FC2ブログ

国立3上昼 3/3

 3月 3日(木)国立演芸場 昼席

国立演芸場3月上席は雲助師匠の芝居。仲入には小里ん師匠と江戸情緒溢れる顔付。
『こりゃあ行かぬ手はないわい』と三宅坂へ。


◆桃月庵はまぐり 『堀の内』

◆古今亭志ん八 『狸賽』
私、古典を演ってくれるとは思わなかったので噺へ入った瞬間、一寸驚きました。
子狸の描写が愉快。

◆隅田川馬石 『金明竹』
馬石師が上がった際、上手前列客席で何か揉め事がありまして、暫く噺に入れずにいました。
どうやらご自分の席を間違えて座っていた方がいらした様子。
ご年配の方が多いですからね、国立は。何か勘違いされていたのでしょう。

さて馬石師匠。『骨皮』から十八番の『金明竹』。
素晴らしい高座。
大笑いさせてくれました。
早口言葉にならないところが流石ですね。

◆柳家紫文 俗 曲
蛙ひょこひょこから鬼平へ。
久し振りに聴きますが、何度聴いても面白いねぇ。
合間に野崎と老松を弾いてくれました。好かったなぁ。

◆入船亭扇辰 『道灌』
『おお、これで来るか』と言った感じ。
こういう上手な師匠の手に掛かると前座噺もたちまちのうちに “爆笑譚” になりますね。
凄いね、どうも。

◆柳家小里ん 『二階ぞめき』
日本橋の旧吉原、そして浅草へ移る経緯、また新吉原の地理関係や街の様子などを細かく仕込んでくれました。
私、『 “あれ” が来るかな?』とわくわくしながら聴いていましたが、果たして『蛙の女郎買い』から十八番の『二階ぞめき』。
好かったぁ。
“これ” を聴きたかったのですよ、私は。
堪能しました。
いやぁ、素晴らしい。

~仲 入~

◆花島世津子 奇 術

◆金原亭馬の助 漫談~百面相

◆ロケット団 漫 才
“疑えば疑うほど・・・” は “清原和博” 。
話題の文枝師匠も根多に登場。
縦横無尽の高座。

◆五街道雲助 『幾代餅』
仮幕が下がっている間、 “小里ん師が『二階ぞめき』だったから廓噺は無いだろうなぁ、何を演ってくれるのかしら?” と想いを巡らせていましたが、枕もそこそこにさっと本編へ。
軽い味わいも愉しいお家芸の『幾代餅』。
清蔵の造形が巧みですねぇ。
茶利めいた後日談でお目出たさが引き立ちました。好高座。


跳ねて『日が長くなったなぁ』と独りごちながら家路へ。



Tag:落語会・寄席  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)

Author:喜洛庵上々 (きらくあん しょうしょう)
喜洛庵寄席桟敷へお越しいただきまして、ありがとう存じます。
寄席、落語会、舞台などの鑑賞記を綴って参ります。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR