FC2ブログ

2012年 6月 鑑賞記録

6月
◯ 2日(土)劇団四季 アスペクツ・オブ・ラブ 恋はすべてを変える  自由劇場
◯ 6日(水)桃月庵白酒独演会  にぎわい座
◯ 7日(木)鈴本 夜席 ちょいと若旦那ぁ! 主任 雲助  鈴本演芸場
◯ 8日(金)鈴本 夜席 ちょいと若旦那ぁ! 主任 雲助  鈴本演芸場
◯ 9日(土)鈴本 夜席 ちょいと若旦那ぁ! 主任 雲助  鈴本演芸場
◯10日(日)鈴本 夜席 ちょいと若旦那ぁ! 主任 雲助  鈴本演芸場
◯14日(木)人形町らくだ亭 さん喬、新治、一朝  日本橋劇場
◯21日(木)桂ひな太郎独演会  鈴本演芸場
◯29日(金)円丈十番勝負 第一回 ~怪談噺対決~ 円丈、雲助  日本橋社会教育会館







Tag:月別  Trackback:0 comment:2 

Comment

あけちょう URL|
#- 2012.07.02 Mon12:05
何時も、ご苦労様です
しかし、管理人さんの、最近の感動ぶりを、見ますと…雲助師匠は、今一番脂がのってるみたいですね
年齢的にも、調度いいし…大体芝居仕立てな、感じだと雲助さん、上手いよね
顔の感じとか、声の調子とか…(笑)
確か先週末、テレビで『妾馬』やってたね
中々な、出来でしたよ
先代も、きっと雲助って名前つけたの…反省してると思うよ(笑)
喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう) URL|コメントありがとう存じます。
#- 2012.07.03 Tue14:31
コメントありがとう存じます。
名前の来歴は詳しく存じませんが、確か雲助師ご自身が選択されたと伺いました。
あけちょうさんのおっしゃるように、芝居掛での身体の捌きや目線の動き、もちろんその口調、
どれをとっても雲助師は優れていると思います。

この三月十四日、雲助一門の「双蝶々リレー口演」で雲助師は「権九郎殺し」を芝居掛で演じ、
最後は着物の裾を端折って花道を駆け抜ける外連をしてみせました。
翌日は同じ日本橋劇場で「長講三人の会」があり、前夜の興奮さめやらぬままの私は
『今日出演のさん喬、権太楼、桃太郎各師が尻端折りしても、田植えにしか見えないものなぁ~』と
しみじみ感慨にふけったことを、思い出しました。
噺には「柄」がありますものね。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR