FC2ブログ

五街道雲助独演会 11/8

11月 8日(日)五街道雲助独演会 にぎわい座

にぎわい座雲助師独演会。
前回(4月11日)は土曜開催で昼席でしたけれども、今日もまた日曜日の昼席となりました。
本日は雲助師『浪曲社長』、『夜鷹そば屋』と聴き逃せない二席。更に十八番の『掛取万歳』と豪華三席が前触れされています。


◆三遊亭ふう丈 『たらちね』
弊blogに何度か書いていますが私、ふう丈さんの高座が好きなんです。
通常誰が開口一番か発表されませんので、姿を見たときに大変嬉しかったなぁ。
八五郎の嬉しがりようが愉快。
凄く面白く聴かせてくれました。

◆五街道雲助 『浪曲社長』
意識して脚を使おうとエレベーター、エスカレーターの類に頼らず階段を“トレーニング”のつもりで歩いていたところ、どうも膝の具合が思わしく無くなってきたとのこと。
『負荷をかけているつもりでいたのですが、どうも負荷ならぬ負担だった様で・・・』
師匠、どうぞお大事に。

さて『浪曲社長』。
聴きながら私、頭の中で圓歌師匠の声に “置換” されているのに気づき、驚きました。
それだけ刷り込まれているのだなぁ。
名作ですね。
雲助師版も面白かったなぁ。

下げてから歌る多師を通じて圓歌師匠の許可を得て演っていると明かしてくれました。直接稽古をつけて貰うと言うのではなくテープで覚えたことも。
『三本ほどテープを借りて稽古したのですけれども、圓歌師匠もうちの師匠と同じように “演るたびに違う” のですね。そんなこんなで覚えるのに苦労した一席です。・・・実はもっと寄席などで掛けようとも思うのですが、何か気恥ずかしくて遠慮がちなンです』

◆五街道雲助 『夜鷹そば屋』
続けて二席目。
老夫婦ののんびりとした遣り取りをたっぷりと聴かせておいて、ただならぬ緊張感を帯びた惣吉が登場。
ここから雰囲気が一変。世話物風になっていきます。
何度聴いてもぐっと来ますねぇ。
今日もまた堪能しました。
素晴らしかった。

~仲 入~

◆五街道雲助 『掛取万歳』
今年もこの噺が掛かる季節になりました。早いなぁ。

雲助師の『掛取』の特徴は、主人公も掛取の商人達も『これは洒落なのだ』と表情に出すところでしょうか。
最初の家主さんもどこか鷹揚ですし、魚屋との喧嘩場面もお互いに弛んだ表情を垣間見せます。
浄瑠璃、芝居場面でも乗せられた商人衆は『やられたぁ』という表情で、まぁ古き良き時代の風景を切り取った、そんな演出が好ましく感じられました。
近江八景の謡い込みも鮮やかに、また芝居場面は本来のそれらしく、うむぅ矢張り素晴らしいなぁ。

跳ねてから家人が『 “掛取万歳” 短く感じたね』
寄席の尺、35分の高座。
次の掛取が来るまでの間の夫婦の会話を若干詰めて演った様ですね。
好演でした。


次回のにぎわい座雲助師独演会は、2月15日(月)開催との触れ。
いやぁ楽しみだなぁ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:2 

Comment

佐平次 URL|
#- 2015.11.10 Tue09:30
負荷じゃなくて負担、共感します。
このところ落語会に消極的になってるなあ。
喜洛庵上々 URL|「そと遊び」の季節ですもの^^
#SFo5/nok Edit  2015.11.10 Tue10:51
昨日今日辺りは雨模様ですけれども、旅行の季節ですものね^^
佐平次さんも自然に親しんでいらっしゃるご様子で羨ましい。
落語の方は私も数ヵ月先まで先行予約を入れてしまっていて
我ながら時折『消化している』感を持つことがあります。
『行きたいなぁ』と思ったときにふらり寄席へ、という形が一番かも・・・
などと近頃は思う様になりました。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR