FC2ブログ

第569回 落語研究会 11/24

11月24日(火)第569回 落語研究会 国立小劇場

今夜のTBS落語研究会は主任扇辰師『三井の大黒』。
仲入は志ん輔師『富久』。
他に鯉昇師、馬治師、朝也さんの出演と触れられています。


◆春風亭朝也 『代脈』
今夜の朝也さん、出囃子に乗せ姿を現してから下げて帰るまで、徹頭徹尾この噺の主役 “銀杏” になりきっていた。そんな印象。
座に着いてから挨拶、枕、そして本編への流れが大変に自然で、それはそれは見事な高座でした。
面白かったなぁ。

『笑わせるぞ』と意気込む姿が露わな高座も私は嫌いではありませんが、今夜の朝也さんの様にごく自然にその世界へ引き込まれるのも心地好いものです。
素敵な高座でした。

◆金原亭馬治 『景清』
満願の当日、一心不乱、それこそ気の触れたが如く念仏を繰り返し繰り返し唱える定次郎の描写が巧みでしたねぇ。
ここまで演ってこそ、後段の “罵詈雑言” が際立つ訳ですね。
悲劇性は強調せず、さらりと演った感じ。好演。

◆古今亭志ん輔 『富久』
寒さの描写や千両富が貰えないと知らされた時のうなだれ方など、流石と思わせる至芸を披露してくれました。
千両からの “値切” も適度でした。
この値切に力を入れて演られると、途端に醒めちゃうンです、私。

しかし今夜の志ん輔師、久蔵の造形が “好人物” に寄り過ぎの印象。
見舞客の帳付けをしながら呑む、そして周囲に絡んでいく、その描写が無ければ “久蔵が何故に旦那をしくじった” のかがはっきりしないのではないかしらん。
“酒好きで長っ尻” ってだけじゃ、客をしくじるまで至らないでしょう。
必須と思われる “絡み酒” を抜いて、毒の無い久蔵でも噺は成立しますけれども、私は何かもやもやが残りました。

~仲 入~

◆瀧川鯉昇 『武助馬』
この出番が愉しくて仕方が無いといった風情。
鯉昇師の面白さを存分に味わいました。

◆入船亭扇辰 『三井の大黒』
若干聴き疲れがしたのと、体調の所為か今夜は客席に座っていて寒気を感じ、喉も痛くなって来たので『出ようかな?』と迷っているうちに出囃子が鳴り始め、観念しました^^;

いやしかし流石に扇辰師。
『聴いて良かった!』と思わせる好高座。独特の軽い調子で長い噺をだれずに聴かせてくれました。
甚五郎ことぽんしゅうが鉋を掛ける場面描写で、板と鉋が見えましたよ、私。

ぽんしゅうに彫り物を薦める際に、政五郎棟梁の “歳の市に出せば好い小遣稼ぎになるぜ” の言葉が無かったのがやや寂しかったのですが、よく纏まった一席。
お見事でした。


跳ねて『今夜は外も寒いなぁ』など頓珍漢な事を独りごちつつ家路へ。
おぉ寒ぅ~。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR