FC2ブログ

らくご・古金亭 3/21

 3月21日(土)第十七回らくご・古金亭 湯島天神参集殿

今夜のらくご古金亭は主任桃月庵白酒師『文違い』、仲入馬生師『うどん屋』。そして客演は小燕枝師、遊雀師と触れられています。
あれ?雲助師は?
雲助師は食いつきで『千早振る』。


◆金原亭駒松 『穴子でからぬけ』
お馴染み『酒の粕』~『からぬけ』。
噺へ入る前の “客席への諸注意” の時に『随分余裕があるなぁ』と感じたのですが、駒松さん、ちょっと見ぬ間に大変面白くなって来ています。
いやぁ笑ったなぁ。

◆金原亭馬治 『天狗裁き』
本日から馬治師匠です。真打初高座。
勢いというのかなぁ、素晴らしい速度感で演ってくれました。
何なのでしょうねぇ、二つ目時代(昨日まで、ですよ!)とは全然違う様に感ずるから不思議です。
いやぁ面白い『天狗裁き』、お見事でした。

◆三遊亭遊雀 『寝床』
“泣きの遊雀” がどこで炸裂するのか興味津々でしたが、今夜は繁蔵に憑依しました。
傑作でしたね。素晴らしい出来。

◆柳亭小燕枝 『三人旅』
今夜の客演小燕枝師匠、『三人旅』から『跛馬』を演ってくれました。
『戸塚泊まりはまだ陽が高い、駒を速めて藤沢まで』でしたか・・・、何か久し振りに聴く台詞です。
客席をの~んびりした雰囲気にしてくれました。
馬子が符帳を言い違えてしまった(じば、と言うべきところを、やみ、としてしまった)のが惜しまれますけれども、好演でした。

◆金原亭馬生 『うどん屋』
入れ事の殆ど無い純古典的風味。
全編を会話で(独り言を含め)構成し、さらっと演ってくれました。
好い味わいでした。

~仲 入~

◆五街道雲助 『千早振る』
『業平橋駅』が『とうきょうスカイツリー駅』に名称変更した事に掛けて
『先代小さん師匠が拵えたこのくすぐりも使えなくなってしまった・・・』と、ちゃあんと “原作者” の名を出して我々の記憶に留めてくれました。

上を向いちゃあ出鱈目の解釈を捻り出す兄貴分が堪らなく愉快。
雲助師自身が終始大変愉し気な表情で、楽しみながら演っている感じ。
こういう表情で、そして雰囲気を作って、それが高座で自然に(自然に見える様に)出せるというのは、凄い事ですねぇ。
正に練達の芸ここにあり。好高座でした。

◆桃月庵白酒 『文違い』
古金亭で先代馬生師の孫弟子が主任に上がるのは初めて。
鞍馬の出囃子で上がり『出にくいですね、どうも』。『(孫弟子世代の初主任に触れ)まぁ、梃入れってところです・・・』とやって客席をひっくり返しました。
街の色彩、その街々の寄席の雰囲気の違いなどを振っておいて、品川の廓へ御招待、『文違い』。

お杉、半七、角蔵は物凄く面白かったですね。
特にお杉の泣き芸、角蔵の気味の悪い笑い声など白酒師ならではの爆笑演出でした。
反面、二枚目の芳次郎は二枚目としては描ききれないと見えまして、やや中途半端な造形。
悪いのは左眼で、左を押さえていたのに右眼になっちゃったりと茶利含みの人物像で、若干もやもやしました。

いまこれを書きながら『あれ?新宿じゃなくて品川だったか?・・・』と思いましたが、
品川ってのは私の記憶違いかしら。
『文違い』は新宿ですよね?
品川で演っていた様に思いますが、何か記憶が定かでないなぁ。

まぁ兎にも角にも大笑いの一席。
お見事でした。


古金亭にしては早く九時前(八時半ごろでしたかね)のお開き。
面白かったね、など家人と語り合いながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR