FC2ブログ

古今亭菊之丞独演会 9/14

 9月14日(日)古今亭菊之丞独演会 にぎわい座

日曜日の昼席と相成りました古今亭菊之丞師の独演会。
今日は『死神』、そして十八番の『法事の茶』と触れられております。
まさに正真正銘の秋晴れを愛でながら、にぎわい座へ。


◆柳家圭花 『たらちね』
面白かったです。

ただ、客席で鼾の方がいらっしゃって・・・

うむ~、困りますなぁ。
この雰囲気が圭花さんの高座のみならず、今日の全高座に影響した感じ。

◆古今亭菊之丞 『法事の茶』
六代目中村歌右衛門丈に始まり、文楽師、圓生師、正蔵師、圓菊師、談志師と懐かしい高座のさわりを再現。
出たり入ったり大変ですね。
それぞれの出囃子を楽しめるのも嬉しいなぁ。
好演でした。

~仲 入~

◆古今亭ちよりん 『真田小僧』
男仕立の着物で登場。
愉快な表情で進めます。

演者ご本人、そして他のお客様はどう感じられたか判りませんけれども、掴みの客席への呼び掛けは不必要なのでは?

◆古今亭菊之丞 『死神』
着替えて黒紋付に袴姿。
金に困って方々の借りが払えず、女房にどやしつけられる場面から。

死神に出会い、教えて貰った呪文は『あじゃらかもくれんデング熱・・・』

医者の看板を出した直後、一人の患者を救って・・・
上方行きそして江戸へ帰ってきてからの困窮振りは地で進めました。
少し駆け足気味?かな?

死神を騙す病間の情景。ここも割合あっさり目。
ここは、もう少し死神の様子を詳細に描いて欲しかったですねぇ。
圓生師の『死神の眼が爛々と光ると病人がう~んう~んと唸って苦しみ・・・』なんてね。

しかし続く洞窟場面は凄かった。
『死ぬよ~、繋がないと』と繰り返す死神の気味の悪いこと。
怖かったなぁ。

下げは少し捻った形。そして仕種落ち。そのまま緞帳を下ろし、打ち出し。

菊之丞師、今日は『完全版』というか、もっと長い尺の版を用意していたのではないかしらん。


2時開演、3時40分終演。
何かもやもやした気持ちを解消出来ぬまま家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR