FC2ブログ

国立7中昼 7/17

 7月17日(木)国立演芸場 昼席

国立演芸場中席七日目


◆三遊亭わん丈 『子ほめ』
御隠居の風情が上手に描けています。
会話描写も自然体で、すぅっと噺へ引き込まれました。

◆柳亭市弥 『芋俵』
前半、少し硬かったかしらね?
下げへ向けての終盤は調子を取り戻した感じ。愉快な高座。

私、初日に観た折にはうっかりしていたのですがこの芝居、東日本大震災の被災者の方々をご招待しての慰問公演でもあるのですね。
今日一階で開場待ちをしていまして、いつもと様子が違うので気づきました。

そんな事で、初めて寄席へいらっしゃるお客様が多かったのでしょう。
この二つ目枠の時間となってもざわざわとした雰囲気。若干高めの私語なども聞こえました。
高座の出来は好かったのに、客席の反応が鈍かったのはお気の毒。
今日のお客様で『芋俵』は、ちと辛かったのかも知れません。

◆柳家小せん 『一目上がり』
解りやすい演目を手堅く。
繋ぎに徹した感じ。こういう引いた高座、好きだなぁ。

◆江戸家小猫 ものまね
初日とは根多を入れ替えてシマウマなども。手長猿の遠吠えでお開き。
観察力に優れていなければ物真似は出来ないでしょうけれども、客席を見極める眼力も確かな物を持っているのね。
反応の好い根多を長めに演って大いに沸かせました。
“じっくり聴かせる” から “驚かせる” への切り替え、お見事。

◆柳家小のぶ 『粗忽長屋』
独特の表情、勘所での仕種や発声で練達の芸を惜しみなく。
それと小のぶ師匠は刈り込みが巧みですね。実に自然な繋ぎで噺を進めました。
“抱いている俺” の困った表情が誠に愉快。好高座。

◆柳家小里ん 『二階ぞめき』
今日は一つ皆様を吉原へ御案内しようと・・・と切り出して葺屋町から新吉原への変遷を含め丁寧に “解説”
冷やかし、素見、素見物も古川柳を織り込みながら仕込み “蛙の女郎買い” を挟んで本編へ。
言うことなし、堪能したなぁ。素晴らしかったです。

~仲 入~

◆橘家圓十郎 『禁酒番屋』
なんと板付。下がる時にも幕を降ろしました。
袴姿でしたし、ひょっとして足を怪我された?

番屋のお侍の描写が秀逸。
先ず “水カステラ” で気分が高揚し、次の “油” 場面では相当に酔いの回った感じ。
下げの “小便” ではべろんべろん。
口調と目の座り方で見事にその様子を描写してくれました。好演。

ここまで書いて思いあたりましたが、お馴染みの掴み『よいしょっと、どっこいしょっと』が演目と付くので
それで敢えて板付にしたのかも知れません。

◆五明楼玉の輔 『紙入れ』
いつもと変わらぬ飄々とした高座。
今日のお客様にぴたり嵌まった印象です。

◆柳家小菊 粋 曲
都々逸は抜いて昼席らしく “健康路線” で “寄席スタンダードナンバー” も復活。
後半は “さのさ” を役者尽くしで遊び “両国風景” でお開き。
贅沢な時間でした。艶やか!

◆柳亭市馬 『船徳』
若旦那、勘当、と枕を振って船宿の二階、若旦那と親方の会話場面から。
船頭連中の失敗りは “舳” と “喧嘩”
最後に “それじゃ、女将さんの行水を皆で覗いたあの事” と来たのには大笑い。

若旦那が鉢巻で見得を切る場面、どこかで観た様な・・・と思いましたら、一昨年の6月鈴本の雲助師『ちょいと若旦那ぁ!』特集での『船徳』でした。
更に棹を振り回して形を作る若旦那。
その大袈裟な所作に客席爆笑。

徳兵衛が船上から声を掛ける“竹屋の小父さん”などは “大丈夫かぁ~い” の後、念仏を唱えるなどもう笑いどころ満載。
蝙蝠傘一件もまた “石垣に五本も六本も” とこれは志ん輔師も演っていましたっけ? 笑わせてくれます。煙草場面も入りました。

かなり参ってきた徳の『大きな船が来たら避けて下さい』の台詞から場面がさっと大桟橋へ切り替わり、下げは『柳橋まで船頭ひとり雇って下さい』

笑いどころ沢山に纏めましたが、反面夏の蒸し暑さの表現は薄まりました。
どこに重きを置くのかで噺の印象ってがらりと変化するものだなぁ、と再認識させられましたねぇ。
今日は季節感云々よりも、色白で華奢な若旦那を中心に滑稽味に寄せた演出。
この型も面白いし、なにより今日のお客席にはぴたり。好演。


力の入った好高座揃いに満足至極。
恵比寿顔で家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR