PAUL McCARTNEY ポール・マッカートニー 4/27

 4月27日(月)PAUL McCARTNEY OUT THERE JAPAN TOUR 2015 東京ドーム

先週火曜日の日本公演初日(大阪公演・京セラドーム)に続いて、今日は東京ドームへ。
ポール・マッカートニー OUT THERE JAPAN TOUR 2015 も今日、そして明日の武道館を残すのみ。
寂しいなぁ。

初日に続き、家人と二人連れ。
さぁ、楽しもう。東京ドーム。


今夜の私たちの席は一階ネット裏。
ステージ正面ながら遠いのが難点。
大型画面と双眼鏡頼りとなりそう^^;
バックネットを取り外してくれたので、視界は良好なのが救いかなぁ。
正面スタンド席は、照明&スタンド向スピーカーのタワーがスタイミーになりそうで怖かったのですが、全く心配無くひと安心。

今夜のSet Listは次の通り。
1. Magical Mystery Tour
2. Save Us
3. Can't Buy Me Love
4. Listen To What The Man Said
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. 1985
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen A Face
12. We Can Work It Out
13. Hope For The Future
14. Another Day
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. Lady Madonna
21. All Together Now
22. Lovely Rita
23. Eleanor Rigby
24. Being For The Benefit Of Mr.Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di,Ob-La-Da
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude

Encore #1
32. Day Tripper
33. Hi Hi Hi
34. I Saw Her Standing There

Encore #2
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

開演直前に家人がアリーナ後方に佇む Rock'n Roll 内田裕也氏を “発見”。
双眼鏡で追っておりましたら、誠にゆったりとした足取りでアリーナB9かB10辺りの最前列に着席された様子でした。
内田氏の周りはサインや握手を求める人、また写真撮影を試みる人で一杯。
これもコンサート風景として感慨深い一場面でした。

内田氏は66年のビートルズ日本公演で “Welcome The Beatles” を唄っていましたね。
今日は客席においでですが、そのお気持ちはおそらくポールと同じステージで “共演” されていらっしゃる事でしょう。

さて、大阪ではステージまでの距離が近く、火焔の熱気が頬を撫でる程で喜んでいたのですが・・・
今日、正面から観てみますと
『音響、照明効果ともに、矢張り正面席の方が抜群に楽しめるものだなぁ』と思いました。
音の迫力が圧倒的ですね、真正面は。
趣向を凝らした照明の演出も存分に堪能することが出来ました。

Set Listは私たちが行った21日の大阪とほぼ同じで、
今夜の四曲目 Listen To What The Man Said が大阪では Jet だったのですね。
その一曲だけだったかな、差し替えは。

今夜は客席も、そしてステージ上のポールも乗り乗りで、
ドーム最終日の盛り上がりを充分満喫する事が出来ました。


『来年もまた来日して欲しいなぁ』など、家人と語り合いながらの帰路、
どちらからともなく『終わっちゃったね』。
『二回観る機会を得たし、凄く楽しめたから好かったじゃない』と互いに “慰め合い” つつ家路へ。




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR