FC2ブログ

花形演芸会スペシャル 受賞者の会 6/18

 6月18日(水)花形演芸会スペシャル 受賞者の会 国立演芸場

梅雨空を仰ぎ見ながら国立演芸場の花形演芸会スペシャルへ。
今夜は扇辰師を客演に迎えての受賞者の会。主任は大賞受賞の吉弥師。
仲入には一昨年度及び昨年度の大賞受賞者且つ今年度は金賞の一之輔師。
超満員の入り。


◆柳家さん坊 『牛ほめ』

◆蜃気楼龍玉 『強情灸』
今夜の会は根多出しがされておらず、何を掛けるか “お楽しみ” でしたけれども、開口一番『銀賞の蜃気楼龍玉でございます』と演って客席を和ませ、さっと本編へ入りました。
笑いどころ沢山のこの噺の中でも私のお気に入りは、番号札を譲ってくれた女性の年齢を推測する場面。
『化粧していたから・・・』、『戸籍を洗うと五十(六十だったかな?)』、『化け物だぁ』
今夜も大笑い。好高座。

◆三遊亭萬橘 『ん廻し』
龍玉師と同じ様に『銀賞の・・・』と演ったのですが、二番煎じは否めず掴み損ねました。
ここから挽回していくのだから凄いね。
切り替えて本編へ入るともう独擅場。
客席を大いに笑わせました。素晴らしい高座。

◆U字工事 漫 才
いつもの様に息の合った遣り取り。
このコンビの強みは聞き飽きが来ないことですね。
これはおそらく、笑わせようという作為的な台本を採用せず、実際にありそうな現実性を帯びた話題から笑いを取ろうとしている所為ではないでしょうか。
今日も面白かったなぁ。

◆春風亭一之輔 『新聞記事』
いつもの様に余裕綽々の雰囲気。
さらっと演っても一之輔師の高座は独特の味わいがありますね。流石の出来。

~仲 入~

◆平成二十五年度 花形演芸大賞 贈賞式
茂木七左衛門理事長の洒脱なご挨拶、そして贈賞。
吉弥師、且つて同じく大賞を受賞した師匠の吉朝師の名を出して『師匠に少しは恩返し出来たかな』と感激の体。
聞いているこちらも少し潤みました。

◆入船亭扇辰 『麻のれん』
夏の定番噺ながら、扇辰師の他では近年聴いた覚えがありません。喬太郎師は持っているのかな?
自信満々、強情な杢市を好演。

◆ポカスカジャン ボーイズ
五回目の金賞受賞とのこと。色物さんでは大賞は無理なのかな?

今夜は後方の座席でしたので、高座を俯瞰する様に鑑賞出来ました。
まあ、それだけ “冷静に” 観ることが出来たのでしょう。
演奏のみならずコーラスも素晴らしいのだなぁ、と今更ながらに再認識させられました。
『泳げミッシェル』、『Let It Be 隠れん坊』でお開き。お見事。

◆桂 吉弥 『天狗裁き』
『地獄八景』を演るかと思いましたけれども、今夜は明るく『天狗裁き』でお開き。
好い高座でした。
私、『良かったね!』と声を掛ける様な心持ちで聴いていました。


跳ねて家人が『今日は全部が素晴らしかったね』
同感しながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR