FC2ブログ

睦会 1/14

 1月14日(木)睦会 ~扇遊・鯉昇・喜多八三人会 にぎわい座

“にぎわい座 睦会” 。今夜の主任は鯉昇師と触れられています。


◆瀧川鯉ん 『ん廻し』
大きな声、場慣れした雰囲気。
自己紹介の前の佇まいを見て私『立川流の前座さんかな?』と思いました。
独自の工夫、くすぐり沢山の『ん廻し』。
達者ですねぇ。
微かに上方の雰囲気が感じられましたけれども、気のせいかな?

◆入船亭扇遊 『試し酒』
賑やかな鯉んさんの高座の直後、扇遊師匠の厳かな表情を拝見しますと『ここから始まるぞぉ』と期待が高まりますね。
そうした意味でも、前座さんてのは元気が一番なのでしょうね。

冒頭、年末年始の喜多八師匠入院、休席の顛末を手短に説明。更に後席の喜多八師が “板付” である旨を告知しました。
『一旦幕を降ろしますがね、皆さん、これで終わりじゃありませんからね、お間違えの無い様にお願いしますよ』

さて『試し酒』。
一杯目の呑みっぷりで大きな中手が入る見事さ。
しかし私、今夜の扇遊師の高座を拝見してつくづく思いましたのは “『試し酒』って噺は呑みっぷりも大切だけれども、下男久蔵の主人思い一心の描写が大きな肝なのだなぁ” と言うこと。
扇遊師匠、久蔵の人物造形を本当に丁寧に丁寧に紡いで、客席へ伝えてくれました。
いやぁ、お見事。素晴らしい高座でした。

◆柳家喜多八 『やかんなめ』
一旦降ろした仮幕がお馴染みの “梅の栄え” の糸に合わせ上がりますと、喜多八師匠が下座の姐さんへ何やら合図をしながら辞儀をする姿。
『幕の上がるのと出囃子が合わなかった』と “ぼやき” から^^;
『まぁ、仕方ないンです。慣れないから・・・』

『どうも食べられなくて・・・体重を計ったら40kgなかったン。で血圧が上が70、下が30だったですかね』と年末の入院について話し始め、『初席も休んじゃったし、正月も居させて下さいって事で4日まで泊まってたんですが、正月って入院患者が皆帰宅しちゃうンで、看護婦さんがね、私のお世話をしたいって、もう取り合い・・』
お元気そうな声で安心しました。

本編も文句無し。
女中が土下座して “お願い” をする際、その視線を僅かながら上下させて “やかん” を客席へ見せてくれました。
下げへの畳み掛けも速度感万全。
好高座。堪能しました。

~仲 入~

◆マジックジェミー
以前国立演芸場で怪演に出くわして愉快に拝見しましたけれども、今夜もまた面白怖い不思議高座。
芸協のマジックは若い人が多くて好いなぁ。落語協会と来たら・・・(以下省略)

◆瀧川鯉昇 『宿屋の富』
所々に “鯉昇風味” を散らした “新古典” 。
兎にも角にも法螺を吹きまくる客。
対する宿屋主人は割合と略筆の感じ。
湯島天神の突き富風景もやや短めだったかも知れません。
目新しかったのは、湯島で一番富を確認して来た宿の主人の極端までに狼狽している様子。
そして “半分の五百両を貰える” と聞いた途端、同じ様に全身震え出す宿の内儀の描写。
ここは相当丁寧に時間を掛けて演りましたね。
大いに笑わせて貰いました。好演。


会場で出会ったKさんとお喋りしながら外へ。
『では来週また』と手を振った後、それにしても “たっぷり” だったなぁ、と時計を見ると9時20分。
どうりで “満腹” な筈だわ、と独りごちながら家路へ。




Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々

Author:喜洛庵上々
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR