FC2ブログ

鈴本6上夜 6/7

 6月 7日(木)鈴本演芸場 夜席
『ちょいと若旦那ぁ!』

雲助師ネタ出し興行の七日目。
昨夜の「菊江の仏壇」も聴きたかったのですが、
先に白酒師独演会のチケットを購入済みでしたのでそちらへ。

今夜は「お富与三郎~玄冶店」

「人形町らくだ亭」(4/2)の玄冶店~稲荷堀(雲助師~小満ん師)を家人は都合がつかず観ることが出来なかったのですが、帰宅した私がその「雲助ワールドっぷり」を語ったところ、次の機会は是非にもと言うことに・・・。
幸いにも日を置かずしてその好機が訪れました。
私もまた「お富与三郎」を楽しめるなんて大歓迎。浮き立つ気分で上野鈴本へやって参りました。

林家けい木 道具屋
三遊亭天どん ドライブスルー
柳家三三 釜泥
鏡味仙三郎社中 太神楽
三遊亭小円歌 三味線漫談
入船亭扇遊 道灌
桃月庵白酒 粗忽長屋
桂南喬 富士詣り

~仲 入~

ホームラン 漫 才
蜃気楼龍玉 鮑熨斗
伊藤夢葉 奇 術
五街道雲助 お富与三郎~玄冶店

◆扇遊 『道灌』
前座噺も実力者が演ずるとこんなに面白いのだと思い知らされます。
粋な高座でした。

◆白酒 『粗忽長屋』
「たたみかける調子」で引っ張っていく粗忽長屋や壺算といった系統の噺を白酒師が演ずると、
本当に噺へ釣り込まれますね。
お見事。

◆南喬 『富士詣り』
前にどこでどの師匠で聴いたのか思い出せません。珍しい噺を掛けてきました。
上品ながら存在感抜群の高座。

◆龍玉 『鮑熨斗』
いつも感ずるのですが、龍玉師は女性を演ずるのが上手だなぁ。
細かい仕種も勿論なんですが、喋る時に座り直す感じとか、所作が丁寧なので
自然に噺へ入り込めちゃいます。

◆雲助 『お富与三郎~玄冶店』
地噺で日本橋~木更津の顛末をさらいながら噺へ入っていきました。

お富の崩れた感じ(泥水を飲んできた女のしたたかさ)が次幕の展開へ繋がっていく訳ですが、
今夜は次の幕がないのにもかかわらず雲助師は丁寧に演出されていました。

蝙蝠安、目玉の富八の悪党っぷりも見事。
なんだか赤面に砥の粉塗りしているように見えました。

与三郎も決まっていましたなぁ。

いやぁ~、言うことなし。
恐れ入りました。

帰り道、「与三郎が可哀想」と家人。
次の幕じゃもっと可哀想なんだけど・・・

師匠、また今度近いうちに通しでお願いします、
などと都合の好い願いを飲み込んで家路へ。


Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR