FC2ブログ

劇団四季 ふたりのロッテ 12/22

12月22日(日)ふたりのロッテ 自由劇場

『小屋に付いている』などと言うと、まるで“ファントム”の様ですけれども、私はこの自由劇場での観劇が大好き。
冬休み間近の週末、ファミリーミュージカル『ふたりのロッテ』へやって参りました。


出演者は次の通り。

○ロッテ 高橋伶奈 ○ルイーゼ 吉良淑乃
○パルフィー氏 勅使瓦武志 ○ケルナー夫人 坂本里咲 ○ムテジウス校長 秋山知子
○ウルリーケ先生 染谷早紀 ○ペーター先生/ペルナウ編集長 谷部央年
○アイペルダウワー 中嶋 徹 ○シュトローブル博士 井上隆司
○イレーネ 恒川 愛 ○レージ 大橋伸予

小松真美・羽田沙織・若松小百合・澁谷陽香・中山理沙
岩本有花・高水彩圭・滝沢和貴・高畠あかり・小幡朱理


坂本、秋山が圧倒的存在感を発揮。
私、坂本が真相を知った際(ミュンヘン~ウィーンの電話場面)に発した『ひとフレーズの台詞』に心を揺さぶられました。
一言に魂を込め、それを客席へ正確に伝えることが出来るのですねぇ、凄いね。

秋山の歌唱も見事。
主役二人の歌唱はやや安定感に欠ける場面も散見されましたけれども、秋山の素晴らしい歌声で帳消し、と言ったところ。

勅使瓦はいつもの飛び切りの笑顔と難しい顔とを上手に演技。
実にこう和むのですよね、舞台上も客席も。勅使瓦の笑顔で。
レージ役の大橋伸予の姿も印象に残りました。

カーテンコールの後、出演者全員が先にロビーへ出てお見送りの演出。私も出演者の何人かと声を交わしながら外へ出ました。

いやぁ、面白かったなぁ。もう一度観たいけれども、まだチケットあるかな?



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:2 

Comment

napua URL|
#- 2013.12.24 Tue06:45
感動の様子が、よくわかります。
今度は、是非ご一緒に。
サプライズもあって良かったです
喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう) URL|コメントありがとうございます。
#- 2013.12.24 Tue11:11
ファミリーミュージカルながら、脚本、音楽ともに秀逸。
さらに主役級大看板の揃い踏み。見応えのある舞台に仕上がりました。
これを見逃す手はありません。
『是非もう一度』と年明けのチケットを予約しました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR