FC2ブログ

劇団四季 コンタクト 12/2

12月 2日(火)コンタクト 自由劇場

楽しみにしていた『オンディーヌ』。
手元にチケットが届いていながら突然の中止発表。これにより芝居の方は少し間が開きました。
観劇は9月7日の『赤毛のアン』以来ですね。

四季も内部で色々あった様子ですが、客席側としては成り行きを見守るしかありません。
ファン本位の舞台作りが進みます様、心より願う次第です。


さぁ、久し振りの『コンタクト』。
前回上演では、マイケル・ワイリー役加藤敬二の『踊れない演技』が誠に印象的でしたが、さて今回は?

弾む心を宥めながら自由劇場のソワレへ。


出演者は次の通り。
Part 1
SWINGING
○ブランコに乗る女 相馬杏奈
○貴族 ツェザリモゼレフスキー
○召使い 松島勇気

Part 2
DID YOU MOVE?
○妻 坂田加奈子 ○夫 青羽 剛
○ウェイター長 金久 烈

岩崎晋也、松島勇気、西尾健治
水原 俊、新庄真一、ツェザリモゼレフスキー
加藤久美子、宮田 愛、村上今日子
加島 茜

Part 3
CONTACT
○マイケル・ワイリー 田邊真也
○バーテンダー 青羽 剛
○黄色いドレスの女 井上佳奈

岩崎晋也、松島勇気、大森瑞樹
西尾健治、水原 俊、新庄真一
ツェザリモゼレフスキー
加藤久美子、宮田 愛、相馬杏奈
村上今日子、森 佐和子、加島 茜


非常に見応えのある舞台でした。
マイケル・ワイリー役、田邊真也の「本当に踊れないのではないのか?」といった雰囲気は加藤とはまた違うワイリー像なのだろうなぁ。
まぁ、こちらの先入観も多分にあるのでしょうけれどもね。

二幕の坂田加奈子、そして全編を通して踊った松島勇気、ツェザリモゼレフスキーに拍手。
三人とも中々魅せてくれました。

客席の一部に悪うけ気味の反応、つまり『ここ、笑うところじゃ無いだろう』という場面で笑い声を上げる方が複数いらっしゃって、興を削がれたりもしましたが、舞台の完成度を壊す程のこともありませんでした。

非常に満足。
田邊、好演。

ただしかし、加藤敬二で今一度観てみたいとの思いも強く持ちました。


跳ねて外は強い北風。
思わず背を丸め、家路を急ぎ足。




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR