FC2ブログ

国立3上昼 3/1

 3月 1日(日)国立演芸場 昼席

国立演芸場3月上席初日。
今席は雲助師の芝居。昨日に続き家人と連れ立って雨の三宅坂。


◆橘家かな文 『道具屋』

◆春風亭朝也 『新聞記事』
ぴっかり☆さん、朝也さん、正太郎さんの三人で交代出演の二つ目枠。
中々豪華な布陣ですなぁ。
『春風亭が三人並んでるね』と前売時に思いましたが、
三人の大師匠は彦六の隠居名でお馴染みの八代目正蔵師ですね。

初日は朝也さん。
着座してすぐ本編へ入り、好調に噺を進めました。
好い雰囲気で愉快な一席。
朝也さん、以前に比べ高座が明るくなった印象です。好演。

◆隅田川馬石 『花色木綿』
今日は日曜日の所為か仲入前の真打三人ともに休席。
蜃気楼龍玉師の代演で兄弟子馬石師登場。

噺家の入門あれこれを枕に軽く振って、新米泥棒へ繋げました。
『間抜け泥』で終わらずに、尺を縮めたものの『花色木綿』まできちんと。
表情が何とも愉快。面白いなぁ。
好高座。

こうして続いた事から推測するに、
前方の『新聞記事』は “泥棒の噺” の範疇ではないのでしょうね。

◆ひびきわたる キセル漫談

◆柳家小せん 『千早ふる』
こちらは三遊亭天どん師代演。
いつもの様に朗々と唄うが如く噺を進めました。

◆林家正雀 『親子茶屋』
桂藤兵衛師代演。
私、導入部を聴いて『たちきり』かな?と思ったのですが、
親子喧嘩に番頭の仲裁が入り、大旦那が外へと出掛けて『親子茶屋』。
下座の姐さんとの息もぴたり。

~仲 入~

◆ホンキートンク 漫才
息の合った掛け合い、速度感溢れる言葉の応酬に圧倒されました。
好高座。

◆橘家文左衛門 『時そば』
独特の工夫を凝らした “文左衛門師版” を渋く演りました。
模倣者が次第に情けない表情になっていく辺り、面白かったですねぇ。
好演でした。

◆ぺぺ桜井 ギター漫談
物凄く派手な衣装で登場。
お馴染みの根多でしたけれども、うけていたなぁ。

◆五街道雲助 『妾馬』
終始爽やかな雰囲気で噺を進めました。
酔った八五郎が母親の様子を伝える際も “泣き” は入らず、明るくからっとした演出。

その八五郎。
屋敷に着いた時よりも酔ってからの方が『まともな言動』なのが如何にも落語ですね。
面白かったなぁ。


跳ねて外は本降り。
入場時には『傘を差そうかどうしようか・・・』ぐらいでしたが、
道理で各出演者が繰り返し『お足元の悪い中・・・』と礼を言っていた訳だ。
私達が入場した後、雨が強くなったのですね。

龍玉師休席でがっかりの家人。
『ホンキートンクが面白かった』とのこと。
『お馴染みの噺が多かったね』
『日曜日の寄席だからなぁ』
など言葉を交わしながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR