FC2ブログ

劇団四季 むかしむかしゾウがきた 12/14

12月14日(日)むかしむかしゾウがきた 自由劇場

劇団四季、暮れのファミリーミュージカル『むかしむかしゾウがきた』。
家人と二人自由劇場、初日マチネへやって参りました。


出演者は次の通り。
○ひろめ屋 味方隆司 ○太郎坊 島村幸大
○太郎衛門 青山裕次 ○おゆき 中野今日子 ○おミヨ 山中由貴
○ゴンじい 菊池 正 ○与作・家老 岡崎克哉 ○松吉・殿様 鈴木 周
○七郎 田島康成 ○敵兵頭 川村 英
○九郎衛門 佐藤幸治 寺尾聡馬 ○唐の国のお使い 高城将一

政所和行 横井 漱 寒河江幸弘 若山展成
玉木隆寛 光山優哉 野口雅史

石田真子 高田直美 熊本梨沙 五所真理子
小澤真琴 高木美千子


物語は他のファミリーミュージカルに比べても、これ以上はないと言える程に非常に解りやすく、簡潔な仕立になっています。
客席を飽きさせぬ様、様々な表現手法を取り入れているのも特徴でしょう。
文楽を採り入れたり、人形振りを挟んだり、背景の移動で時間推移を表したり・・・
芝居に変化をつけて観せる工夫に感心しました。
これならば子供さんも集中して鑑賞出来るでしょうね。

ひろめ屋役の味方は、所謂狂言回しなのですが、この役者さんは芸達者ですからねぇ。
まるで当て書きの様に活き活きと演技してくれました。
この味方と、太郎坊役の島村は目立った好演でした。
島村の一言に込めた気持ちが伝わってきましたね。巧かったなぁ。

そして九郎衛門役のお二人、佐藤、寺尾、ご苦労様。
他の皆さんもまた熱演で、まとまりの感じられる舞台でした。


家人は『最後が可哀想だなぁ』としきりに繰り返していました。
ハッピーエンドを願う気持ちは私も同様ですが
まあ舞台上では “復活” を遂げた訳ですし、物語ですからね。

様々な命の大切さを改めて噛み締め、考えながら家路へ。




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR