FC2ブログ

国立9中昼 9/15

 9月15日(日)国立演芸場 昼席

主任伯楽師。菊志ん師そして世之介師登場。
これは見逃せないなぁ、と台風18号の影響を気にしながら三宅坂へ。


◆三遊亭しあわせ 『転失気』

◆金原亭小駒 『鷺とり』
もうあと一週間で龍馬師匠となる小駒さん。
いつもに増して力の入った高座。練れています。
あと気づいたのですが、以前の高座よりも表情が明るくなりました。
努めて笑顔の高座を、と意識しているのかな?
十八番の『鷺とり』、面白かったですねぇ。

◆古今亭菊志ん 『がまの油』
昨夜の古金亭と本日、二日連続で菊志ん師の高座に接しました。
今日もまた素晴らしい出来。

大変見事な“がまの油売りの口上”、痺れましたねぇ。
菊志ん師も口上の場面直後に『ちゃんと言えたぁ~』。
中手が入りました。

場面進んで、酔った様のそのまた凄いこと。
べろべろ。
もう立っているのがやっとの有様を見事に活写してくれました。
私、大道でこのしくじりを実際に見ているが如くの錯覚に陥った程です。
出色の一席。

◆丸山おさむ 声帯模写
コーラスグループのメドレーから、懐かしや田中角栄氏の物まね。
これ、台詞は現代の世相風刺になっているという凝った根多でした。
お開きはクールファイブそして藤圭子。

◆入船亭扇治 『堀の内』
扇辰師代演。
相当な壊れっぷりの粗忽者。
いやぁ、笑った笑った。好演。

◆桂 文生 『痛風教室』
演目は終演後に貼りだされた根多一覧より。
う~ん、歌謡漫談と病院風景漫談を二つ繋げたというもので、まとまった一つの噺ではなかったような。
仲入にはちと物足りないなぁ、と私は思いましたけれども、他のお客様はどう感じられたかしら。

~仲 入~

◆ホームラン
浮世亭とんぼ・横山まさみ代演。
この代演は、うむ~、残念。
浅草1下夜(1/29)以来、久し振りにあの脱力系で味のある高座を、と楽しみにしておりましたのに・・・。

まぁしかし、代演のホームランも好みのコンビ。大いに笑わせてもらいました。

いつもの根多の後、勘太郎先生がカラオケで歌い、たにし先生が当て振りの大外連。
恐れ入りました。

◆金原亭世之介 『星野屋』
『お花、この五十両で・・・』と始まった時に私、総毛立ちました。久し振りに聴く噺です。
世之介師、実に滑らかな調子で噺を進め、古き良き時代へ連れて行ってくれました。
お花もよかったけれども、重吉の人物造形が素晴らしかったですね。
怪談話の場面、面白かったなぁ~。
得した気分。

◆アサダ二世 奇 術
ここのところ掛け違って高座を拝見していませんでした。
最初は水を使った奇術を新聞とコーラ瓶で。
前列のお客様に一万円札を借りておいて、カード当て。ハートのエース、お見事。
これ、何十回も観ている筈なんですが、実に不思議だなぁ。なぜあの一枚が当てられるのだろう。
最後にお借りした一万円の“利息”の千円札を次々と手の中から。
久し振りに至芸を堪能しました。

◆金原亭伯楽 『井戸の茶碗』
最初は自著の紹介から。これ歴史語りにもなっていますので、私はいつも愉快かつ懐かしい心持ちで拝聴しています。
そして『真打ですから今日は何か人情噺を』と、お家芸『井戸の茶腕』へ入りました。

仏様から出てくる小判を『四十五両』としたのは、前方の世之介師が『五十両』を先に出していたからでしょうか。この為、後でちょっと辻褄の合わない場面があった様な・・・。

まぁ、細かい事は置いて今日もまた伯楽師らしくにこやかに、お目出たい噺を演ってくれました。
こう愉しそうに喋ってくれると、なにかこちらも恵比寿顔になっちゃいます。

約三月振り、6月5日の国立名人会以来の伯楽師の話芸に酔いしれました。


今日は丸山先生、文生師、そしてホームランと音曲が付いた印象。
その中で菊志ん師の『がまの油』は光りました。
世之介師、伯楽師も聴くことが出来て満足。

跳ねて外へ出れば日の差す空模様。
『な~んだ、晴れているじゃない』と、それでも急ぎ足で家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR