FC2ブログ

白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 2/13

 2月13日(木)白酒ばなし 桃月庵白酒独演会 にぎわい座

毎年の “私的恒例行事” がようやく一段落。
『さぁ今夜は肩の凝らない噺で大いに笑いましょう』と、にぎわい座 “白酒ばなし” へやって参りました。


◆三遊亭わん丈 『蝦蟇の油』
ひと味違う “新版蝦蟇の油”
最初に演った “古典版” の口上もお見事でした。

◆桃月庵白酒 『猫と金魚』
雲助師匠の愛犬 “麿” とお弟子さん達の関係など面白おかしい挿話を含む長めの枕から、くだけた雰囲気で本編へ。
『濡れ鼠』はすかして『またたび(股旅)』で下げる二度落ち(二段落ち)。私などは嵌まったクチで、本当にかくっと来ました。

◆桃月庵白酒 『紙入れ』
白酒師の演ずる女将さんは、半ば脅迫しながら迫ってくるのが怖いですね。
私、新さんに同情しながら聴いていました。

~仲 入~

◆柳家小権太 『不動坊』
来月下席真打昇進、おめでとうございます。
日中は定席等への挨拶廻りで忙しかったとのこと。嬉しい悲鳴と言ったところでしょうか。
おそらく披露目での主任根多のお浚いでしょう。師匠の十八番をたっぷり。

◆桃月庵白酒 『今戸の狐』
小権太さんが長めに演りましたので『比較的短い噺で跳ねるかしらね』と思いの外、骨と賽を仕込んでおいてお家芸の『今戸の狐』。
説明的になりがちな噺ですけれども、上手に会話場面を挟みながら淀みなく進めました。
博打打ちの兄ぃの人物造形が素晴らしかったなぁ。好高座。


跳ねて家人と二人歩きながら『やはり気楽に笑わせてくれるのが一番いいね』と意見一致。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR