2015年 2月 鑑賞記録

2月
○ 2日(月)国立 昼席  主任 小遊三  国立演芸場
○ 4日(水)第六回 NBS殺人研究会  お江戸日本橋亭
○10日(火)国立 昼席  主任 小遊三  国立演芸場
○13日(金)国立 夜席  主任 馬生 鹿芝居  国立演芸場
○16日(月)らくご街道 雲助五拾三次 第二十三宿 -親不孝-  日本橋劇場
○26日(木)劇団四季 クレイジー・フォー・ユー  四季劇場[秋]
○28日(土)太神楽十八番 曲芸フェスティバル  国立演芸場


Tag:月別  Trackback:0 comment:0 

太神楽十八番 曲芸フェスティバル 2/28

 2月28日(土)太神楽十八番 曲芸フェスティバル 国立演芸場

たまにはこんなのも好いかな?と国立演芸場の特別企画公演、太神楽十八番へ。


江戸祭囃子  仙三郎、仙志郎、正二郎、初音、味千代  
獅子舞と鍾馗舞  小楽、勝丸、正楽社中
五階茶碗  初音、仙成、小時、よし乃
お盆の続飯付け・傘の曲  健二郎
花籠鞠の曲(どんつく)  仙三郎、健二郎
末広一万燈の建て物  正楽社中、雪之介
江戸曲独楽(影絵)  南玉

~仲 入~

江戸里神楽  源之助
滑稽掛け合い茶番  仙志郎、和助
土瓶の曲・鍬の曲  仙三郎、仙志郎
モダン曲芸  ボンボンブラザーズ
フィナーレ  全員


太神楽曲芸協会総出演。
豪華でしたねぇ。

普段の寄席では同じ高座へ上がることのない顔触れが一緒になって演ってくれる、これも楽しみの一つですね。
また今更ながらに、太神楽のそもそもの成り立ちが『神事』だということがよく理解出来ました。

家人はやなぎ南玉師の『影絵の曲独楽』とボンボンブラザーズが印象的だったとのこと。
どの演目も非常に素晴らしかったし、見応え充分でしたけれども、
私は柳貴家正楽社中の『末広一万燈の建て物』が興味深かったなぁ。
見慣れていない所為もあるのでしょうが・・・

うむ、面白い一日でした。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

劇団四季 クレイジー・フォー・ユー 2/26

 2月26日(木)クレイジー・フォー・ユー 四季劇場[秋]

今週日曜日(2月22日)に初日を迎えた劇団四季『クレイジー・フォー・ユー』 。
公演があれば一度は必ず観る “私のお気に入り” 演目の一つです。
心弾ませ四季劇場[秋]のマチネへ。

出演者は次の通り。
○ボビー・チャイルド 松島勇気 ○ポリー・ベイカー 岡村美南
○ランク・ホーキンス 志村 要 ○アイリーン・ロス 大和貴恵
○ベラ・ザングラー 青羽 剛 ○エベレット・ベイカー 松下武史
○ボビーの母 中野今日子 ○テス 荒木美保
○ユージーン・フォダー 古賀陶馬ワイス ○パトリシア・フォダー 西田有希

佐久間 仁、見付祐一、布施陽由
厂原時也、脇坂真人、平田郁夫
三宅克典、南 圭祐、西尾健治
ツェザリモゼレフスキー

相馬杏奈、野田彩恵子、原田美欧
長江愛美、坂本すみれ、高田直美
稲葉菜々、相原 茜、石戸瑶子


矢張り松島は安定感あるなぁ。
過去に何回か松島ボビーは観ていますけれども、今回もまた素晴らしい舞踏、そして歌唱を披露してくれました。

ただ資産家の御曹司にしてはマッチョなのが違和感の素かしらね。
あと、アイリーン役の大和との身長差がなぁ、ちと不自然な感じが残ります。
次の機会があれば、セカンドにクレジットされている田邊で観てみたい。

岡村ポリーは初見。西部の女が物凄くお似合い。
歌唱も絶好調。
この人は “怒り顔” が上手いので、ぴたり嵌まった感じです。当たり役になるかも知れません。

全体的にまとまりのある好い舞台でした。特に女性陣が頑張った印象。
男性陣、もう少し笑顔が欲しいかな。
ちと真面目に過ぎる表情が見受けられました。

やぁ、まあしかし面白かった。
スーパーバイザーでクレジットされている加藤敬二の意気込みが伝わって来ましたね。
もう演らないのだろうけれども彼のボビー、もう一度観たいなぁ。


跳ねて外は本降り。
冬の雨は冷たいなぁ。急ぎ足で家路へ。




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

らくご街道 雲助五拾三次 -親不孝- 2/16

 2月16日(月)らくご街道 雲助五拾三次 -親不孝- 日本橋劇場

雲助五拾三次、第二十三宿 -親不孝- 。
今夜は『火事息子』他と触れられています。


◆五街道雲助 『三人旅~抜け雀』
この五拾三次の初回、最初の噺がこの『三人旅』でした。(2013年 4月12日

どうしてこの噺が “親不幸” なのか、それは主人公が無尽に当たって十五両の金を持ってしまったが故。
宵越しの銭は持たない江戸っ子にとって、大金を懐に入れたままというのがまず居心地が良くない。
ましてや親子代々の貧乏自慢にもかかわらず、分不相応の金を持っているのも情けない。
と贅沢な悩み。
そこで仲間が伊勢参りを思い立ち、もう一人の仲間を誘い、三人で江戸を出発。
小田原宿に入りますとみすぼらしい若侍が一人。
『あんなのは一文無しに決まっているから、きっと客引きから声も掛けられないぜ』
と、ここまでが『三人旅』。

そのまま噺を続けて『抜け雀』へ。
毎度の事ながら雲助師演ずる若絵師と老絵師の見事な侍振りに感服。
この親子は狩野派の絵師との設定で、身分は侍ですのでこう武張った雰囲気が本当でしょうね。

若侍が筆を手に気合いを込めて一気に描く場面、
また老絵師がこれまた気合いもろとも筆を滑らせる場面、
両場面ともに客席に緊張感が走り息を呑んで筆先を見守る感じでした。
迫力満点。

宿の主人(喜兵衛という名でした)が二階の雨戸を開ける際、
若絵師出立直後は “がたがたがた” と建て付けの良くない様子で開けるのですが、
老絵師に見せる際にはもう『雀のお宿』として大繁盛していますのであちこち修繕したのでしょう、ざっと一気に開け放ちます。
このあたりの細かい演出も雲助師ならでは。唸りました。

二つの噺を繋いで演りましたので一時間弱の長講となりましたけれども、大変見事な高座でした。

~仲 入~

◆五街道雲助 『火事息子』
火事、火消、臥煙、彫り物など仕込みながら本編へ。
この噺もお馴染みと申し上げることが出来ましょう。
今夜もまた素晴らしい出来。
特に男衆つまり伊勢屋主人、番頭佐兵衛、藤三郎の三人がよく描けていた様に思いました。

この『火事息子』、母親の深い情愛が下げへ繋がる訳ですけれども、私はその前の伊勢屋主人が見舞名代で来た高田屋の若旦那を見て嘆息し感慨にふける場面がとても印象的でした。
好高座。


いつぞや雲助師の『火事息子』を聴いて日本橋劇場を出た途端、すぐそこで消防車が何台も出動する火事騒ぎがあったことを思い出し、
今夜は静寂で好かったなど家人と喋りながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

国立2中夜 2/13

 2月13日(金)国立演芸場 夜席

国立演芸場2月中席は金原亭馬生師一座の鹿芝居。
思い立って掛けた電話で『夜席ならばお席があります』との案内を受け、おっとり刀で三宅坂へ。


◆金原亭駒松 『狸札』

◆林家彦丸 『伽羅の下駄』
三人で交代出演の二つ目枠。
今日は彦丸さん。

高座返しの小駒さんが足袋が新しかったのかな?
めくりを返そうと近づいた際、少し足を滑らせて客席大喜び。
私初めて顔を見ましたが、ほぅこの青年なのかぁ、と興味津々。
頑張って下さい。

さて『伽羅の下駄』。
中々好い出来でした。
彦丸さんに合っている様に思います。
珍しい噺なので仕方ないのかしらね。少し説明が勝ってしまう傾向。
会話で繋いで説明臭を薄める工夫があればより一層・・・、と感じました。

◆蝶花楼馬楽 『長屋の花見』
鉄板根多を短縮版で。
馬楽師の醸し出すのんびりした空気が好ましいなぁ。

◆金原亭世之介・古今亭菊春 お楽しみ
めくりは “ハル&ヨノ” 。
奇術とイリュージョン。
空の箱に菊春師がいつの間にか入っていたのにはびっくり。
お見事でした。

◆林家正雀 『大師の杵』

◆金原亭馬生 『稽古屋』

◆金原亭世之介・古今亭菊春 獅子舞

~仲 入~

◆鹿芝居 人情裏長屋 -井戸の茶碗-
脚本=竹の家すゞめ(林家正雀)
○千代田卜斎 金原亭馬生 ○屑屋清兵衛 林家正雀
○高木佐久左衛門 金原亭世之介
○板前半次 金原亭馬治 ○屑屋万吉 金原亭馬吉 ○娘お糸 林家彦丸
○中間良助 古今亭菊春 ○家主太兵衛 蝶花楼馬楽

『井戸の茶碗』は場面転換が忙しい噺ですから、始まる前に『何場設けるのかなぁ?』と思っていました。
細川の殿様が出ない代わりに、家主が茶碗の目利き。
その所為か、まるで殿様の様な風情の高木佐久左衛門。
愉快な芝居でした。

手拭い撒きの後、新真打の馬治さん馬吉さん(馬玉襲名)をお祝いして三本締めで目出度くお開き



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

国立2上昼 2/10

 2月10日(火)国立演芸場 昼席

国立演芸場2月上席千穐楽。
今席二度目の三宅坂。


◆瀧川鯉佐久 『新聞記事』
高座名の読みは “こいさく” 。
『瀧川鯉昇の十四番弟子』と自己紹介。
前半は若干あやふやさも見え隠れしましたけれども、後半持ち直しました。
頑張った、という感じ。

◆神田きらり 『谷風人情相撲』
三人で交代出演の二つ目枠。
楽日は神田きらりさん。
着座してすぐ本編へ入り、好調に読み進めました。
私、女流を “特に好む” と言うのでもありませんけれども、きらりさんの声や調子は好きだなぁ。
今日もすっかり聴き惚れました。好演。

◆宮田陽・昇 漫 才
ナイツ代演。
出てくるなり『ナイツじゃなくてすみません』
背の高い陽先生、しばらく見ぬ間に何か以前は感じた毒気と言うのか、胡散臭さが抜けた雰囲気。
少しふっくらされたからでしょうか。
しかしそれでも相変わらず面白いなぁ。
大いに笑いました。

◆三遊亭遊喜 『親子酒』
鮮やかな若草色の着物で登場。
呂律が極端に怪しい “泥酔版” 。

◆ぴろき ギタレレ漫談
今日一番客席を沸かせたのはぴろき先生じゃないかしらん。
勿論私も大笑い。

◆神田松鯉 『天保六花撰 松江公玄関先』
昨夜日本橋で二代目松林伯圓先生を偲ぶ会があったとの事。
今日はその伯圓先生の傑作『天保六花撰』より上州屋質見世から松江公玄関先。
松鯉先生、昨日もこれを読んだのかな?

河内山宗俊が上野寛永寺の使いに化けて、僧形で登場。
腰元へ上がっている上州屋娘浪路を、松江公松平出羽守から奪還しようとの痛快譚。
まんまと騙しおおせたと思いきや、まさに玄関先、帰ろうという段で正体露見。
槍を小脇に北村大膳。帰してなるものかと、通せんぼ。
御家大切とそれを押し止める高木小左衛門。
いやぁ、面白かった!堪能したぁ!
好高座。

~仲 入~

◆マジックジェミー 奇 術
今日舞台へ上がったお客様は素人とは思えない反応の良さ。
『人選、間違えちゃったかしらね』
照明、音響の充実している国立ですと、イリュージョンがまた一段と映えますね。

◆雷門助六 『野晒し』~あやつり
糸を垂らすまでの釣竿と糸の扱いなど、細かい部分にも気を配り写実性を高めました。
抱腹絶倒の『野晒し』。抜群の面白さ。
お家芸のあやつりもお見事。
好高座。

◆林家花 紙切り
鋏試し舞妓さん。
お客様から清水の次郎長、お雛様。
お雛様で祝儀が出た所為でもありますまいがお次の声が掛からず、自ら宝船。
お開きにお客様の似顔。

◆三遊亭小遊三 『錦の袈裟』
『本日午後二時現在、歌丸師匠の生存は確認されております』
今年5月に50周年を迎える笑点の話題をひとしきり。

本編は与太郎とその内儀の遣り取りが印象的。
妓楼の主人が、番頭へ与太郎の締め込みの解説をするまで。
楽日らしく、枕を含め20分強と手短に纏めました。


肩の凝らない芝居に満足感を覚えつつ大劇場側へ坂を上りきったところで周囲の明るさに気づき、
思わず『日が長くなったなぁ』と独り言。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

第六回 NBS殺人研究会 2/4

 2月 4日(水)第六回 NBS殺人研究会 お江戸日本橋亭

第五回は昨年11月3日に行われたNBS(日本橋)殺人研究会。
六回目の開催は平日の夜席となりました。平日開催は初めてかな?
今夜は、蜃気楼龍玉師『真景累ヶ淵より 宗悦殺し』、神田松之丞さん『慶安太平記より 楠木不伝闇討ち』との前触れ。
家人と二人、日本橋亭へ。


◆解 説 石井徹也 いたちや女将
いつものように、今夜の演題についてその背景を解説。

◆神田松之丞 『慶安太平記より 楠木不伝闇討ち』
御存知由井正雪の幕府転覆計画を描く読み物。
十九話あるそうですが、今夜はその二話目とのことですので発端と言える部分。
江戸へ出て来た正雪が、旧師楠木不伝と偶然再会し、請われて楠木道場の師範代となり弟子達から “若先生” と慕われる存在へとなっていきますが・・・。
今夜は野心家正雪の最初の謀事、楠木道場乗っ取りの顛末。
その軍学者故の特徴なのか、正雪の “他人を操り、他人の力によって己の望みを果たす手法” が早くも露わになっているのが面白い。
松之丞さん、今年の殺人研究会はこの『慶安太平記』の抜き読みを続けるとのこと。先が楽しみです。

~仲 入~

◆蜃気楼龍玉 『真景累ヶ淵より 宗悦殺し』
殺人研究会では根多下ろしが続いた龍玉師。
今夜の噺はお馴染みのところ、と思いの外、二年振りとのこと。
しかし流石に “殺しの龍玉” 。
盲人宗悦の湿った物言いや、深見新左衛門の酔態など正確な描写で噺を紡ぎ、客席をその世界へ招き入れました。
お見事。


跳ねて外へ出れば月が冴えた輝きで冷気を研いでいるかの様。
『場内も寒かったけれども、外はまた一段と冷えているね』と家人が “第一声” 。
『外がこれだから暖房も効かないのだろうね』など諸々喋り合いながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

国立2上昼 2/2

 2月 2日(月)国立演芸場 昼席

国立演芸場2月上席二日目。
今席は小遊三師の芝居。
この時季の年中行事で忙しくなるのが判っていたのに、つい予約してしまったのは、仲入に松鯉先生の名を見つけたから。
『国立は時間が短いしね』などと自分に言い訳をしながら三宅坂へ。


◆三遊亭遊かり 『子ほめ』
『三遊亭遊雀の一番弟子で主任小遊三の初めての孫弟子です』と自己紹介。
ちと言い間違いもありましたが、一所懸命の高座。

◆神田松之丞 『宮本武蔵 山田真龍軒』
三人で交代出演の二つ目枠。今日は松之丞さん。
大迫力の二刀流と鎖鎌の対決。
楽しめました。

◆ナイツ 漫 才
一度も声を張ることなく、穏やかな雰囲気の高座。
独特の面白さですね。好演でした。

◆三遊亭遊喜 『看板の一』
枕の “山形公民館” が同じ話の繰り返しという感じで、若干だれたかなぁ。

遊喜師の演る “兄貴” が迫力満点。
対して模倣者の若者の造形が曖昧に感じられました。もっと戯画化しても良いのでは?
滑稽味が今ひとつの印象。表情が面白いだけに如何にも惜しいなぁ。

◆ぴろき ギタレレ漫談
このところ “家族根多” も入れて好調な高座の続くぴろき先生。
今日も笑わせてくれました。
好演。

◆神田松鯉 『寛永三馬術 出世の春駒』
今日は上手前列に小学生ぐらいの男の子が二人いたのですが、この子達にも理解されるよう努めた印象。
噛んで含める様に演ってくれました。

季節ですのでこの根多によく遭遇しますけれども、矢張り松鯉先生流石の出来映え。
輪乗り、そして石段を馬へ良く見せ、その高さを得心させる場面。
また七合目で馬に塩を含ませる場面描写など痺れました。
お見事。好高座。

~仲 入~

◆マジックジェミー 奇 術
『ユーたち歳は?幾つ?』
『10歳と12歳です』
『ユーたちブラザー?』
『あっ、いえ、兄弟です』
噛み合わない会話に大笑い。
あの男の子が大人になっても “変なお姉さん” て記憶は残るのだろうなぁ。

◆雷門助六 『粗忽の釘』~あやつり
煙管で煙草を喫む仕種が堪らなく愉快。
勿論お家芸のあやつりも堪能。
面白かったなぁ。

◆林家花 紙切り
鋏試し花魁。
横綱白鵬、卒業式、おもてなし、お客様の似顔

◆三遊亭小遊三 『厩火事』
『悋気の独楽』乃至『悋気の火の玉』、或いは『権助魚』へ進むかの如き枕だったのですが・・・
矢張りお子さんの存在を考慮したのでしょう、路線変更して『厩火事』へ。
李下に冠を正さず、瓜田に履を納れずなどの故事は全て割愛し、お崎さんの造形に力を注ぎました。
これがまた様々な表情を見せてくれて、面白いの何の。
膝で漂ったやや曇り気味の客席の空気を、綺麗さっぱり吹き飛ばし “天気晴朗” へ導いてくれました。
お見事。


跳ねて外へ出れば夕刻の冷気甚だしく、頬を突かれるが如し。
背中を丸め家路へ一目散。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR