FC2ブログ

鈴本10中昼 10/18

10月18日(日)鈴本演芸場 昼席

『10月中席が川柳師匠の芝居なんだけど、久し振りに揃って繰り出そうじゃないの』と友人達を “無理矢理” 誘って上野へ三人旅。
私自身、7月下席以来、三ヶ月振りの鈴本です。


桃月庵はまぐり 手紙無筆
春風亭ぴっかり 子ほめ
三増紋之助 曲独楽
柳家小せん 野ざらし
古今亭菊太楼 幇間腹
ホームラン 漫 才
柳家権太楼 代書屋
橘家文左衛門 道灌
三遊亭小円歌 三味線漫談
鈴々舎馬風 ひばりメドレー

~仲 入~

翁家社中 太神楽
柳亭小燕枝 権助提灯
桃月庵白酒 ざる屋
ダーク広和 奇 術
川柳川柳 ガーコン~ラ・マラゲーニャ

◆はまぐり 『手紙無筆』
勉強中らしく楷書の高座。
同じ噺を何度も演って馴れてくると、噺を崩したくなる気持ちに駆られる場合もあるのでしょうけれども、前座さんのうちは堅く演った方が良いのかも知れません。

◆ぴっかり 『子ほめ』
早朝寄席にも出演していたのかな? 木戸から出てきて昼席の入場待ちの列に愛想を振りまきながら広小路方向へ歩いていました。
売れっ子の雰囲気充分。
噺の方も文句なし。
ぴっかりさんの高座に遭遇する度、その恵まれた声質にいつも感心します。
好演。

◆紋之助 曲独楽
下座の姐さんに『すみません、ちょっと待って下さい』。
同行の友人が『これ、いつもの事なの?』
その通りと答えると『迫真の演技だねぇ』
日曜日の昼席のお客様大喜び。

◆小せん 『野ざらし』
十八番を掛けて来ました。
文句なし。

◆菊太楼 『幇間腹』
こちらも得意根多。
乗っていましたね。爆笑高座。お見事でした。

◆ホームラン 漫 才
がらりと根多替えしていて、昔のTV番組の話題。
ヒーロー物の主題歌熱唱。

◆権太楼 『代書屋』
間へ挟まって大看板登場。
短い持ち時間で客席をひっくり返して次へ渡しました。
流石、凄い。

◆文左衛門 『道灌』
漫才を挟んで賑やかな爆笑高座が続いた所為か少し抑え気味。
繋ぎに徹した感じ。
客席を落ち着かせました。

◆馬風 『ひばりメドレー』
漫談から歌唱へ。
客席を上手く釣りましたね。
場内爆笑。

◆小燕枝 『権助提灯』
かっちりと演ってくれました。
私、聴きながら『巧いなぁ』と思わず声に出しそうになりました。
好高座。

◆白酒 『ざる屋』
お家芸を面白おかしく。
此方も流石の爆笑高座。
金庫で下げるのが十代目の流儀と雲助師匠が語っていたのを覚えていますが
寄席だとちょうど金庫あたりでお時間になるのね。

◆川柳 『ガーコン』~ラ・マラゲーニャ
話し声がやや細くなった気がしますが、相変わらずお元気そうで何よりです。
戦前歌謡は割愛して『昭和16年12月8日、米英蘭仏に宣戦布告』から。
『あっ、これ敵のだった』も、ちゃあんと入りました^^
楽しめたなぁ。


跳ねて三人で落語談義。そして四方山話。
こちらもまた愉快な時間でした。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2015.10.25 Sun11:07
楽しそうな寄席でしたね。
しばらく行ってないなあ。
川柳も、この人は末広の方が似合うかな。
喜洛庵上々 URL|
#- 2015.10.25 Sun15:21
佐平次さん、こんにちは。
私、寄席は平日に行く事が多いのですが
日曜日の寄席もまた楽しいものですね。
実に明るい雰囲気の昼席でした。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR