FC2ブログ

仲入のお知らせ 3/31

喜洛庵寄席桟敷 仲入のお知らせ  - 2012年1月~ 2020年3月 -



弊blog は、当時通っておりました月例会 “雲助月極十番” が最終盤に差し掛かりました折に、『あぁ、鑑賞記録と言うか何か “雑感” を書き残しておけば良かったなぁ』との思いから始めたのですが・・・。
2012年1月開設。1~3月は 「月別」 のみ。感想記事の掲載は同年4月より

私、昨夜国立小劇場で無観客非公開にて開催されました “第621回 TBS落語研究会” をもちまして “月例会” の類からは距離を置き、子供時分同様の気儘な寄席通いへと戻る事に相成りました。

つきましては、これを一つの区切りとして来月より “子供へ戻り無邪気に舞台芸能を愉しもう” との考えから、この場を “鑑賞直後に記事を発信する事に拘らない” 且つ “鑑賞毎の感想を公表する事に執着しない” と言う具合の、緩くゆったりした流れにして参りたいと存じます。


尚、これからも鑑賞毎に感想記録をゆるゆると記し続ける所存ではございますけれども、それら記事は鑑賞都度の公表つまり “逐次発信” を致しません。

即ち、来月より 弊blog は私的備忘録として運用し、記事は非公開とさせていただきます。

上記 “私的雑感” が数本から十数本、或は数十本と書き溜りましたならば、まとめて公表するかも知れません。
しかしながらまぁ当てになった話ではございませぬので念の為 ^^;

最後になりますが、改めて八年間拙文にお付き合いいただきました皆様に深く々々御礼を申し上げます。



さぁて
この記事をもって “喜洛庵寄席桟敷” は仲入休憩。
皆様方に於かれましては今後とも芸能鑑賞、スポーツ観戦など生のエンターテイメントをどしどし味わっていただき、多くの感動を体感されますよう心より願いつつ結びと致します。

それでは
ごきげんよう。






■本稿は昨年9月中旬に脱稿したものです。(八文字加筆 “無観客非公開にて” )
従いまして、我が国に於ける現在の社会状況を反映しておりません。
その為、文末が何やら今時にそぐわぬ “外出推奨” の記述となっております事、どうぞ誤解なされませぬ様お願い致します。
皆様、エンターテイメント鑑賞などお出掛けの折、武漢ウイルス対策に怠りなき様ご留意下さい。
“密閉、密集、密接、厳禁!” ^^/

Tag:雑記  Trackback:0 comment:6 

2020年 3月 鑑賞記録

3月

・・・以下の通り、予約はそれなりに入れていたものの、鑑賞はすべて流れました。

(12日(木)雲一里 雲助一朝小里ん 三人会  国立演芸場)・・・・・ “武漢肺炎ウイルス対策の為公演キャンセル”
(17日(火)三月歌舞伎公演 義経千本桜 四段目  国立小劇場)・・・ “武キャン”
(18日(水)三月歌舞伎公演 義経千本桜 三段目  国立小劇場)・・・ “武キャン”
(23日(月)三月歌舞伎公演 義経千本桜 二段目  国立小劇場)・・・ “武キャン”
(30日(月)第621回 落語研究会  国立小劇場)・・・無観客、非公開開催。会員には後日DVD送付。


(21日(土)G-B  東京ドーム)
(24日(火)B-T  横浜スタジアム)
(31日(火)B-C    〃  )・・・・全試合 “武漢肺炎ウイルス対策の為開催中止”


今月初旬は旅行を予定していた為、予め中旬以降の席を取っていた歌舞伎の方は “武漢被害無し” と思いきや「自粛延長」で、予約三本の内二本が “武キャン” 。
その後 (3/17) “3月は全休” となって、 “義経千本桜” は咲かずに散ってしまいました。
菊之助丈、無念だったろうなぁ。

楽しみにしていた『雲一里』は 2/27 に “武キャン” の通知。
いたちやさん、素早い対応でした。

TBS落語研究会はDVDを後日送付という奇手。
私自身の “幻の卒業例会” をDVD化していただけるのは “不幸中の幸い” と言ったところ ^^
しかし下手をすると新年度も暫くは「DVD送付」になりそうですなぁ。恐るべし武漢肺炎。


野球もまた4月上旬を含め予約全試合中止で、特典チケットの発券手数料のみ支払うという大損被害。
本日現在、開幕日はおろかNPBが開幕するのか否かすらも不明ですが、私、今シーズンは “観戦=感染” と捉え、原則として球場へは出向かない事に決めました。



■噺家連中は武漢肺炎ウイルス蔓延による仕事のキャンセルを “コロキャン” と呼称しているようだけれども、ウイルス原発国を明確に記憶しておく意味からも “キャンコロ” にした方が良いと思いますな。
“キャンコロ” 。
うむ、こちらの方が語感も良いね。

Tag:月別  Trackback:0 comment:0 

第621回 落語研究会 3/30

 3月30日(月)第621回 落語研究会 国立小劇場

年度納めの今夜の例会は、武漢ウイルス対策で無観客にて開催と触れられております。
我々には後日DVDが送付されるそうです。

◆春風亭昇也 『持参金』
◆柳家権之助 『居酒屋』
◆春風亭一之輔 『花見の仇討』

~仲 入~

◆柳家小満ん 『素人鰻』
◆柳亭市馬 『猫忠』

2015年4月30日開催の “第562回例会” から五年間継続鑑賞して参りましたTBS落語研究会。
私、次年度の更新を見送りましたので先ずは此れぎり。
私にとっての “〆” であり且つ “幻の例会” の様子がDVD化されて手元に残るとは一興。
“区切りの記念品” として、DVDをありがたく頂戴し “卒業” させていただきます。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR