FC2ブログ

国立6上昼 6/9

 6月 9日(月)国立演芸場 昼席

国立演芸場上席九日目の主任は、さん喬師。
仲入に金馬師登場。

◆入船亭ゆう京 『一目上がり』
前座さんの高座とすればほぼ満点なのではないかしらん。
好演。

◆柳家小んぶ 『家見舞』
声質が良いですね。
余裕を感じさせる高座。
好みの噺ではないのですけれども、中々面白かったなあ。

◆柳家小せん 『馬大家』
つくし師代演。
十八番を掛けました。流石の出来。

◆花島世津子 奇 術
何回みても『不思議』。
縄を解いているにしては時間が短いですしねぇ。

◆三遊亭吉窓 『狸札』
今日の踊りは “ずぼらん”
踊りながら下がりました。

◆三遊亭金馬 『鹿政談』
お白州の場面、奉行の侍言葉が流石の貫禄。
噺の “聴かせどころ” を押さえれば他の場面は略筆であっても風味を損なうことはないのだ、と思い知らされます。好高座。

~仲 入~

◆林家木久蔵 『金明竹』

◆古今亭志ん橋 『のめる』
快調に噺を進め、下げで本当に愉快な感じで会話のまま『差っ引きだぁ~』。
こうして下げで素に戻らないのが私の好みです。面白かったなぁ。

◆大空遊平・かほり 漫 才
後半の根多を入れ替えてきました。
これが奏功。かなり笑いをとりました。

◆柳家さん喬 『百川』
文句なし。
登場人物の描き込みが見事。
会話が生きています。


『さん喬師匠、雨が降っていると言っていたなぁ』と独りごちながら木戸を出ましたら、あれれ、日が差していますよ。
まぁ、間の良い事。と得した気分。
金馬師、志ん橋師、さん喬師の好高座を反芻しながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR