FC2ブログ

劇団四季 リトルマーメイド 4/4

 4月 4日(土)リトルマーメイド 四季劇場[夏]

一昨年4月21日以来、二度目の鑑賞となる劇団四季『リトルマーメイド』。
はっきりしない空模様の土曜日、マチネへと大井町。

出演者は次の通り。
○アリエル 三平果歩 ○エリック 神永東吾 ○アースラ 原田真理
○トリトン 芝 清道 ○セバスチャン 飯野おさみ  
○スカットル 荒川 務 ○グリムスビー 星野元信 ○フランダー 玉井晴章
○フロットサム 品川芳晃 ○ジェットサム 中橋耕平 
○シェフ・ルイ/リーワード 清水大星

塚田拓也 分部惇平 菱山亮祐 
野村数幾 真田 司 佐藤圭一

観月さら 松元恵美 芦澤瑞貴
倉斗絢子 久保佳那子 西浦歌織
光井さや


前回観た時には “過剰” とも思えるぐらいにしていた、立ち姿での “くねくね” をしなくなっていたのに先ず気づきました。
ワイヤーの時には存分に “くねくね” して泳いでいましたので、これはこれで良いのかも知れません。

神永エリック、好いじゃないですか。
貴公子然とした容姿。歌声も素晴らしい。
そして三平アリエルの伸びのある歌唱にうっとり。
矢張りミュージカルは歌唱が命ですね。

芝トリトン、飯野セバスチャンは流石の出来。
特に飯野セバスチャンは狂言回しですから最重要の役回りですけれども、大変愉快に務めてくれました。

あと荒川スカットル、面白かったなぁ。
私、久し振りに荒川を観ますが、歌唱、舞踊、演技、全てにおいて観客を魅了する出来。素晴らしい。

家人は原田アースラが印象的だった様子。うむ、確かに力強い歌唱で私も好ましく感じました。

大団円で、神永エリックがトリトンへの第一声を『閣下!・・・』と演ってしまい、
客席の私も “はっ・・?” となりましたけれども、その後の台詞では『陛下』と直しましたね。
しかし『閣下・・・』ってどこから、どうして出ちゃったのかなぁ。

跳ねて『矢張り歌声か美しいと後味が好いね』、『荒川と倉斗は脇でも活きるなぁ』
など、家人と喋りながら家路へ。


※4/7追記 本文中の「エリックの台詞」は、元々『閣下』と呼びかけその後『陛下』と言い直す演出との事です。鍵コメさん、ご指摘をありがとう存じます。

         


Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR