FC2ブログ

鈴本5上夜 5/10

 5月10日(木)鈴本演芸場 夜席
権太楼噺 爆笑十夜 千穐楽

GW特別興行、千穐楽は『火焔太鼓』がネタ出しされています。
代演は・・・一九師代演で白酒師、ロケット団代演ホンキートンク。
個人的には正朝、一朝の春風亭両師が何を掛けるのか注目しています。

鏡味仙三郎社中 大神楽
桃月庵白酒 金明竹
柳家小菊 粋 曲
三遊亭歌之介 漫 談
伊藤夢葉 奇 術
古今亭菊之丞 浮世床
春風亭正朝 六尺棒

~仲 入~

ホンキートンク 漫 才
春風亭一朝 転失気
林家正楽 紙切り
柳家権太楼 火焔太鼓

◆白酒 『金明竹』
祐乗、光乗、宗乗の三作は普通「遊女が孝女なんです」なんて説明になりますが、白酒師は「友情と工場」。
面白かったなぁ。
ただ「道具屋」で火焔太鼓とつくことになるのじゃぁないかしらん?

◆菊之丞 『浮世床』
姉川の合戦~夢の逢瀬。
ちょっと志ん五師匠を思い出して、懐かしい気持ちに。
軍記を長めに演ずるのかなぁと思いきや、そうはならず『半ちゃん、食わないかい?!』と夢の逢瀬へ。
丁寧にたっぷり演じて下りました。

◆正朝 『六尺棒』
風邪を引いて発熱、寄席を休んだそうでまだちょっと声がかすれ気味。
『本当に身体が悪くて休んだ』と自虐ネタ。
六尺棒の若旦那孝太郎のような、小悪っていうのか、悪戯っ子というのか、機転のきく悪を演ずると、正朝師は活き活きとしてきますね。

◆一朝 『転失気』
短縮版を手堅く。
さすがにお疲れなのだろう、と忖度申し上げます。

◆権太楼 『火焔太鼓』
前半で主人甚兵衛を、女房が「これでもか」と散々こきおろす。権太楼師の演出はここがとにかく凄い。

この噺は、そのこきおろされた甚兵衛の「普段虐める女房へのちょっとした意趣返し」といった意味も後半部に匂わせて演ずると、観客も得心出来ると思うのですがねぇ~。

三百両を懐に店へ帰って来てからが、やや駆け足気味で、女房が驚き喜ぶ様を充分に描ききれていなかったように感じました。
言われっ放しに対する反撃場面が短く弱い、従って甚兵衛の溜飲の下がる様子がこちらに伝わってこないんです。

千穐楽で疲れもあるでしょうし、枕で触れていた打ち上げのことも気にかかっていたのかも知れませんが・・・
後半の、甚兵衛がたたみかけて喋りながら小判を出す場面、もっと時間をかけて丁寧にやって欲しかったなぁ~。

心配した雨には降られませんでしたが、少しばかり澱を感じながら家路へ。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR