FC2ブログ

鈴本10下昼 10/23

10月23日(木)鈴本演芸場 昼席

鈴本10下は昼席白酒師、夜席喬太郎師と人気者二人の揃い踏み。
但し今日は白酒師休席、代跳一之輔師と触れられています。
いつもの様に、長い鑑賞歴を持つ友人と二人旅。上野の森美術館の北斎展を観覧してから鈴本へ。


三遊亭歌実 子ほめ
初音家左吉 転失気
松旭斎美智・美登 マジック
古今亭志ん陽 壺算
三遊亭歌武蔵 相撲漫談
ロケット団 漫 才
入船亭扇遊 初天神
川柳川柳 ガーコン
ペペ桜井 ギター漫談
隅田川馬石 替り目

~仲 入~

すず風にゃん子・金魚 漫 才
古今亭菊太楼 強情灸
橘家文左衛門 目薬
ストレート松浦 ジャグリング
春風亭一之輔 妾馬


◆左吉 『転失気』
大変真面目な高座。
その為、少し語り口調が硬い感じですね。もうちょっとくだけても良いのでは?
それと、珍念がもっと極端に弾けて面白がるなど、噺のどこかに盛り上がりが欲しい様に思いました。

◆志ん陽 『壺算』
騙しよりも困惑へ重きを置いた演出に好感。
志ん陽師の高座へ接するときにいつも感ずるのですが、志ん陽師はその “噺の時代” へ連れていってくれるのですよね。それもごく自然に。
好高座。

寄席の香盤ってのは流れを良く計算して組まれているのだなぁ、と実感します。
この志ん陽師、そして次の歌武蔵師で客席がすっかり温まりました。

◆ロケット団 漫 才
『疑いだすと・・・』の四文字熟語は “小渕優子” 。
お馴染みの根多ではありましたが、相変わらず客席をひっくり返しました。

◆扇遊 『初天神』
ロケット団を受けた訳でもないでしょうが『松島さんは追及したくなり、小渕さんは理解してあげたくなる』。

飴~団子屋。
金坊とお父っつぁんの自然な会話に引き込まれました。好演。

◆川柳 『ガーコン』
袴姿で登場。
この出番では漫談か?と思いきや、 “大東亜決戦の歌” を皮切りに十八番を繰り出してくれました。

素晴らしい歌声、衰えを見せません。
そして “茶色の小瓶” お見事。
ラッパ、ベース健在。客席大うけ。
川柳師、送り手に応えて右手を上げ、その手を振りながら下がりました。

◆馬石 『替り目』
数え唄を割愛して入り、うどん屋まで演りきりました。
酔い方は『まだ呑み足りない感じ』で、白酒師の演出よりも相当しっかりした酔っ払い。
おそらくこれは『元帳』で下げるのか、或いは『替り目』まで演るのかで酔い方を違えるのだろうなぁ。
好演でした。

◆菊太楼 『強情灸』
菊志ん師の弟弟子で文菊師の兄弟子にあたる菊太楼師匠。

湯屋の熱湯我慢から入りましたが、この描写が抜群に巧い。客席をぐっと前のめりにさせましたね。
峯の灸場面は略筆。
兄ぃの熱さ我慢、意地の表情描写に演出の山を持って来ました。
地味な印象ながら本寸法の好高座。

その兄ぃが艾を出す時に、袋を逆さにして畳の上へ出す素振りをしましたけれども、これは違和感を覚えました。
ここは、手を上下させ切り込みから摘み落とす、またほぐし落とすのが本当でしょう。

◆文左衛門 『目薬』
十八番の『手紙無筆』かと思いましたけれども、今日は同じ “無筆もの” でもこちらへ。
客席に女性が多くいらっしゃっていたので、切り換えたかな?
抱腹絶倒の面白さ。お見事。

◆一之輔 『妾馬』
文句なし、素晴らしい出来。
人物造形がしっかりしているので、聴いて疲れることがありません。
安定感抜群。好高座。
座布団を横へ除け丁寧な辞儀で送り出してくれました。


跳ねて友人と『北斎展も混んでいたけれども、こっちも満員だったね』
『北斎から流れて来たのかな』
『まさか。そりゃ僕達だけじゃない?』
など語り合いながら帰路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR