FC2ブログ

隅田川馬石 名人長二 請地親殺し 3/10

 3月10日(日)隅田川馬石 『名人長二』
連続口演 第四夜『請地の土手』 お江戸日本橋亭

連続六回口演四日目。

◆柳亭市助 手紙無筆

◆隅田川馬石 名人長二 請地の土手
亀甲屋夫婦が長二の家を訪ねて来た折、長二は自らの疑念をぶつけ親子の名乗りをしてくれるように話しをします。
幸兵衛は邪険な言い回しで長二をなじり、お柳は狼狽えながら長二の疑念を否定します。
早々に長二宅を辞し柳島の別宅へ急ぎ帰る亀甲屋夫婦。
先程、暮らし向きの足しにとお柳が差し出した五十両の金を置きっぱなしにして夫婦が帰ったのに気づいた長二は、金を懐に近道を走り二人を追い掛けます。

見応えのある場面でした。
詰問する長二、怒りながらなじる幸兵衛、言葉では打ち消しながら表情では肯定してしまっているようなお柳。
座敷内の緊迫感溢れる三人の遣り取りを、それぞれの表情、声音は勿論、姿勢も瞬時に切り替えて演じ分け、客席を引き込んでくれました。
また『新吹の二分金で二十五両の包みを二つ』と、池波正太郎先生ならば『そうそう、切り餅と言うぐらいで四角で無ければおかしいんです』と喜びそうなこだわりを見せたのには感心しました。

先回りをして請地の土手で夫婦を待つ長二。
幸兵衛とお柳はいましがたの長二宅での遣り取りについて互いに喋りながら歩いて来ますが、その会話から幸兵衛夫婦は矢張り実の親なのだと長二は知ります。

道を塞ぎ親子の名乗りをするように頼む長二でしたが、再び幸兵衛になじられ力づくの喧嘩へ発展。
揉み合ううちに自らの匕首で胸を刺してしまう幸兵衛。
お柳も転んだはずみで長二の持つ匕首が背中へ通り、夫婦はその場に果ててしまいます。

帰宅しない長二を心配した兼松は、翌朝親方箱清の家へ消息を尋ねに行き、そこへ酒に酔った長二が現れます。
ここで『この続きは明後日』と切りました。

馬石師、一本気で裏の無い長二の気質を『感情を抑えた口調そして表情』『背筋を伸ばした姿勢』などの工夫で表してくれました。
素晴らしい高座、お見事。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR