FC2ブログ

鈴本4下夜 4/24

 4月24日(火)鈴本演芸場 夜席

土曜の初日に続いて上野へ。
初日は休演だった白酒師も今夜は出演との情報。楽しみです。

三遊亭ございます 手紙無筆
古今亭志ん八 七福神オーディション
翁家和楽社中 大神楽
桃月庵白酒 だくだく
柳家喜多八 おすわどん
ぺぺ桜井 ギター漫談
林家彦いち 怪談話サークル(仮)
五街道雲助 辰巳の辻占

~仲 入~

ロケット団 漫 才
アサダ二世 奇 術
隅田川馬石 柳田格之進

◆白酒 『だくだく』
ひねらないで鉄板ネタを掛けて来ました。
実は、私の頭の中では『だくだくの白酒か、白酒のだくだくか』という感じで
刷り込みがなされています。
出来が悪かろう筈もなく、薄めの客席も大爆笑。一気に温まりました。

◆喜多八 『おすわどん』
「陽気も好くなって来たので、身の毛もよだつ怪談噺を」と前置きして噺に入りました。
剣術の先生が「郡山剛蔵先生」には大笑い。
喜多八師はこういうクスッとくる軽めの噺が上手だなぁ。

◆雲助 『辰巳の辻占』
妓楼における手練手管の枕から。実はこれ私のお気に入りの枕なんです。
特に『女の噛みついた痕にしちゃぁ、大きいね』『そりゃそうさ、笑いながら噛みつきやがったんだから』のくだりが、昔々から好きでして、今夜もまた大いに笑わせてもらいました。

何度も繰り返される『南無阿弥陀仏、ひのふのみっ!』の掛け声と同時に、お玉が薄目で下手を窺い見る仕種が堪らなく面白く、こういう雲助ワールドもあるんだョなぁ~と、笑いながら感心していました。

◆馬石 『柳田格之進』
黒紋付で登場。
「江戸の時代は武士の世の中でございまして・・・」と枕を振り、「彦根藩御家中の柳田格之進・・・」と続けます。
今夜でしたか、何たる僥倖。

端緒、碁会所で碁を打つ柳田のその凛とした姿に客席が息をのみ、
全員がグイッと噺に入り込んでいったのがわかりました。

五十両の紛失は柳田の仕業では、と柳田宅で難詰めする番頭徳兵衛のやや下卑た探る目つき。
受ける柳田の涼しい眼差し。
それを瞬時にてれこてれこで演ずる馬石師はお見事の一言。

雪の湯島切り通し、柳田、徳兵衛再会の場面の柳田の目の動き、仕種。
素晴らしかったですねぇ。

客席大満足の高座は約40分。

跳ねて表へ出ればひんやりとした風。
どうやら相当降ったらしく、そこここに水溜まりが出来ています。
「客席が薄かったのはこのせいか」と納得しながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR