FC2ブログ

長講三人の会 5/30

 5月30日(木)長講三人の会 日本橋劇場

昨年10月11日以来ほぼ八ヶ月振り開催の『長講三人の会』。

昨日梅雨入りした東京。
今日もいかにもといった梅雨空。せめて気持ちだけでもからっとしたいですなぁ。
さぁ~て、今夜はどの根多で愉しませてくれますか。

◆柳家おじさん 『ん廻し』

◆昔昔亭桃太郎 『お見立て』
登場人物の台詞で客席が沸くというより、桃太郎師だから面白い、桃太郎師だから爆笑を誘うという感じ。
いつもの通り、愉しい高座。

◆柳家さん喬 『唐茄子屋政談』
前方を意識し過ぎたか、重々しい唐茄子屋政談。
さん喬師の『唐茄子屋政談』には何度か接していますが、これほど落ち着いた口調は初めてですねぇ。
うむ~、こうした重厚な調子で聴きますと別の噺に聞こえてくるから不思議。
吉原田圃で切らず所謂“通し”。
時計を見ませんでしたが、おそらく一時間超の“長講”だったのではないかなぁ。

~仲 入~

◆柳家権太楼 『幾代餅』
お元気そうで何より。
この『長講三人の会』は桃太郎師のみが根多出ししている会、と喋り始めたのですが、客席から根多出しはされていないと言われ『楽屋では』と言い直しました。
つまり桃太郎師が掛ける根多は事前に知らされていて、さん喬師権太楼師はそれに合わせて演目を考える、といった裏事情の様です。

それはさて置き、『お見立て』『唐茄子屋政談』では廓繋がりで“根多がつく”ので寄席ではこういうことは無いのですが・・・と前置きして『私も今夜は演りたい噺がありまして』『吉原特集で行きましょう、今夜は』と『幾代餅』へ。
愉快な調子の勝った権太楼師らしい『幾代餅』。好演。


跳ねて『今夜は桃太郎師の枕が中々含蓄あったなぁ』と独りごちながら家路へ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR