FC2ブログ

国立6上昼 6/7

 6月 7日(土)国立演芸場 昼席

国立演芸場上席七日目。主任金馬師、仲入に馬風師。

下手前方の非常口が開いているのを初めて拝見しましたので、
係の方に『どなたかいらっしゃるの?』と問いましたら『目のご不自由な方が団体で・・・』とのこと。
間もなく白杖を手にされた方々、そしてお手伝いの方たちが下手ブロックへ座られました。
皆さんお楽しみのご様子で、こちらも和みました。

◆柳家圭花 『道具屋』
高座返しなど仕事をされている姿は良く見掛けるのですが、噺はしばらく振りじゃないかしら。
歯切れよく快調な『道具屋』、好演。

◆柳家さん光 『浮世床』
一昨日と同じ根多ですが、進化して抜群に面白くなった感じ。
会話の “間” が好かったですね。愉快な高座。

◆川柳つくし 『十低の男』
一昨日気になった学歴場面は『では大卒を跳ねまして』と表現を変えて演っていました。
後半 “少しだれたかな?” と感じましたけれども、全体的に練れた印象。面白かったですね。

◆花島世津子 奇 術
こちらも一昨日と同じく縛られた世津子先生が、何故かお客様の上着を着て再登場という奇術。
今日高座へ上がったお客様、中々愉快な表情で盛り上げてくれました。
しかし不思議だなぁ。

◆三遊亭吉窓 『ぜんざい公社』
国立でこの噺は “禁演” じゃぁなかったの?
丁寧な演出でお役所仕事を痛快に笑い飛ばしました。
こうして楷書で演ってくれますと、なぜこの噺が創られたのか良く理解出来ますね。
今日の踊りは “なすかぼ”
大きな送り手でした。

◆鈴々舎馬風 漫 談
村田英雄の “男の一生” から “ひばりメドレー” そして “カエルの体操” まで唄う大サービス。

~仲 入~

◆林家木久蔵 『金明竹』
出の時に馬風師がパンツ一丁で顔出し。
『馬風師匠のおかげで真打になった木久蔵です』
落ち着いた雰囲気の『金明竹』。流石に真打、と言ったところ。

◆古今亭志ん橋 『熊の皮』
夫婦の枕でしたので一昨日と被るかと思いましたけれども
甚兵衛さんが大八車を引いて帰ってきて『熊の皮』へ。
至芸を堪能。好高座。

◆大空遊平・かほり 漫 才

◆三遊亭金馬 『品川心中』
非常に丁寧な噺の進め方でたっぷりと。
金馬師も仰られていましたけれども、廓噺は特にねぇ、判りにくくなってきましたから・・・
今日の様な演じ方も有効かも知れません。
会話の合間に地噺で説明を入れる感じなのですが、違和感なく入り込めました。面白かったなあ。


跳ねて木戸で『あれ?傘が・・・?』
傘立ての位置を変えちゃったのね、入場時と退場時で・・・。だいぶまごまごしました。
ようやく “発見” した傘は差さず、庇を頼りに大劇場方面へ。
うむ、今日も満足。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR