FC2ブログ

らくご・古金亭 6/8

 6月 8日(土)第十回らくご・古金亭 湯島天神参集殿

今夜の『らくご・古金亭』は、客演に金原亭馬好師、春風亭一朝師を迎え、馬好師『祇園祭』、一朝師『風呂敷』と根多を交換したが如くのご趣向。

レギュラー陣は雲助師『お化け長屋』、馬生師『佃祭』と早くも夏の噺。
白酒師は“今度こそ”とばかりに『肥瓶』(家見舞)と前触れされています。

◆金原亭駒松 『手紙無筆』

◆金原亭馬吉 『元犬』
『褌を首に巻いて喜んでちゃぁしょうがないね』『えぇ、どこか連れて行って下さい』には大笑い。

◆桃月庵白酒 『肥瓶』(家見舞)
昨年師走八日のこの会で『肥瓶』を根多出ししつつ、取り違えて『尿瓶』を掛けてしまったとのこと。
私はあの時の『尿瓶の花活け』は大変好い出来だった上に、珍しい噺で“歓迎”だったのですが、雲助師匠には『なにやってんだ』と叱られたそうです。
『大小の違いですからリベンジって程の事はない』と笑わせて根多へ。

持ち合わせが無くて食べられない上に、瓶を担いだり湯へ行ったりして腹がぺこぺこに空いている様子が伝わって来ました。
そこへ『食べ物』ですから、すぐに箸をつけたいのを袖を引かれて『水使ってるよ』。ここの呼吸が面白かったなぁ~。
抱腹絶倒の高座。好演。

◆金原亭馬生 『佃祭』
一丁入りで登場。鬼蔦の羽織、着物で上がりました。
この『佃祭』、言わば馬生師の地元の噺ですから蘊蓄、挿話沢山で『為になる噺』となりました。
この“余談”でやや押し気味となったか、本編が少し駆け足となった印象。
こうなると噺のどこかに、盛り上げどころの場面が欲しい感じですね。

~仲 入~

◆金原亭馬好 『祇園祭』
先ず『祭で噺がついて申し訳ない』と一言。
まぁ、この会は出演者が根多を決めている訳でもないのでしょうけれども、律儀な質の馬好師匠らしい口上。
上がる時に高座脇へ携帯電話らしきものを置いたのは録音の為かしらん。どなたかにこの噺の稽古を依頼されていたのかも知れません。

ゆったりとした『祇園祭』。

一つだけ。言い間違いかな?
京都の御隠居の言い立てで『ちょか!』と言っていましたが、これは正しくは『ちょけ!』でしょうね。

◆春風亭一朝 『風呂敷』
古今亭の会に余所者が・・・と言いながら、志ん朝師と二人で出掛けた旅の思い出話を枕に客席を湧かせました。
『持ち根多は古今亭の根多の方が多いぐらい』と根多へ入りましたが、これがもう絶品の出来。
客席大喜びの一席でした。

◆五街道雲助 『お化け長屋』
鞍馬の出囃子で上がってきました。
“偽差配”が語る出鱈目の怪談話が真に迫っているのがまず大笑い。また、それに乗せられる店子希望人の様子も愉しい『お化け長屋』。

いやぁ~面白かったなぁ。
至芸を堪能しました。


家人と二人、歩きながら『白酒師、一朝師、雲助師が面白かったね』と意見一致。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:1 

Comment

喜洛庵上々 URL|一朝師、好演。
#- 2013.06.14 Fri12:31
そう、仰るように一朝師匠は面白かったですねぇ。
それとね、張ったときの声が志ん生師匠に似ているんですョね。
これ、以前“人形町らくだ亭”の感想でここにも書いたのですが
はっとすることがありますよ。あまりにそっくりなので。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR