FC2ブログ

国立12中昼 12/11

12月11日(水)国立演芸場 昼席

国立演芸場12月中席は、主任古今亭志ん輔師、仲入柳家小満ん師、
更に脇には蔵之助師、左龍師と『私の夢の寄席』の様な顔付け。
昼席と言えども見逃せません。
心なしか、まだ朝の冷え込みの残っている昼下がり、三宅坂へ初日見参。


◆古今亭半輔 『一目上がり』
豊かな表情で明るい高座。結構でした。

◆古今亭志ん八 『魚男』
“釣り好きの八百屋さん”という設定も面白いですけれども、
その奥さんとの会話もまた愉快な新作。楽しかったですねぇ。

◆古今亭志ん丸 『子ほめ』
う~ん。この根多選択どうなのだろう。
『子ほめ』を聴かぬ日はない、と言う定番の前座噺を新進気鋭の真打が掛けて客席が喜ぶかしら。

◆東京ガールズ 音曲バラエティー
娘道成寺の連弾、聴き惚れました。

◆橘家蔵之助 『佃島』
珍しい根多。近頃演りにくい種類の噺とも言えましょうか。
江戸お台場沖で海釣りの舟が、天候の急変によって流され“大波に乗って”辿り着いたのが
どうも南米らしきところ。
赤銅色の肌の現地人に“日本人です。敵意はありません”と一生懸命に説明しますが・・・
蔵之助師ならではの軽やかな高座。
好演。

◆柳家小満ん 『王子の幇間』
鼻つまみ者の野幇間平助が、旦那一家に逆ねじを食らう八代目の十八番を
お弟子さんが高座に掛けてくれました。
お見事。

~仲 入~

◆伊藤夢葉 奇 術

◆柳亭左龍 『初天神』
初席へ向けて口慣らしの意味合いもあるのかな?十八番を掛けてきました。

金坊の目線の動きで親子が歩いている様子を動的に表現しました。
店を見ながら歩く金坊の目が流れる訳です。これ中々の見ものでしたねぇ。
駄々こねも、その大きな眼を存分に活かしての独自の描写。
面白かったなぁ~。

◆ロケット団 漫 才
『一つ疑いだすと次から次へと疑念が増すこと』
『疑心暗鬼!』
『不正解です。正解は猪瀬直樹』
これには客席大笑い。
ちゃぁんと韻を踏んでいるのも流石。
お馴染みの根多ながら、絶妙の間で笑わせてくれました。好高座。

◆古今亭志ん輔 『二番煎じ』
一気に寒さの増した感じの今日にぴたりの根多。
その寒さの表現が何ともお見事。
手を擦る、耳を手で覆う、その念の入った仕種、そして表情。凄かったですねぇ。
夜回り風景はやや刈り込んで、各人の芸を少しずつ“触り”を披露するにとどめました。

そして番小屋での酒盛り風景がまた圧巻。
剽軽な会話の遣り取り。
燗酒が喉から腹へ入っていく感じ。
巧かったなぁ~。

猪鍋を食べる仕種も絶品もの。
煮えた葱、食べたくなりました。

見回りの役人は少しくだけた雰囲気ながら、威厳を保って『もう一杯注げ!』
しかし、全員がほぼべろんべろんに酔ってしまうこの“志ん輔師型”いささか心配になりますね、火の始末が。

寄席の尺に刈り込んで、滑稽味に寄った『二番煎じ』。愉快、愉快。
至芸を存分に堪能しました。


跳ねて劇場への登り坂を歩きながら『来て良かったなぁ~』と独り言。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR