FC2ブログ

国立3上昼 3/9

 3月 9日(月)国立演芸場 昼席

午後から降るとの予報でしたけれども、果たして入場時にはポツリポツリと落ちて来ました。
駆け込む様に国立演芸場。3月上席九日目。


◆三遊亭ふう丈 『牛ほめ』
前座さんの高座とすれば満点も満点。
好演。

◆春風亭ぴっかり☆ 『動物園』
お久しぶりです、ぴっかり☆さん。
高座に接する度に感ずるのですが
ぴっかり☆さんは声が大変魅力的。
今日も恵まれた美声で心地良く噺を進め、客席を温めました。

◆蜃気楼龍玉 『強情灸』
おお!これはありがたい。
龍玉師の “十八番中の十八番” と私が思っている『強情灸』。
以前聴いた時に比べ、峯の灸の場面描写が抜群に面白くなっていました。
番号札を交換する年増、半畳を入れるお婆さん、共に “短い出番” ながらきちんと描かれました。

元来 “峯の灸場面” は、直接話法を用いて友人に面白可笑しく自慢話をしている訳ですから、このくらい具体的でないと現実味がありません。
私の好きな『籍を洗うと六十・・・』も入りまして大笑い。

兄貴分が艾をほぐし、拳固程の塊にして腕に据えてからの表情の変化もまた愉快。素晴らしい出来。
お見事でした。好高座。

◆ひびきわたる キセル漫談

◆三遊亭天どん 『粗忽長屋』
所々に特有のくすぐりを挿入しましたけれども、古典を演ってくれました。
面白かったなぁ。

◆桂藤兵衛 『武助馬』
今日の客席は解りやすい噺を求めている雰囲気でしたので、素人芝居の枕を聴きながら私、てっきり『蛙茶番』かと思いましたが『武助馬』へ。
至芸を堪能しました。好演。

~仲 入~

◆ホンキートンク 漫才
舞台衣装を“衣替え” をして登場。
今日もまた爆笑。

◆橘家文左衛門 『道灌』
十八番を演り始めたのに、客席後方でずっと話し声が・・・
困っちゃいますね。
しかし流石に文左衛門師。
冒頭の遣り取りを何時もより尚小声で演って、客席に静謐を取り戻しました。

室内の空間距離というのかな?
座っている人物から壁までの距離感や会話する二人の間の距離。また帰宅してからの戸口と座敷との間合いなどを、登場人物の視線の巡りで表現しちゃうのね。
この巧みな描写で噺が凄く現実味を帯び、まるで目の前で全てが繰り広げられてはいるかの様です。
好高座。

◆ぺぺ桜井 ギター漫談

◆五街道雲助 『明烏』
枕で妓楼の大小や女郎衆の “格” に言及がありましたので『お直し』を期待しましたけれども、 “瘡” が仕込まれ『明烏』へ。

日向屋時次郎の造形が雲助師独特の『堅さ』です。
実際にこういう若者も存在するかも知れないなぁ、という感じ。
いかにも若旦那なんですよね、全ての言動行動が・・・。
こういう真面目な若者の造形も本当に雲助師は巧みだなぁ。
『夜鷹そば屋』のちょい悪の雰囲気と一対ですね。

今日、私が目を見張ったのは翌朝の最初の場面。
房楊枝を右手で動かし、歯磨粉を左掌に載せての第一声『おはよう』。
この言葉の調子が実にどうも凄かった。
ふらふらっとした発音そして表情。昨夜の不首尾が手に取る様に伝わってきました。

時次郎の惚気に怒り心頭。
甘納豆を載せて砂糖の残る掌を、寝ている二人の頭の上で両手を叩いて・・・なんて場面も面白かったなぁ。

いやぁ、すっかり魅せられました。 好高座。


跳ねて『本降りにならぬうちに・・・』と家路へ一目散。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR