FC2ブログ

鈴本3中夜 3/20

 3月20日(祝)鈴本演芸場 夜席

鈴本3中夜は『馬石渾身九夜』と題する根多出し興行。隅田川馬石師匠の芸術祭新人賞受賞を祝っての特別企画です。
馬石師、連続口演『名人長二』と重なりながらの芝居で大変だったのではないかしらん。
かく言うこちらも『ようやくのこと只今参上』と言う感じ。
「馬石師苦心の演出『柳田格之進』は是非とも聴かねば」と家人を焚き付け、連れ立って千穐楽にやって参りました。

三遊亭歌りん 子ほめ
柳家喬の字 たらちね
ストレート松浦 ジャグリング
柳家小せん 鷺とり
五明楼玉の輔 宗論
柳家小菊 粋 曲
桃月庵白酒 浮世床
五街道雲助 粗忽の釘

~仲 入~

ホームラン 漫 才
柳家三之助 元帳
アサダ二世 奇 術
隅田川馬石 柳田格之進

◆喬の字 『たらちね』
ところどころに独自のくすぐりを入れた『たらちね』。なかなか面白かったです。

◆小せん 『鷺とり』
不思議だなぁ~。あり得ない話なのに小せん師の話術に引き込まれ、いつの間にか噺の中の野次馬と一緒になって私も五重塔を見上げていました。
雀とり~鷺とり。

◆玉の輔 『宗論』
十八番をさらりと。
玉の輔師はいつでもどこでも質の良い芸で楽しませてくれますね。仕事師って感じです。客席大受けでした。

◆白酒 『浮世床』
玉の輔師とのお喋りが弾んで根多を考える時間が無かったとのこと。
客席の反応を見ながら『浮世床』太閤記。
志ん五師の型。
本当に読めない人が一文字づつなぞっている感じなんですョね。どかんどかん受けてました。
笑い疲れちゃった。
凄いね、恐れ入りました。

◆雲助 『粗忽の釘』
なんとまぁ楽しそうな表情。
『お富與三郎』の雲助師と同じ人なのか?と思うほどです。
客席を爆笑させた総領弟子を上回る大爆笑をもたらしました。流石だなぁ。
お見事。

◆三之助 『元帳』
お馴染みの数え歌から入りました。
聴きながら私、先代の志ん馬師を思い出していました。
古今亭の型を崩さずに。
好演。

◆馬石 『柳田格之進』
出来ました、という感じ。
以前聴いた時(昨年4/24、鈴本)よりも番頭徳兵衛が真っ直ぐな雰囲気になりました。
なんというのかなぁ、柳田宅での難詰め場面も主人思いの余りに、との感じが強調された演出。
この場面、以前は悋気の気味が感じられ、やや下卑た表情、視線で柳田を見る徳兵衛でしたが、それが無くなりすっきりしましたね。好解釈且つ好演出と思いました。

こうなると『出てくる人が皆善人』で噺が平板になり勝ちなのですが、柳田と万屋源兵衛との身分を越えた友情を丹念に描き込み、更にまた父格之進を思う娘お絹の聡明、そして主人一途お店一筋の番頭徳兵衛を絡ませ描くことで、抑揚の効いた物語に仕上げました。

徳兵衛から柳田宅へ行ったと知らされた時の主人源兵衛の無念の表情、そしてその結果を予測して悲嘆にくれる様子。
また、湯島切通で柳田に出会ったことを先に帰った鳶頭から聞き、あとから帰宅の番頭徳兵衛に笑顔で(何事も無かった様に)翌朝早くの品川行きを申し付ける場面。良かったなぁ~。
万屋源兵衛の心情を思い、熱いものが込み上げてきました。

いやぁ、素晴らしかったなぁ~。
実にすがすがしい気分です。


跳ねて外はかなりの水溜まり。
相当降ったんですな。花は大丈夫だったかなぁ?

家人は白酒師『浮世床』、雲助師『粗忽の釘』に笑い、馬石師『柳田格之進』に深い感銘を受けたとのこと。
深く頷く私。
あとね、不思議なことに昨年4月24日にここで馬石師の『柳田』を聴いた時にも、跳ねて外へ出たら雨上がりだったんだよ。など喋りながら家路へ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR