FC2ブログ

らくご・古金亭 3/9

 3月 9日(土)第九回らくご・古金亭 湯島天神参集殿

『お富與三郎』『名人長二』連続口演に挟まって軽い噺も、と言ったところ。

客演の小里ん師『首ったけ』、同じく客演、お久しぶり遊雀師『船徳』。
雲助師『ずっこけ』、馬生師『今戸の狐』、馬石師『崇徳院』と根多出しされています。

◆金原亭駒松 『穴子でからぬけ』

◆金原亭馬治 『転宅』
気合いの入った高座。
最後兵衛がお菊の色香にとろとろになる様子が愉快。この場面、もっと時間を使って強調したらどうかしらん。
馬治さんは女性も上手ですし、より面白おかしくなるのでは?
好演。

◆柳家小里ん 『首ったけ』
小里ん師と一朝師が「江戸弁の双璧」でしょうかね。
職人の勝つぁんを見事に活写し、色街風景を描きだしてくれました。
吉原とくれば小里ん師の右に出る者は居ないですしねぇ、昔も今も。
いやぁ、素晴らしい高座でした。

◆隅田川馬石 『崇徳院』
恋患いの若旦那の描写は略筆。「想い人探し」に重点を置く演出。
愉しい一席となりました。

◆五街道雲助 『ずっこけ』
何度聴いても面白い、まさに十八番。
居酒屋の小僧さんが可愛くて好きですね、私。
今夜も『草津の湯』で切らないで最後まで演りました。
流石の出来。

~仲 入~

◆三遊亭遊雀 『船徳』
“泣きの遊雀”が弾けました。
船頭に“でも”なろうと言う若旦那、親方に止められると『じゃ隣の船宿の船頭になる』と拗ねてみせるも、知らんぷりの親方。
若旦那ここで“大泣き”。
あと船上で今一度若旦那の泣きが入ります。

ここの高座は演者が動く度に「みしみし」音が鳴りますが、それが船を漕ぐ場面で『思わぬ効果音』となったのは面白かったですね。
遊雀師、存分に泣いて下げ。

◆金原亭馬生 『今戸の狐』
根多を見た時に『難しい噺を掛けるんだなぁ』と感じましたが、馬生師は丁寧に仕込んで下げへつなげました。

馴染みのない背景ですし、今や使われなくなった言い回しを巡る噺ですので、説明的になってしまうのは仕方ないでしょうね。
しかも噺の大半が仕込みですからねぇ。演ずるのも苦労でしょう。
カルピス、スジャータ、本当なのかなぁ?調べてみようっと。


跳ねたのは九時を回っていましたか。
五時二十分ごろ駒松さんが上がった筈ですから、今夜の古金亭は寄席に伍するたっぷりな会となりました。

やや疲労感を覚えながらも、咲き誇る梅がライトアップされた庭園を愛でつつ次回、次々回予定を見て家人と『また来ようかね?』




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR