白子屋手代忠七 中村梅枝
下剃勝奴 中村萬太郎  紙屋丁稚長松 寺嶋和史
家主女房お角 市村橘太郎  車力善八 尾上菊市郎 
白子屋下女お菊 尾上菊史郎  白子屋娘お熊 中村梅丸
家主長兵衛 片岡亀蔵  加賀屋藤兵衛 河原崎権十郎
白子屋後家お常 市村萬次郎  弥太五郎源七 市川團蔵
ほか

久し振りに家人と観劇。
お気に入りの席に落ち着きあれやこれや喋っていると、前列に Sさんが入ってきて上着を脱いでいらっしゃる。
あまりの偶然に声も出ぬほどでした。
私、目を見張りながらご挨拶 ^^;

国立劇場の庭は早咲きの桜で、一足先に花見気分。
芝居もよし、桜もよし。満足。


     

Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR