FC2ブログ

五街道雲助独演会 8/9

 8月 9日(木)五街道雲助独演会 にぎわい座

圓朝通夜の余韻いまだ醒めやらずといったところですが、本日はにぎわい座で雲助師独演会。
助演が馬石師となんとも嬉しい組合せ。
雲助師『もう半分』『鰻の幇間』『汲み立て』の三席との前触れ。
今夜は旧知の「書斎派落語愛好家」も来場の筈。跳ねた後の談義も楽しみです。

◆古今亭半輔 『のめる』
半輔さん、いま高座に上がるのが楽しいのだろうなぁ、と感じました。
見事な開口一番。

◆五街道雲助 『汲みたて』
弾けていましたねぇ。楽しく賑やかな高座。
面白かったなぁ。
経師屋連同士の会話、与太郎とのやりとりなど大いに笑いました。
『なんで屋根船にしなかったんだい?この暑いのに』には大爆笑。
木遣り崩しを下座の糸に乗せてたっぷり聴かせ、直後の経師屋連の馬鹿騒ぎを際立たせました。

◆五街道雲助 『鰻の幇間』
『私も好きな噺です』と言う『汲み立て』に続いて『鰻の幇間』。
羊羹のくだりの入る長尺版を明るく楽しく演じました。

陸釣りを決めた一八が、扇子を半開きに頭へかざして日差しを遮ろうとする仕種が二度程ありましたが、盛夏の昼の景色、日差し、暑さがいっぺんに目の前へ広がって来ました。お見事。

『ちょいと腹も千松で』なんていう一八の科白も、他の演者では聴けない江戸風情。日差しを遮る仕種も然りですが、細部を丁寧に描き込むからこそ、噺の雰囲気が醸し出せるのでしょうね。

手銭でやっていると知った一八のその小言の細かいこと。
徳利が俵藤太の百足退治の図、猪口は天麩羅屋と入営記念(第八連隊)。床の間の掛軸は楷書で「天照大神」。
勘定を済ませ階段を下りる一八、手摺の掃除をしていないと最後の小言。これ初めて聴きました。雲助師の工夫かしら。

いやぁ、面白かったぁ。

~仲 入~

◆隅田川馬石 『金明竹』
他の演者ですと言い立てを早口言葉の様に表現しますが、
馬石師の金明竹は一味も二味も違います。
言い立てはゆったり繰り返しながらも、
抑揚が効いているのでまるで外国語の様に聞こえるんです。

兵庫県出身の馬石師が『これが本当なんですよ』とばかりに、
師ならではの素晴らしい金明竹を披露してくれました。

押していたので寄席の尺でしたが、好演。

一席終えて『今日は十一日からの浅草中席の住吉踊りの稽古日だったのですが、稽古に出られなかったので』と、かっぽれを踊って賑やかに下がりました。

◆五街道雲助 『もう半分』
日本橋の円丈十番勝負(6/29)以来の『もう半分』。
同じように照明を暗くして演じました。

今夜もまた素晴らしい出来。
居酒屋夫婦の悪人っぷりが一段上がったかしら?悪かったねぇ~。夫婦の目の演技が秀逸。
芝居掛の刺殺場面がまた凄かった。

今夜は悪党譚としての『もう半分』に光を当て、怪談の側面はやや薄めた印象です。
悪役が上手だなぁ~、本当に。

今日もまた、雲助師の『もう半分』に大いに痺れました。


馬石師曰く『独演会で師匠が三席伺うなんて記憶にありません。怪談をやり過ぎて頭がおかしくなったのでは?』
圓朝噺が続きましたからねぇ~、たっぷり落し噺を喋りたい気分だったのでしょう。
いや、聴くこちらも雲助師で大笑いしたいと渇えていたのも事実。

今夜は落し噺二席に加え『もう半分』と豪華三本立て。更に馬石師の“元祖”『金明竹』。
言うことなしの大贅沢。
終演後の書斎派氏との会話も弾みました。

いやぁ、楽しかった。





Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR