FC2ブログ

隅田川馬石の文化庁芸術祭新人賞受賞を祝う会 4/8

 4月 8日(月)隅田川馬石の文化庁芸術祭新人賞受賞を祝う会 にぎわい座

ここのところご無沙汰のにぎわい座。
今夜は馬石師の芸術祭新人賞受賞を祝う会と銘打ち、五街道雲助師、蜃気楼龍玉師を客演に迎えて一門会の様相。
私、日本橋の人形町らくだ亭を見送ってこちらへ馳せ参じました。

◆林家なな子 『寿限無』

◆蜃気楼龍玉 『一眼国』
珍しく長い枕を振って入りました。
六十六部と話している時の香具師の表情、口調、見事でしたねぇ。
面白かったなぁ。

◆五街道雲助 『お見立て』
お馴染みの女郎買いの枕からお家芸の『お見立て』。
杢兵衛大尽と喜助の噛み合わない会話に大笑い。
喜助に知恵を授ける喜瀬川の面倒くさそうな気だるい雰囲気を、これほど巧みに描き込めるのは雲助師をおいて他にないでしょう。
素晴らしい高座でした。

~仲 入~

-口 上-
上手より、雲助師、馬石師、龍玉師。
司会、龍玉師。

雲助師、嬉しそうだったなぁ。
矢張りお弟子さんが受賞する、誰かに認められる、というのは師匠としても大きな喜びなのでしょう。
それも師匠直伝の『お富與三郎』での受賞ですからね。
雲助師匠の音頭で三本締。
和気あいあいとした口上に、観ているこちらも恵比寿顔。

◆隅田川馬石 『お富與三郎』~玄冶店
『発端』『木更津』を地噺でさらりと紹介して『玄冶店』へ。
蝙蝠安、目玉の富八の悪党っぷり、巧いなぁ。
糸に乗せた長台詞も格好よく決まり文句なし。
堪能しました。


お隣のお客様、誰に向かって言うでもなく『こういうのやる人、中々いないものなぁ、好かったなぁ』。
私も思わず頷きながら相槌を打ちました。

帰宅して家人に『いい会だったよ』と報告。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR