FC2ブログ

白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 6/10

 6月10日(月)白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 にぎわい座

にぎわい座白酒ばなし。さぁ今夜はどんな噺で笑わせて貰えるのかなぁ。

◆古今亭きょう介 『無精床』

◆桃月庵白酒 『お化け長屋』
一昨日の土曜日に“らくご・古金亭”で雲助師のを聴いたばかりです。
台詞回しは雲助師と全く一緒と言って良いと思いますが、きちんと『白酒師のお化け長屋』になっているのが凄いですねぇ。
二人目の混ぜっ返しに泣きながら語る“偽差配”の姿に大笑い。滑稽味を増した爆笑譚を堪能しました。お見事。

~仲 入~

◆鈴々舎風車 『くしゃみ講釈』
来春真打昇進、柳家三語楼襲名とのこと。おめでとうございます。
この噺は手の内なのでしょう。大いに笑わせて貰いました。

◆桃月庵白酒 『首ったけ』
黒紋付に着替えて上がって来ました。
さて、お侍の噺かな?と思いきや古今亭のお家芸『首ったけ』へ。
紅梅花魁と妓夫の掛け合いが愉しかったなぁ。調子良く噺を進め、畳み掛ける様に下げました。好高座。


跳ねて家人と『面白かったねぇ』『軽く演っている様に見えるけれども、実はそれが大変な芸なのだろうねぇ~』など語り合いながら家路へ。
いやぁ満足したぁ~。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:1 

Comment

喜洛庵上々 URL|何回でも聴きたい感じですね。
#sW.pyMog Edit  2013.06.14 Fri12:24
napuaさん、いつもありがとうございます。
同じ噺を何度聴いても面白いですからねぇ、白酒師は。
それだけ噺を緻密に作り込んでいるのかもしれません。
それと、とにかく肩の凝らない感じなのが魅力的ですね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR