FC2ブログ

PAUL McCARTNEY ポール・マッカートニー 11/21

11月21日(木)PAUL McCARTNEY OUT THERE JAPAN TOUR 東京ドーム

昔々1990年のストーンズ公演やポールの前回2002年公演などの経験から『ドーム公演には散々懲りている』筈なのになぁ~。
情報を耳にすると我慢が効かずに申し込んでしまうのね。しょうがないね、全く。

今回は『 JAPAN TOUR LAST SHOW 』となる本日21日の一枚だけを申し込んで『きっと当たらないから』と言っていましたら、まさかの当選メール。あれ、雲助五拾三次『緑林門松竹』の翌日だったなぁ~。
暑い午後、おっとり刀で発券に赴いたのを思い出します。

という訳で、今夜は独りで東京ドーム。
“ポール・マッカートニー アウトゼア・ジャパンツアー”へとやって参りました。

席はと言えば一塁側一階スタンドの中段。一塁ベースは遠く、むしろライトポールのご近所。
思ったよりステージに近く、これまでの『ドーム経験』では最良席でした。
これなら双眼鏡に頼らなくても何とかなりそう。残る懸念は周りのお客様の『合唱』のみ。
と言いながら自分もつい口ずさんでいたりしますのでねぇ、油断がなりません。
さぁ、楽しもう。

いやぁ、凄かったなぁ~。
7時20分前後から10時までぶっ通しの2時間40分。
セットリストは次の通り。

・Eight Days A Week
・Save Us
・All My Loving
・Listen To What The Man Said
・Let Me Roll It~Foxy Lady(instrumental)
・Paperback Writer
・My Valentine
・1985
・The Long And Winding Road
・Maybe I'm Amazed
・I've Just Seen A Face
・We Can Work It Out
・Another Day
・And I Love Her
・Blackbird
・Here Today
・NEW
・Queenie Eye
・Lady Madonna
・All Together Now
・Lovely Rita
・Everybody Out There
・Eleanor Rigby
・Being For The Benefit Of Mr. Kite!
・Something
・Ob-La-Di, Ob-La-Da
・Band On The Run
・Back In The U.S.S.R.
・Let It Be
・Live And Let Die
・Hey Jude

アンコール1回目
・Day Tripper
・Hi, Hi, Hi
・Get Back

アンコール2回目
・Yesterday
・Helter Skelter
・Golden Slumbers~Carry That Weight~The End.

ブロックの右端で隣は通路という良席でしたので、前の席の方が立ち上がっても、私は座ったままステージが見通せたのがありがたい。

一生懸命日本語でMCを務めたポールのプロ意識に拍手。
素晴らしい時間を過ごしました。

さぁ、こちらはポールより年下なんですから益々頑張らなければ、などと思いながら家路へ。
元気貰いました。




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR