FC2ブログ

J亭落語会 桃月庵白酒独演会 10/8

10月 8日(木)J亭落語会 桃月庵白酒独演会 JTアートホール アフィニス

サンケイリビング新聞社主催。
お馴染みM'sさんの会、と言った方が通りが良いかしらん。
白酒、三三、一之輔の三師が月替りで独演。大人気のJ亭落語会。
横浜で行われる落語会でよくお会いする(お見かけする、ですね^^)方から券を譲っていただき、初めて鑑賞の機会を得ました。

『日の暮れるのが随分と早くなったなぁ』など喋りながら家人と虎ノ門へ。


◆桃月庵はまぐり 『手紙無筆』

◆桃月庵白酒 『金明竹』
時事問題の長~い枕の後『骨皮』をたっぷり演って本編へ。
私、てっきり『骨皮』で下りると思っていました。
毎度の事ながら、帰ってきた旦那とお内儀さんの噛み合わない会話場面で場内爆笑。

◆桃月庵白酒 『風呂敷』
冒頭部分はお家芸らしく志ん生師の型をそのまま踏襲しましたけれども、出鱈目な諺解釈は『女三界に家なし』だけを面白おかしく膨らませて演ってくれました。
『家なしの “し” がお前、強調の “し” なんだよ!識るめぇ、お前なんか。学がねぇから』なんてね、こんな感じ。
その後の兄ぃとその内儀との遣り取りは幾分略筆の印象。

風呂敷で熊さんの頭を包んで引き寄せる際に相当乱暴な力の入れようでしたが、あれじゃ喧嘩になりそうですな^^;
そんな気になる描写もありましたけれども、流石お家芸と言ったところ。たっぷり聴かせてくれました。

~仲入~

◆三遊亭めぐろ 『ニワトリ』
玉々丈さん、改名してめぐろさんになっていたのね。
暫く振りに高座に接しますが、少し痩せられた?かな?光の加減かなぁ。

入門時の思い出話、師匠の事、兄弟子の話題など縦横無尽な展開。
『新明解国語辞典』を少し演ってから本編へ。
中々良く出来た新作ですね。
『ニワトリ』の演題は終演後のロビーで確認しました。
噺も勿論なのですが、めぐろさん、客席への語り掛けなども嫌味無く自然で好感が持てますね。
好演。面白かったなぁ。

◆桃月庵白酒 『首ったけ』
こちらもお家芸と言って宜しいでしょう。
白酒師で何度か聴いていますからご自身の十八番でもありましょう『首ったけ』。
紅梅花魁と若い衆の『掛け合い』(この場合『馴れ合い』かな?)が無闇と愉快。
好高座でした。


跳ねて時計は9時半少し前といったところ。
どちらともなく『堪能したねぇ』。
感想を述べ合いつつ家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR