FC2ブログ

国立3上昼 3/6

 3月 6日(金)国立演芸場 昼席

国立演芸場3月上席六日目。
今日は週末とあって国立演芸場は昼夜興行ですけれども、私は昼席のみの鑑賞。
大劇場の方は昨日が初日。
歌舞伎が掛かっていると構内が賑やかだなぁ。


◆林家つる子 『黄金の大黒』

◆春風亭朝也 『芋俵』
初手に登場の泥棒たちの遣り取りが素晴らしかったです。
好演。

◆蜃気楼龍玉 『鰻屋』
十八番を演ってくれました。
前方の朝也さんの時には気付かなかったのですが、上手前列の客席から寝息というより大きな音ですから鼾でしょうねぇ。響いて来まして・・・

鰻を捕まえる仕種の際に、指で高座を軽く叩く様な音を出したり、鰻屋の主人と客の遣り取りを大きめの声で演ったり、龍玉師も苦心惨憺。
余程癪に障ったか会話中に『中々起きねぇンだ』、『鼾はいけませんよ』などの言葉を挟んでいましたが、これがまた絶妙の間なものですから面白いのなんの。
まぁ、客席は面白がると同時に『起きてくれないかなぁ』との思いを込めて、いつもよりも大きな笑い声を出したりして “協力” 。
そんな支障があったのにもかかわらず、噺の出来が好かったのは流石と言うべきか。
下げに掛かる頃には鼾も聞こえなくなりました。
悪うけもあった訳ですけれども、好高座でした。

◆ひびきわたる キセル漫談

◆三遊亭天どん 『牛の子』

◆桂藤兵衛 『浮世床 将棋~夢』
今日は『浮世床』の将棋、夢をたっぷり。面白かったなぁ。
隣で歌舞伎が掛かっていますから、夢の芝居小屋場面などは何か現実味を帯びますね。

~仲 入~

◆ホンキートンク 漫才
出て来たはいいけれども、マイクが上がっていないハプニング。
遅蒔きながらスルスルと上がるマイクに『待ってました!』とギャグを飛ばして高座開始。
所々根多を変えて演ってくれました。
今日も面白かったぁ。

◆橘家文左衛門 『手紙無筆』
こちらも十八番を繰り出しての高座。
本膳の件まできちんと演ってくれました。
兄貴の刻々変化する表情、口調、仕種が絶品もの。大笑い。愉快な高座。

◆ぺぺ桜井 ギター漫談

◆五街道雲助 『宿屋の富』
極めて楽しそうに軽い調子の口演。
一文無しの泊まり客が散々吹いた後、ふっと真顔になり『なけなしの一分、取られちゃった』と独りごちる。
ここは取り分け愉快でしたね。

湯島天神のわいわいがやがやもまたお見事。
二番富の若者の茶利、そして後から境内に来た宿屋のご亭主の驚き慌てる様でも大笑い。
いやぁ、面白かったなぁ。
素晴らしい一席でした。


跳ねて『今日は師匠と行き会わないなぁ』と呟きつつ家路へ。

そうしましたらね、今日は半蔵門ではなく永田町へ向かわれたのね。
最高裁前の信号を急ぎ足で渡る雲助師を “発見” 。
私、心の中で『(素晴らしい一席を)ありがとうございます』と後ろ姿へ感謝の言葉を送りました。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR