FC2ブログ

髪結新三 5/11

 5月11日(金)五街道雲助×柳家小里ん『髪結新三』 日本橋劇場

「髪結新三を聞くのだから、ここは鰹を食さねばならぬ」と、事前に「鰹のたたき」を予約しておいたさる老舗で家人と早めの夕食。

今夜の髪結新三は、小里ん師が前半を雲助師が後半を演ずるリレー形式。
最後半の深川富岡橋の場面は芝居仕立てだろう、と予測しながら木戸をくぐりました。

◆柳亭市助 『子ほめ』

◆柳家小里ん 『髪結新三』より『発端~永代橋川端』
ネタ下ろしと伺いましたがどうしてどうして、声といい佇まいといいすっかり噺に合っていました。
永代橋で新三が忠七を突き飛ばす場面は芝居掛。
これ、小里ん師の十八番になりますね、きっと。迫力満点の高座でした。

◆五街道雲助 『髪結新三』より『冨吉町新三内~深川閻魔堂』
いやぁ、凄かった。
登場する人物の描写が見事。
小悪の新三、大物然とした弥太五郎源七、家主長兵衛の狡猾。

長兵衛の啖呵、迫力ありましたなぁ。あれやられたら、そりゃ言うこと聞くしか仕方ない・・・と思いました。
最終盤、閻魔堂前の立廻りは附け打ちと糸が入り膝立ちでたっぷり。

跳ねた直後の家人の言葉。『落語だったの忘れてた』
私も忘れてましたョ。
素晴らしかった。

昨夜とは異なり、非常に爽快な気分で帰路へ。

Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR