FC2ブログ

国立11上昼 川柳つくし 真打昇進披露 11/8

11月 8日(金)国立演芸場 川柳つくし 真打昇進披露興行

9月下席に始まりました落語協会2013年秋の真打昇進披露興行も、ここ国立演芸場で定席の締めくくり。
本日8日は夜席も開きまして、新真打勢揃いの顔見世興行も予定されています。
私、久方振りの“昼夜通し見”を決めこみ、三宅坂へやって参りました。

国立演芸場は平日の昼席ながらほぼ満席の盛況。凄いね。


◆金原亭駒松 『たらちね』

◆古今亭志ん吉 『子ほめ』
おっ、髪型を変えて長髪オールバックにしたのね。
『初七日?』、『冗談言っちゃぁいけねぇ』まで。

◆三遊亭歌る多 『松山鏡』~かっぽれ
流石の貫禄。噺家らしさと言いますか口調、仕種が自然です。
十八番の『松山鏡』お見事。

◆ホームラン 漫 才
東京オリンピック~職務質問~TVショッピング

◆柳家小さん 『幇間腹』
枕で幇間の説明をたっぷり。本編は茶屋場面から始まる寄席の尺で。
端正な楷書の芸を堪能しました。

◆林家木久扇 漫 談
歌丸~彦六~談志。

~仲 入~

◆真打昇進披露口上
上手より木久扇、川柳、つくし、川柳、小さん、歌る多
司会役は歌る多師。

披露興行も最後半ですから、口上もくだけたものになっています。その中、流石圓生師匠の弟子と言うべきか川柳師だけが大真面目な口上。好かったなぁ~。
木久扇師の音頭で三本締。

◆翁家和楽社中 太神楽
和楽、小楽、和助。
和助さんの土瓶、最後の蔓掛けが成功せぬまま終わる珍事。
ナイフ~大ナイフでお開き。

◆川柳川柳 『ガーコン』
今日も元気に唄います。
間に挟んだ世相風刺。これ宮崎駿氏の「風立ちぬ」から脱線した近頃の子供の命名についてでしたが、鋭いところを突きますなぁ。
『あたしは利子の利に男で利男ですが、読みを間違えられたことなど一度もありません』。ごもっともです。
ジャズシーンもたっぷり。大満足。

◆林家正楽 紙切り
鋏試し若駒、猫とうたた寝、侍ジャパン、七五三、助六
侍ジャパン、バッターボックスに立つ往年のスター大友柳太朗先生さながらの浪人、傑作。
最後の助六、切り損ねたとのことで出来上がってから一、二回鋏を入れていましたけれども、結局前座さんに紙を一枚持ってきて貰い、もう一度。
切り直しってのは初めて見ました。

◆川柳つくし 『不幸な時代』~来世頑張れ
格差社会の不条理に憤激した熟女、バターナイフを手に『大量殺人』を実行しようとしますが、タイムスリップして空襲警報の鳴る昭和二十年に、そして更には天正十一年、越前北の庄落城場面まで飛ばされ・・・
奇想天外。
少し生煮えの感あれども練ると相当面白くなりそう。
辞儀の後、前座さんにウクレレを持ってきて貰い、座ったまま漫談『来世頑張れ』。


『そう言えば三谷幸喜監督「清洲会議」、明日からだっけ』など思い出しながら一旦外へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR