FC2ブログ

国立11上夜 真打昇進襲名披露 11/8

11月 8日(金)国立演芸場 落語協会真打昇進襲名披露興行

国立演芸場、本日8日は一日限りの夜席で新真打勢揃い(残念なことに金朝師匠の出演がありませんけれども)の壽顔見世特別編成。
昼席から流連、と言いたいところですが、一旦外へ出て夕食。再び国立演芸場へ。


◆柳家さん坊 『牛ほめ』
うわぁ~少し見ぬ間に達者になったなぁ。
前座さん離れした高座。好演。

◆古今亭志ん吉 『手紙無筆』
二つ目さんを一日に二度観る機会はそうそう無いよなぁ、などと思いながら聴いていました。
堅実な高座。

◆五明楼玉の輔 『宮戸川』
小朝師でよく聴いたなぁ、『宮戸川』。
師匠直伝。お見事。

◆ホームラン 漫 才
東京オリンピックから入りましたが、昼席とはがらっと根多を替えて熱演。
お開きは勘太郎先生が唄い、たにし先生が踊る外連。愉快。

◆柳家喬志郎 『稲葉さんの大冒険』
いつもながら不思議な雰囲気の高座。
時折面白い描写もあり、何かを持っているのは確かだと思うのですが、こう噺の全体像が見えてこないのですねぇ、喬志郎師の高座からは。
まぁ、寄席に来るお客様で兄弟子喬太郎師の演る『稲葉さんの大冒険』を知らない人は少ないでしょうから、それでも良いのかなぁ?

◆三遊亭天どん 『初天神』
長屋から出ない“天どん版”『初天神』。
飴~ひよこ~凧。
ひよこも呑み込んじゃうのね。
他の噺も取り入れた所謂“掴み込み”があるので、演る場所の限られる噺です。面白いけれどもなぁ。

~仲 入~

◆真打昇進襲名披露口上
上手より喬志郎、キンチョール、天どん、龍馬、つくし、玉の輔
司会役は玉の輔師、横に四助を置いて気分は大喜利。抜けた金朝師の代わりにキンチョール、そしてその前に扇子。
折角若手だけで組んだのですから、もう一工夫欲しかったねぇ。残念。

◆翁家和楽社中 太神楽
和助さん“蔓掛け”今度は成功。

◆川柳つくし 『少子化対策』~来世頑張れ
川柳師が最も気に入っている噺、と前置きして入りました。
この根多はずっと掛けられそうですね。少子化問題の解決はしないでしょうから。
昼席と同じようにウクレレを持ってきて貰い、来世頑張れ。

◆柳家小菊 粋 曲
『現世で頑張ります。ウクレレの後は三味線でございます』
素晴らしい高座。
特に、都々逸から淡海節、気前がよくての流れ、聞き惚れました。

◆金原亭龍馬 『大工調べ』
縞の着物を着て上がってきましたので、これは古今亭のお家芸がくるかな?と期待しましたら、案の定『大工調べ』。こんな瞬間が楽しいんですよ、寄席は。

矢来町型。志ん輔師からかな?
案外と与太郎は巧いのね、出来ています。対して政五郎は今一つ。
寄席ですから啖呵で下げるかと思いましたけれども、あの啖呵で終わることは出来ませんな。速度感が足りません。
お白州までたっぷり。大岡越前は好かった。してみると啖呵を磨き上げたならば・・・
期待しています、龍馬師匠。

降りた緞帳の中から聞こえる手締を背に、ふと場内の時計を見れば9時25分。
随分押していたのだなぁ、と独りごちながら上着の襟を立て、家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR