FC2ブログ

らくご街道 雲助五拾三次 -慕情- 10/15

10月15日(水)らくご街道 雲助五拾三次 -慕情- 日本橋劇場

雲助五拾三次、第十九宿 -慕情- 。
雲助師『九州吹き戻し』が根多出しされています。


◆柳亭市助 『一目上がり』
五拾三次ではここのところ高座へ上がる機会を得なかった市助さん、久し振りの顔見せ。
ふっと間へ挟むくすぐりが大変愉快。
快適な調子でした。好演。

◆五街道雲助 『駒長』
お家芸の『駒長』から入りました。
お駒の描写は比較的あっさりながら「喧嘩の稽古」場面での微妙な表情、口調の変化は流石の表現力。
丈八、余り喋らなかったかな?少し短縮版だったのかしらね。
寝過ごした長兵衛が誰も居ない我が家へ打ち込む図が愉快。

◆五街道雲助 『電話の遊び』
下がらず続けて、これは珍しい『電話の遊び』。
最初の唄で中手が入りましたが、これは下座の姐さんへの手。
はめものとの息もぴたり、お見事。
面白かったなぁ。

~仲 入~

◆五街道雲助 『九州吹き戻し』
この噺も『電話の遊び』と同じく『月極十番』で聴いたことのある演目。
こんなに短かったっけ?
雲助師、明るくまとめてくれました。
好高座。


跳ねて家人と『軽めの噺で楽しめたね』など語り合いながら家路へ。
いやぁ、いい会だったなぁ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR