FC2ブログ

浅利演出事務所公演 李香蘭 12/3

12月 3日(木)ミュージカル 李香蘭 自由劇場

浅利演出事務所公演『ミュージカル 李香蘭』。
9月に続き三ヶ月の間を置いて再びの上演。
来週水曜日(9日)までの六回公演と発表されています。。
私は9月公演の時に “坂本芳子” を観る機会が無かったので今回は非常に楽しみ。
自由劇場初日マチネへ。

出演者は次の通り。
○李香蘭 野村玲子 ○川島芳子 坂本里咲
○李愛蓮 秋 夢乃 ○杉本 上野聖太 ○王玉林 村田慶介

荒木啓佑 大島宇三郎 小川善太郎 折井洋人
斎藤 譲 佐々木誠 佐藤靖朗 高瀬育海
高橋辰也 田代隆秀 畠山典之 水野 言 
宮川政洋 山口研志 山口嘉三 山田大智
吉武大地 与那嶺圭太 和田一詩

石毛美帆 江部麻由子 勝又彩子 鐘丘りお
川畑幸香 斉藤昭子 橋本由希子 林 美澄
古庄美和 脇坂美帆 渡邊友紀


いつもと同じ様に木戸には浅利慶太氏。お元気そうでなによりです。

今公演は9月公演と異なり李香蘭、川島芳子ともにシングル(固定)キャスト。
またアンサンブルも若干の入れ替わりはあるものの、ほぼ前回のカンパニーと言って差し支えのない感じですね。

個人的に注目の “坂本芳子” 。
矢張り台詞の場面ではその美しく細い声が “川島芳子らしさ” の邪魔になっている印象。
これ保坂、濱田、樋口、雅原と太い声の出せる女優でこちらが慣れてしまっているので、違和感は仕方ないかなぁ。
しかし歌唱は流石。
野村、秋、坂本の重唱場面でその本領が発揮されました。

前回目を引く熱演だった李愛蓮役の秋 夢乃。
今日もまた素晴らしい演技と歌唱。
香蘭との別れの場面で実際に涙を落としていましたね。裁判で恋人玉林の死を知らされた場面でも頬が光っていました。
時代の流れとともに環境、そして心境の変化する当時の中国人の雰囲気を、豊かな表情でよく描写してくれました。

野村玲子、貫禄の演技。
日劇リサイタル場面など『野村でなけりゃ誰も出来ないだろう』と思わせてくれます。
流石、というより “凄い” ですね。圧倒的存在感。

今日、大変に残念だったのは手旗信号の場面。
上手前列の “信号手” が一人、振りが合わず出鱈目な動きになってしまいました。
問題はその時の表情。
照れ笑いで演技を続けちゃった。
これ不味かったなぁ。
興醒めもいいところ。
兵隊らしく一礼して袖へ引っ込むなり、なんらかのアドリブを利かせて下がっているべきでしたね。
彼はもう出番が廻って来ないのじゃあないかな。
酷かったねぇ。

私は今公演をもう一度、千穐楽に観る機会がありますが、あらゆる意味で完成度の高い舞台にして欲しいものです。


『手旗がちゃんとしていればなぁ』と独りごちながら家路へ。




Tag:舞台・演劇  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR