FC2ブログ

鈴本7下夜 7/24

 7月24日(火)鈴本演芸場 夜席

今席は喜多八師の芝居。
一琴、白酒、扇遊の各師が揃い、仲入に馬石師というなんとも嬉しい顔付けです。

柳家まめ緑 桃太郎
柳家わさび 湯屋番(豆腐まで)
翁家和楽社中 太神楽
柳家一琴 転失気
桃月庵白酒 親子酒
昭和のいる・こいる 漫 才
入船亭扇遊 一目上がり
隅田川馬石 王子の狐

~仲 入~

大空遊平・かほり 漫 才
柳家はん治 ろくろ首
林家正楽 紙切り
柳家喜多八 盃の殿様

◆一琴 『転失気』
和尚に呼ばれた珍念のライアティア張りの長~い返事で客を前に向かせました。
表情豊かに明るい高座。好演。

◆白酒 『親子酒』
イチローの電撃トレードの話題などを振りながら、客席を観察していましたが、腹が決まってからはいつもの様にたたみかけて来ました。
大師匠の型ほど大げさではなく、やや抑えた演出は伯楽師の型に近いかなぁ?
『婆さん!婆さん!、・・・死んじまったのかい?』など「らしいくすぐり」満載で大笑いさせてもらいました。

◆扇遊 『一目上がり』
元気な八五郎、陽気な御隠居、客席も師の明るい表情に釣り込まれ賑やかに。

◆馬石 『王子の狐』
動物の描写の上手な師が、これまたお得意の女性(母狐)を演ずるのですから、堪らない。客席は前のめりになってしまいます。
後半、騙した男が悪夢で七転八倒する様をもう少し丁寧に描き込めば、一段と噺が締まる様な気がします。

◆はん治 『ろくろ首』
今夜一番の高座と見ました。
独特の抑揚のはん治節が上手く噺に嵌まって、まさに炸裂した感じ。大爆笑。

◆正楽 紙切り
鋏試し線香花火~ラジオ体操~三人吉三~喜多八師匠

◆喜多八 『盃の殿様』
お殿様の様子が如何にもという感じで、良かったですねぇ。
盃を持った使者は、小倉の港から海路兵庫明石へ。そこから陸路京大阪を回り東海道を江戸へ下る訳ですが、つい先日私も兵庫から車で帰京したばかり。
「鈴鹿峠を越えまして~その手は桑名の焼き蛤」など、車中で家人に言い立てていたのを思い出して大笑い。
この言い立てが多少つかえましたが、これも味のうちですね。
大いに楽しめました。

跳ねて外へ出ると蒸した暑さ。
こんな陽気に盃を持って走るのは難儀だろうなぁ~、と一人ごちながら家路へ。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR