雲助の弟子でござる 其の六 6/25

 6月25日(木)雲助の弟子でござる 其の六 深川江戸資料館

DOURAKUTEI出張寄席『我ら雲助の弟子でござる』の第六回。
初回は牛込箪笥区民ホール、第二回は日本橋社会教育会館、第三回と第四回は深川江戸資料館、第五回は昨年暮れに月島社会教育会館で開催されました。
前回が12月18日でしたので半年振り。会場は再び深川へ戻りました。
『なにを掛けるかなぁ』など家人と喋りながら深川へ。


◆桃月庵はまぐり 『元犬』
このところ集中して掛けている感じですね。
聴く度に面白味が増して、熟成して来た印象です。面白かったなぁ。

◆桃月庵白酒 『あくび指南』
先日のにぎわい座独演会で聴いたばかりながら、様々な欠伸の演り分けに今夜も大笑い。流石。お見事でした。

◆隅田川馬石 『締め込み』
今夜此方への道々、家人と『 “穴泥” と “もぐら泥” 』を語り合っていたところなので内心 “面白い事もあるものだ” などと思いながら聴いていました。
しかしこれは早とちり。
演題は『締め込み』

『我々噺家はよく “縁起を担いで” と前置きをした上で “泥棒の噺を演って、お客様の懐を此方に取り込もう” と言いますが、ある時に志ん橋師匠の高座を脇で伺っておりましたら “お客様のお気持ちを此方に取り込もう” と演っていらっしゃいまして、私は以来その真似をして “お気持ちを” と演らせていただいております』
成程ねぇ。細部にまで万事行き届いた気遣いを怠らない古今亭らしい挿話だなぁ。感銘を受けました。

さて馬石師、昨夜は新潟泊だったとの事。
『何かぼんやりしているンです』
昨夜は打ち上げで痛飲されたのかしらん。

夫婦喧嘩の仲裁に入った “泥棒さん” のカンジヤママイム顔負けの掌の仕種が特徴的。
馬石師匠、大きな掌を存分に活かしての演出でした。
好高座。また聴きたいなぁ。

~仲 入~

◆蜃気楼龍玉 『子は鎹』
『馬石兄さんはノイローゼか何かなんでしょうか』と、演題を決めかねて中々噺へ入れずにいた馬石師を弄って客席を笑わせておいて、さっと『昔から三道楽煩悩と申しまして・・・』と噺へ入りました。
何というのか、落ち着いた雰囲気。
貫禄が付いた印象です。

上、中を地で簡単に披露して『子は鎹』へ。
本編は雲助師匠譲りの形でした。

迎えに来た番頭さんとの遣り取りでも、そして三年振りの亀との再会場面でも余分な説明は一切せず、熊の表情に総てを語らせる、そんな独特の手法で噺を進めました。
素晴らしい高座だったなぁ。
“泣き” の無い『子は鎹』、堪能しました。お見事。


跳ねて家人が『白酒さんの欠伸に釣られてこっちも欠伸が出たわ』
『寄席の欠伸は禁じ手、って言っていたろう?』
『ハハハ』
なんて調子で家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

古今亭志ん輔独演会 6/18

 6月18日(木)古今亭志ん輔独演会 国立演芸場

マイ・ド・セレクション 志ん輔独演会。
“今宵は初演づくし” との事で志ん輔師初演三席、『蛇含草』、『三方一両損』と意欲充分。更にお家芸の『火焔太鼓』。
他に春雨や雷太さん『やかん』、紋之助師匠の曲独楽と盛り沢山。
久し振りという感じの国立演芸場へ独りふらり。


◆橘家かな文 『真田小僧』
最後に父親が『幾らだ?』と乗り出してくるのは面白かったなぁ。
間も好かったので愉快に聴くことが出来ました。

◆春雨や雷太 『やかん』
“矢がか~ん” で下げて、奴さんを踊りました。
噺も踊りも達者だなぁ。

表情で笑いを起こそうとして、かなり押して来ますが “ここで客席の好みが分かれるのだろうなぁ” とぼんやり考えながら聴いていました。

◆古今亭志ん輔 『蛇含草』
柏枝から柳橋になった七代目柳橋師から教わったとのこと。
『おそらく師匠の三木助師が大阪時分に仕入れた噺なのでは?』と志ん輔師。

様々な形で餅を食べる描写に中手が入りました。
志ん輔師の顔芸も相まって客席大笑い。
これは得意根多になる気配。
面白かったなぁ。

◆三増紋之助 曲独楽
お開きの風車はボンボンブラザーズ先生の半紙よろしく客席を一周する外連。
終始いつもの元気な高座でした。

◆古今亭志ん輔 『三方一両損』
『火焔太鼓』が初演とは驚きましたが(実際には一度だけ十数年前に演った記録があるそうです)、この『三方一両損』も志ん輔師にお似合いの噺と思いきや、初演なのですね。

啖呵の連続で噺を紡いでいきますので当然と言えば当然なのですが、非常に勢い良く噺を進めました。

心なしか大岡越前までもが勢いのついた口調だったのですが、ここはがらりと鎮めて欲しいところ。
しかしながら全編明るく、江戸の空気を吸わせてくれたのは流石ですね。

“この噺は体調が良くないと掛けられないだろうなぁ”と思いながら聴いていました。
好演。

~仲 入~

◆古今亭志ん輔 『火焔太鼓』
仲入の時にわざわざ席へお訪ねいただいたIさんにきちんとしたご挨拶も出来ず失礼しちゃったのを噛み締めながら、 “咄嗟に舌がつる” ってあるもんだなぁ、などと考えつつ緞帳を眺めて後半を待ちました。

『お前さん、一分二朱って言ったんだろうね』(仕入値を良く聴く二分ではなく、一分二朱で演っていました)に対して『俺もそう言おうと思ったンだが』、『うん、何て言ったの?』
と、ここで普通は『舌がつって・・・』、『今度つったら舌を抜くよ』の流れになるのですが・・・
今夜の志ん輔師は『ここで俺の商人魂に火がついた』と、そっくり返って得意満面の亭主に言わせました。
客席大爆笑。

随所に独自のくすぐりを挿れる工夫を凝らし、且つお家芸の形は崩さない絶妙の構成。
女房はちゃあんと後ろの柱にすがりつきます。

全編程良い速度感で快調に飛ばし、下げまで客席を沸かせ続けました。
傑作だったなぁ。

数え切れない程の回数聴いている『火焔太鼓』なのに、私客席でふと “初めて聴く噺の様な気分” になっている自分に気づきました。
素晴らしく新鮮な気持ちで集中して聴く事が出来たのは、矢張り志ん輔師の高座が充実していたからこそでしょう。
名演、と申し上げて差し支えありますまい。愉快この上ない高座でした。


『浮かれて傘を忘れない様にしなくちゃ』と自分に言い聞かせつつ木戸へ。
いやぁ、好い気分。
素敵な時間を過ごせたなぁ。
満足、満足。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 6/15

 6月15日(月)白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 にぎわい座

お馴染み、にぎわい座の “白酒ばなし” 。
今夜もまた爆笑譚を期待して家人とにぎわい座へ。


◆桃月庵はまぐり 『元犬』

◆桃月庵白酒 『茗荷宿』
最初の一席は寄席で掛ける事の多いこちらから。
昨日は北鎌倉円覚寺での会だったとのことで、鎌倉が紫陽花見物で混雑している様子を、面白おかしく伝えてくれました。
本編もまた文句なし。
淡泊な印象に仕上げてくれました。

◆桃月庵白酒 『あくび指南』
茶席の欠伸、湯屋の欠伸など、非常に見事な欠伸を披露。
ここが巧みでないと、とは思いますがそれにしても素晴らしい表現力でした。
実際に“あくび指南所”が存在していても不思議ではない、そんな感じさえする秀逸な描写。
大笑い。好高座。

~仲 入~

◆柳家ほたる 『猫の皿』
金原亭の会で今夜のほたるさんの様にくすぐりを押して進めますと、芸風の違いが感じられて面白いですね。
独自の工夫を凝らした茶屋の老人像が中々愉快でした。

◆桃月庵白酒 『大山詣り』
ややお疲れ気味なのか各所で言い間違いが目立ちました。
しかしながら面白さに水を差すには至らず、客席を大いに沸かせたのは流石。

冒頭の『熊さん、お前さんは擬音が多い時には嘘なんだよ』が効いていました。
これをなぞって、先に帰って来た熊の法螺話を聞いた先達さんのお内儀さんに言わせる。
成程ねぇ、こういう仕込もあるのだなぁ。


跳ねて家人と『面白かったねぇ』と言い合いながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:1 

よこはま文菊開花亭 6/10

 6月10日(水)第十五回 横浜文菊開花亭 にぎわい座

古今亭文菊師のにぎわい座独演会、文菊開花亭。
以前は地下の “のげシャーレ” で行われていましたが、そちらも含め回を重ねて今夜が第十五回。
文菊師『そば清』、『やかんなめ』、『青菜』と根多出しされています。


◆林家扇兵衛 『狸札』
大きな子狸が『私、太った人にしか化けられないんです』
自らの体格を根多にして噺を少し崩しての一席。
中々面白かったです。

◆古今亭文菊 『そば清』
一週間程前に奥歯を抜いたそうで、まだ抜いたままなので麺類などは食べにくい、と話題を進め『これでようやく歯無し家になりました』。

文菊師らしく良く整理された構成。
蕎麦を食する描写も丁寧に重ねました。
前半は文句なし。

うわばみの登場後、下げの仕込を入念にしました。
これ念押し無しで、解らない人は置いていってしまっても好いかも知れません。噺が中途で切れてしまった感じでした。

◆古今亭文菊 『やかんなめ』
一旦下がり、着替えて登場。
抱腹絶倒とまでは行きませんでしたけれども、愉快に演ってくれました。
文菊師は侍の雰囲気を出すのが巧みですね。

~仲 入~

◆江戸家小猫 物真似

◆古今亭文菊 『青菜』
植木屋の女房がかなり伝法なのが特徴的。
夏らしい一席。堪能しました。


跳ねて『文菊師らしい端然とした高座だったなぁ』など独りごちながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

らくご街道 雲助五拾三次 -信心- 6/8

 6月 8日(月)らくご街道 雲助五拾三次 -信心- 日本橋劇場

雲助五拾三次、第二十七宿 -信心- 。
雲助師『景清』他、と前触れされています。


◆五街道雲助 『宗論』
師匠が噺の後で『二十数年いや三十数年振りかな』と仰っていましたけれども、私『宗論』が掛かるとは思いもよりませんでした。

気象庁から関東甲信梅雨入りの宣言が出ましたが、今夜も9時過ぎから雨予報。
そんな空模様を受けて『雨降りは困りもの』と雲助師匠。
お家から地下鉄の駅まで自転車が常との事。
自転車では確かに雨は天敵ですなぁ。

他の師匠方が外人訛で演る孝太郎の神を語る口調は、歌い上げる様な純粋日本語。
訛ではなく、あくまで “調子” なのが面白いですね。
父親もまたそれを受けて阿弥陀様の由来を朗々と歌い上げるといった調子で息子に説明します。
雲助師、二度目の口演とのことですが、初演当時(?)の日曜日朝早くに流れていたキリスト教のTV番組に取材されての演出かしらん?
愉快な一席でした。

◆五街道雲助 『大山詣り』
始まった時に『 “大山詣り” を演ってくれるんだ、豪華だなぁ』と感激。
熊さんが『船がひっくり返って・・・』と話す場面で、何となく後ろめたい雰囲気があるなぁ、と感じたのは私だけかなぁ?
まぁしかし、お内儀さん連中を坊主にする為の前振りだからそんな筈も無いか・・・。

全体的にかちっと決めた印象。
面白かったなぁ。

~仲 入~

◆五街道雲助 『景清』
鞍馬の出囃子。
百日の満願で眼の開かない場面でも愚痴っぽくない、雲助師らしい割合とさっぱりした演出。
激しく悲嘆するのが本当なのでしょうけれども、この方が聴く側とすれば気楽です。

この噺が初めての家人に前日粗筋を説明する際『楽しい結末だから』と伝えましたけれども、『何か力が強くなって足が地面にめり込む様だ』、『あれ?なぁんだ、今の土砂降りで出来た泥濘だった・・・』なんて件は『本当に好かった好かった』と聴き手を和ませてくれますね。
観音様の登場には糸が入り、この世のものならぬ独特の雰囲気。
楽しい『景清』を満喫しました。


『盲人の様子って自分では見えないだろうけれども、上手だったね』との家人の言葉に
『そう言えばどうして稽古するのかなぁ』などあれこれ考え、語り合いながら家路へ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

のれん噺 6/7

 6月 7日(日)第37回 のれん噺 日本橋社会教育会館

2012年10月の第32回例会に伺って、それぎりになっていました。
あの時はお江戸日本橋亭での開催でしたか。
私達にとっては二年半振りの “のれん噺” 。

家人の『志ん橋師匠をまた聴きたい』との希望に応えて、日本橋小学校へ。
ここは階段式の座席ですからとても観やすいのですが、椅子がどうも私には合わなくて個人的には敬遠気味の会場です。
まぁ常設座席じゃないですから仕方ないですね。

少し早めに一旦八階の木戸へ上がり、券を購入。
軽い食事を済ませて後、再入場しました。
今日は自由席ですが、申し上げた通り席に拘りのない会場なので、気が楽です。


◆春風亭一花 『桃太郎』
今日の主任一朝師匠のお弟子さんとの事。
歯切れの良い口調で明るく噺を進めます。
前座さんですから余計なくすぐりは挿れず、基本に忠実な高座なのですが客席を爆笑させてくれました。
間が好いですね。
楽しみな女流さんです。

◆古今亭志ん橋 『粗忽長屋』
粗忽者の小咄を幾つか重ねた丁寧な枕から入り、客席をすっかり温めて本編へ。
期待通りの惚けた味わい。のんびりした風情を堪能しました。
面白かったなぁ。

◆五街道雲助 『禁酒番屋』
鼻風邪を引いたとのことで若干鼻声。
馬生師匠直伝の汁粉屋、酔客百態などを枕に本編へ。
滑稽味を出そうと言うのではなく、番屋の役人の酔っていく様に描写の重点を置いた感じでした。

明日は五拾三次。早く風邪が抜けてくれるといいですが・・・。
師匠の声も心配ですが、私自身も長引いておりまして・・・全く困っちゃいます。

~仲 入~

◆柳家喜多八 『七度狐』
本編が短い噺の所為もあるのでしょうけれども、まず『鈴振り』の粗筋を喋り次には『落武者』、そして本編と大サービス。
以前寄席で聴いた時よりも一段と磨きの掛かった爆笑演出。
いやぁ、笑った笑った。今日一番の好高座でした。

◆春風亭一朝 『淀五郎』
二つ目時代、歌舞伎座で笛方を務めていた頃の御簾内風景を枕に、気持ち良さそうに演ってくれました。
淀五郎の判官を見る仲蔵の仕種や表情が非常に現実味を帯びた様子だったのが印象的です。
また仲蔵が大変丁寧に團蔵の心中を淀五郎へ伝えていました。これもまた好かったなぁ。


『やはり志ん橋師匠が好かった』
『喜多八師匠も面白かったねぇ』
など様々語りながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

第60回人形町らくだ亭 6/1

 6月 1日(月)第60回人形町らくだ亭 日本橋劇場

今夜の主任は五街道雲助師、演題は『木乃伊取り』。
柳家さん喬師『寝床』。他に柳家喬太郎師、春風亭朝也さんの出演と前触れされています。


私、次回開催日に別の予定が入っておりますので今夜は開演直前に会場入りしたのですが
前売券販売方法に変化があったのは歓迎ですね。

三階で列を作っているのにも関わらずエレベーターで四階へ上がり、
列の先頭を無視し横切って入場。
そして平然と前売券を入手する痴れ者を目撃した時から
『主催者がもっときちんとした対応を出来ないものか』と思っていました。

少しでも改善されて(その気持ちが小学館にあっただけでも)良かったですョ。
家人など『入場時の仕切の悪さ』を第一要因に挙げ、『 “らくだ亭” には金輪際絶対行かない』と言っていますが
『多少改善したぜ』って誘ってみようかしら。


◆金原亭小駒 『穴子でからぬけ』
この “らくだ亭” も先だっては白酒師が出演したり今夜は喬太郎師、朝也さんの高座があったり、直弟子のみならず孫弟子世代も出演する様になりましたが、本当のお孫さんの登場ですね。
お馴染み『酒の粕』から『穴子でからぬけ』。

◆春風亭朝也 『壺算』
“枕はこれぎり” と決めているのか、いつもの賽銭の枕から。
これで客席の雰囲気を測っているのでしょう。師匠譲りかな?
本編は流石に手の内と言ったところ。大いに笑わせてくれました。

◆柳家さん喬 『寝床』
旦那がものを言いつける度に『ああ、うう』と喉の調子を確かめつつ一節詠むのが愉快極まりなく、大笑い。
独特の “さん喬師の寝床” ですね。好高座。

~仲 入~

◆柳家喬太郎 『花筏』
髪を染めた所為かお顔が小さく見えました。
『初めての会なので演りにくい』とこぼしながらも、いつもよりもかっちりした印象の高座。
本編とは無関係に自らの言い間違いを材料にして茶利を挿れたりしていましたが、もうそろそろそうしたところは卒業し、落ち着いた高座を展開していただけないかしらね。
『赤い部屋』、古典では『心眼』、『錦木検校』(三味線栗毛)などで見せてくれる硬い表情、調子の喬太郎師が私は好きだなぁ。

◆五街道雲助 『木乃伊取り』
文句無し。期待通りの素晴らしい一席でした。
飯炊きの清蔵の次第々々に酔っていく様、その表情(特に目の表情)や言動など、これ雲助師以外ではこうは出来ないのでは?と思わせる出来。
愉快だったなぁ。


幾分熱っぽいのか、寒かったり暑かったり目まぐるしく変化する感覚に、独り悪態を突きながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR