FC2ブログ

国立劇場三月歌舞伎公演 梅雨小袖昔八丈 3/16

 3月16日(月)三月歌舞伎公演 梅雨小袖昔八丈 国立大劇場

国立劇場三月の歌舞伎公演はお馴染み髪結新三。
いつもとは異なり “装束を改めて” 家人と三宅坂。


梅雨小袖昔八丈 三幕六場 -髪結新三- 河竹黙阿弥=作
国立劇場美術係=美 術

序幕 白子屋見世先の場 永代橋川端の場
二幕目 冨吉町新三内の場 家主長兵衛内の場 元の新三内の場
大詰 深川閻魔堂橋の場

○中村橋之助 髪結新三 ○中村錦之助 弥太五郎源七
○市川門之助 手代忠七 ○中村松江 加賀屋藤兵衛  
○中村児太郎 お熊 ○中村国生 下剃勝奴
○坂東秀調 車力善八 ○市村萬次郎 長兵衛女房
○中村芝喜松 白子屋後家お常 ○中村芝のぶ 白子屋下女お菊
○市川荒五郎○中村橋吾○坂東玉雪○中村門松
○市川團蔵 家主長兵衛


三人形
常磐津連中
国立劇場美術係=美術
○中村錦之助 若衆 ○中村児太郎 傾城 ○中村国生 奴


発端の白子屋店先での坂東秀調丈の演技が印象的。
中村芝のぶ丈のお菊も好かったなぁ。そして、市川門之助丈演ずる手代忠七の儚い雰囲気、お見事でした。
物語としては噺で何度も聴いておりますので、家人もイヤホン不要。
噺と異なるのは弥太五郎源七内の場が割愛されたことぐらい。この場面があれば、秀調丈の車力善八をもっと観ることが出来たのですが、ちと残念。

橋之助丈、錦之助丈、文句なし。
小悪というよりもっと悪い感じの新三。そして骨太の弥太五郎源七を堪能しました。
市村萬次郎丈演ずる茶利役、家主女房。これ面白かったですねぇ。いやぁ、大笑いしました。
舞踊の三人形でも非常に艶やかな姿を見せてくれた児太郎丈。若々しい勝奴、舞踊では奴を好演した国生丈も印象的。
いやもう盛り沢山で好い観劇となりました。

家人も大満足で『次、いつにする?』
いつと言われてもなぁ、寄席の様に気軽には来られないのだけども・・・
まぁ、また理解し易い狂言が掛かったなら来ることに致しましょう。

充実した一日となりました。満足、満足。



Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR